ネイティブのワンポイント【”ace”を動詞として使えるって知っていますか?】

ネイティブのワンポイント【”ace”を動詞として使えるって知っていますか?】

2022-05-14 01:00:11

ネイティブ講師のワンポイントレッスンでは、ネイティブにしか聞けない!イディオムやよりナチュラルな言い回しをご紹介していきます。
担当するのは産経オンライン英会話Plusでレッスンを提供中のネイティブ講師です!

ネイティブ講師の紹介はこちら
https://human.sankei.co.jp/ourtutors/native/

TODAY’S TOPIC

本日は“ace”という単語について解説します。
名詞として使うのは、皆さん馴染みがあると思いますが、形容詞や動詞としてもaceを使うことが出来ます。特に動詞として使えることをご存知ない方も多いのでご紹介していきます。

aceは、一般的に試験について言うときに使われます。
例えば、I aced that exam.と言うと、試験でとてもよく出来たことを意味します。
しかし、この言葉は進化し、今では様々な場面で使われるようになりましたが、意味は変わらずに残っています。

語源

語源的には、第一次世界大戦で敵機を5機撃墜したパイロットがAceと呼ばれたことに由来しています。 エースはトランプで一番強いカードであることから、この言葉が選ばれたのは間違いないでしょう。

SITUATION

形容詞として使う際は、何かをすることに非常に長けている人を指します。特定の仕事をするのに非常に才能がある人。an ace pitcher = 最優秀投手など。
動詞として使う際は、何かを極めてうまくやる、実行することを意味します。
例文:
I aced the test though I wasn’t that ready enough for it.
(私は十分に準備ができていなかったが、テストで良い成績をとった。)

Mike is an ace when it comes to driving.  Indeed he is an excellent driver.
(マイクは運転に関しては名人だ。 確かに彼は優秀な運転手だ。)

Paul:    Hi Yuka, I heard you had an interview yesterday.  How did it go.
(やぁユカ、昨日面接を受けたそうだね。 どうだった?)
Yuka:   I was a bit afraid at first but I think I aced it.  I have no doubt, I would land the job.
(最初はちょっと怖かったけど、うまくいったと思う。 間違いなく、私はこの仕事に就くと思います。)
Paul:    Well…congratulations in advance.
(そうですか、そうなったらおめでとう!)

TODAY’S NATIVE TUTOR

Kerry

Kerry先生

本日のネイティブ英語を教えてくれたのは、産経オンライン英会話Plusでレッスンを提供中のKerry先生!
カナダ出身のKerry先生。英語―フランス語の通訳として活躍した後、2005年から日本国内で英語を教え始めました。学生~社会人を対象とした英語講師として教える他、大学の非常勤講師としても英語や異文化コミュニケーションを教える、実力派講師です。