ネイティブ講師について

場面に応じた自然な英語表現を学びたい方、英語が母語話者特有の発音を学びたい方。また、英語でただコミュニケーションが取れるだけでなく、スピード感のある高度なディスカッションを行いたい方のために、英語を母国語とするネイティブ講師のレッスンを提供しています。

ネイティブ講師とは

アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国など、英語を母国語としている講師を「ネイティブ講師」と呼びます。

英語が公用語ですが、母国語ではない、バイリンガルのフィリピン人講師と比較するとレッスン料は高い設定になっています。

ネイティブ講師から学ぶメリット

メリット1:ネイティブが話す英語に近づくことができる

ネイティブ講師の英語を聞けば、正しい発音やアクセント、イントネーションを身につけることができるでしょう。

また、ネイティブの講師と会話をすることで、ネイティブの話す、実際の会話スピードにも慣れるというメリットがあります。

アメリカ英語やイギリス英語などを話す講師とコミュニケーションを取ることで、生きた英語に触れることができるでしょう。

メリット2:ネイティブが日常的に良く使う表現や言い回しを学ぶことができる

ネイティブ講師のレッスンを受講すると、テキストには載っていない、ネイティブならではの表現や言い回しを身につけることができます。

日常会話で使われる表現を知ることで、より自然な英会話が習得でき、英会話の上達につながっていきます

ネイティブ講師を選ぶ際のポイント

ネイティブ講師を選ぶ際は、講師の国籍や経歴など、選び方に気をつけるポイントがあります。

ネイティブでも出身国によって、同じ英語でも発音やイントネーション、スペル、単語自体に違いがあります。例えばアメリカ英語を学びたいのであれば、アメリカ人講師から現地で使われる生きた英語を学ぶと良いでしょう。

また、ネイティブ講師の経歴を確認することも大切です。ビジネス英語を学ぶ場合には、講師と職歴に共通点があると、英語で業界の知識を得ることができます。趣味などが同じであれば、会話も弾むでしょう。

英会話講師としての経歴を確認しておくと、ある程度講師の指導スキルについて推測することができます。講師を選ぶ際には、国籍・趣味・経歴に注目してプロフィールを確認してみてはいかがでしょうか。

産経オンライン英会話Plusのネイティブ講師の紹介

● 先生のレッスンスタイルについて聞かせてください。

私の教え方を一言で表現すると、「柔軟性」です。私は様々なことに興味を持ち、融通の利く人間なので、どんなレベルや英語学習の目標にも適応することができます。私は、忍耐強く、勤勉で、組織的であり、各生徒が効率的かつ楽しく目標を達成できるように、全力を尽くすことを大切にしています。

● 講師をしていてやりがいを感じたエピソードを聞かせてください。

教師として最もやりがいを感じるのは、生徒が最初の学習過程でどれだけ成長したかを見ることができ、生徒と私の両方の努力によって生徒の心を広げ、自信を深めることができたことです。私は、自分を高めようとする意欲を持ち、常にスキルを向上させようとする生徒を教えるのが好きです。この意欲を高めるために重要な要素は、教師/チューターである私が、生徒が学びたいと思う環境を作ることだと感じています。これこそが、生徒の成長を促す最も効果的な方法だと考えています。

これまでの経歴と講師になったきっかけを聞かせてください

英語は世界的に非常に重要な言語であり、勤勉で徹底した英語の教師を必要としていることを知りました。私は若い学生の家庭教師をしていたことがあり、英語を母国語とする学生やアフリカーンス語を母国語とする学生もいますので、幅広いレベルの英語を教えた経験があります。私は、英語は楽しく、豊かに学べるものであるべきだと考えており、すべてのクラスでそのような授業を目指しています。生徒たちがクラスの中で安心して自信を持ち、その自信をクラス外での英語のスキルに反映させてほしいと思っています。

● 今興味があること・趣味・休暇の過ごし方を聞かせてください

時間があるときによくする趣味は、山歩き、料理、ピアノ、そして他の外国語のスキルアップです。
また、自由な時間が少ないときに楽しむ趣味としては、ランニング、たまに見るシリーズ物の視聴、家族や友人とのカードゲームなどがあります。
休暇を利用してもっと旅行したいと思っていますが、休暇中に国内に留まることが制限されている場合は、上記のような時間のかかる趣味に時間を費やしたり、ビーチに行ったり、友人とドライブに出かけたりしています。

