ビジネス英会話【テキスト教材】

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話のテキスト教材は、初級・初中級・中級・中上級の4つのレベル別に、ビジネスシーンで必要とされる単語やフレーズを習得していく内容になっています。テキスト教材はすべてオリジナル。初級・初中級・中級各レベル全100種類、中上級レベルは全75種類の豊富なラインナップから、自分のレベルや目的に応じて選び、ダウンロードして使用します。音声教材については、基本プランやカスタマイズプランのお申し込み後、会員専用ページのマイページの下部にある「テキスト教材」欄の「PDFで確認する」よりご確認ください。

産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話 レベル一覧(目安)

産経オンライン英会話Plus CEFR 英検 TOEIC
ビジネス英会話
初級
A1 5級~4級 -350点
ビジネス英会話
初中級
A2 3級~準2級 350点~500点
ビジネス英会話
中級
B1 2級 500点~750点
ビジネス英会話
中上級
B2 準1級 750点~900点

例えば、TOEIC®450点の方の場合、産経オンライン英会話Plusのビジネス英会話は、初中級レベルが目安になります。

ビジネス英会話テキスト教材で学べること

1.ビジネスで必要とされる語彙力

職場や得意先など、仕事で必要とされる単語を学び、どのように単語をビジネスで使うかシチュエーションを元に習得します。

2.ビジネスシーンで使用されるフレーズ

ビジネスシーンで交わされるさまざまなフレーズを習得し、英語の表現力を向上させていきます。

3.ビジネスシーンにおける実践的な応用力

ビジネスシーンで起こりえる実践的な英語を練習して、応用力を身につけていきます。

産経オンライン英会話Plusで用意している教材の受講レベル目安はこちらをご参照ください。(PDFが開きます)

ビジネス英会話テキスト教材を使ったレッスンは、こんな方におすすめ

  • 仕事で英語でのコミュニケーションが必要に迫られている方
  • TOEIC® L&R TESTのスコアは高得点なのに、ビジネスにおける英会話力に自信が持てていない方
  • 仕事である程度の英語は使うことができるが、さらに実践的に応用力を身につけたい方

ビジネス英会話 初級

ビジネス英会話 初級 表紙
  • CEFR A1目安
  • 英検® : 5級 4級
  • TOEIC® TEST : ~350点
  • 計100レッスン

【レッスン内容】
時間や数字など、ごく単純な質問を聞き取り、簡単な語句や文を使って応答の練習をします。また、「コピーして」などのオフィスの中で交わされる簡単な指示を理解し応対する英語を学びます。

【レッスンゴール】
中学初級レベルの文法を活用しながら、自己紹介や簡単なやりとり、依頼をするための表現を身につける。 ※文法項目はGeneralA1に基づきますが、場面をすべてビジネスシーンとし、仕事で頻出する単語を身につけます。

ビジネス英会話 初中級

ビジネス英会話 初中級 表紙
  • CEFR A2目安
  • 英検® : 3級 準2級
  • TOEIC® TEST : 350点~500点
  • 計100レッスン

【レッスン内容】
自分の職務内容を簡単に説明する練習や、簡単な質問に答える中で、短いセンテンスで自分の意図を話