● 先生のレッスンスタイルについて聞かせてください。

私の指導スタイルは、忍耐強く、理解力があることです。
生徒が自分のクラスで安心して自信を持って授業を受けられるようにしたいと思っています。
生徒が自分の意見を述べることができるように、答えを考える機会を与えます。生徒が自信を持ち、何か新しいことを学んだと感じて授業を終えてくれることを望んでいます。

● 講師をしていてやりがいを感じたエピソードを聞かせてください。

私が最もやりがいを感じた経験は、シャイで自分を表現するのが難しかった生徒が、数ヶ月後、その生徒さんはとても自信をつけていたことです。
彼女は自分自身と自分の英会話能力を信じ、自分の意見を簡単に伝え、さらに意見を広げることができるようになりました。
教師として生徒に力を与え、自分自身を信じることができるという事実は、本当に充実したものです。外国語としての英語を教えることで、私はさまざまな分野の人々と出会う機会を得ました。彼らの成長を目の当たりにし、さらに知識を与えることができました。生徒が自分の殻を破り、自信をつける姿をみて講師でいることの魅力を感じました。

● 今興味があること・趣味・休暇の過ごし方を聞かせてください

私の現在の趣味は、ハイキングをはじめとするアウトドア活動です。自然の中にいるのが好きなんです。休暇の過ごし方としては、バリのような賑やかな島か、ブッシュの中で自然に囲まれて過ごしたいですね。自然の静けさを楽しむのです。都会の生活は時に退屈で、断ち切る必要があります。

● 先生のレッスンスタイルについて聞かせてください。

私は、生徒が安心感のある快適な楽しい環境を作ることで、生徒と教師の信頼関係を育むことができると考えています。
生徒が自分のことを話せるよう背中を押し、それをレッスンの中で活用することで、生徒が興味を持ち続けることができるようなレッスンを提供します。
生徒が毎回のレッスンで新しいことを学べるように心がけています。

● 講師をしていてやりがいを感じたエピソードを聞かせてください。

一番嬉しかったのは、授業が終わった後に生徒さんから「ありがとう」と言ってもらえた時です。
ある生徒さんは、私のレッスンを本当に楽しんでいて、いつもたくさんのことを学んでいると言ってくれました。
彼女は、私が生徒を歓迎し、快適に過ごせるように努力していることを理解してくれていましたし、私のレッスンを受けるともっと英語が話したくなる、と言ってくれました。
このように称賛してくれる生徒が私のレッスンを繰り返し予約してくれることが私にとって一番の嬉しいことです。

● これまでの経歴と講師になったきっかけを聞かせてください

元々、人が新しいことを学ぶ手助けをすることが好きで、英語講師は夢でした。
2年前に日本人との語学交流を始めたのがきっかけで、他の国の人たち、特に日本の人たちと自分の言葉や文化を共有することがどれだけ楽しいことかを実感しました。
また、他の人の文化をより深く知ることができるのも素晴らしいことです。

● 今興味があること・趣味・休暇の過ごし方を聞かせてください

趣味はテレビゲームをすること、漫画を読むこと、アニメを見ることです。
また、時間があれば漢字を勉強するのも好きです。
休日には、日本人との語学交流をすることもあります。

●講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

父が若いころから日本で教師をしていたことがきっかけです。父はいつも生徒のことを話してくれていたので、英語を教えることは、私にとって幼い頃からとても身近なことでした。

●講師をしていて印象に残ったエピソードは?

私は若いころから子供たちに英語を教えていましたが、子供たちの英語学習への意欲に刺激を受け、クラスに顔を出すたびに元気をもらっていました。子供は遊び心があります。大切なのは、新しい言語を学ぶ際には、遊び心を持って学ぶことだと思いました。

私が最初に会った時には6-7歳くらいだった生徒が、驚くほどの英語力を持つように成長したことがあります。
私が彼女にこんなに影響を与えていたとは知りませんでしたが、どうやら彼女は英語を学ぶことが好きになり、それを追及していったようです。
今ではかなりの頻度で海外に行く必要があるため、仕事で毎日英語を使うようになったと聞いています。

●これからオンライン英会話を始める人へアドバイスやメッセージをお願いします。

自分が話したいと思ったことにこだわり、それを楽しんでいる限り、進歩は続くでしょう。
飽くなき好奇心を持って英語を趣味として楽しみましょう!

●講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

私が日本に初めて来たときに1年くらい英語の講師として働きました。 その後、やはり生徒に英語を教えるのが本当に好きだったので、数年後に戻ってきて長期的に教えることにしました。

●講師をしていて印象に残ったエピソードは?

一番印象に残っているのは、生徒が目標を成し遂げた時です。 例えば、私が教えていた生徒が、入学試験で英語が重要視される一流大学に合格したことです。 また、生徒がビジネスの場や休暇の場で自信を持って英語を話すようになった様子をそばで見届けることができ、生徒が生き生きと英語を話す様子を聞いた時も最高でした。

●これからオンライン英会話を始める人へアドバイスやメッセージをお願いします。

リスニング力向上のためには、発音の練習が必要です。単語や文章が自然に聞こえるように練習することで、自然な話し方を理解することができます。 新しい文を覚えたら、その文を変えてみる(時制を変えたり、動詞を変えたり)ことで、より理解が深まり、文法をより速く、より柔軟にすることができるようになります。

●講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

教えることは常に私の夢で、日本に来ることでその夢が叶いました。教えることを通して、若者から大人、学生やプロフェッショナルの日本人の方々が、日々のコミュニケーションを円滑に進めるための第二言語を習得するためのお手伝いをしたいと願っています。

●講師をしていて印象に残ったエピソードは?

ある生徒が、レッスンが始まる前にネクタイと髪形を整えようとしていたのですが、すでにオンラインになっていた、ということがありました。彼は気づいていませんでしたが…

●これからオンライン英会話を始める人へアドバイスやメッセージをお願いします。

対面式学習とは異なり、オンライン学習はより楽しく魅力的です。 しかし、そのような成功と経験の質を確実にし、気持ちよく始めるために必要なガイドラインをぜひ心に留めておいてください。

  1. 準備をしっかりすること。 オンライン学習は講義でもモノローグ(一人芝居)でもありません。会話です。一方的にならず、対話をしましょう!(よりインタラクティブに!) 選んだトピックに先生を引き込むように挑戦してみてください。 質問をすること、異議を唱えることをためらわないでくださいね。【正解】【不正解】はありません。すべて話す能力の向上につながります。
  2. 講師は生徒のため、あなたのためにあります。時間を賢く効率的に使ってください。好奇心を持つことが大切です。繰り返し講師に聞いてくださいね。疑問を持ったままにせず、講師にもっと説明をするように頼みましょう!
  3. ルールを決めましょう。 講師へ最初にどのような期待を持ち、ご自身の目標達成に向けてどのように手助けをしてもらうかを説明しましょう。現実的な観点もお忘れなく。
  4. 楽しみましょう。 外国人講師とオンラインで学ぶことは、興味深い異文化交流につながります。新しいことを学ぶよい機会です。
  5. 講師からのメモ(チャット)をすべてコピーし、今後の参照用に保管しましょう。後でこれらのメモを確認することによってあなたはアップデートされ、より確実に力を向上させることができます。
●講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

私は高校時代から外国語に興味あり、大学で最初にスペイン語だけ勉強していましたが、アジアの言語も勉強したいと思い、友達にさそわれたおかげで日本語の勉強を始めました。
大学でESLチューターを2年間やらせていただきました。そして、4年生のときにどうしても留学したかったので日本で1年間を通して言語もちろんですが、文化もたくさん学ばせていただきました。
その恩返ししたく、卒業後にすぐに日本に戻りました。
現在では自分なりに自分の言語を教えています。
英語が「いや」から「好き」に変化したら、一番嬉しく思います。

●講師をしていて印象に残ったエピソードは?

書ききれないんです。。。
最初に思い浮かぶのは、生徒が高円宮杯全日本中学校英語弁論大会まで進んだことや、生徒が6ヶ月でTOEICのスコア200点を上げたことです。

●これからオンライン英会話を始める人へアドバイスやメッセージをお願いします。

失敗を恐れずに楽しく勉強しましょう。
楽して、楽しく勉強するのが一番ですよね。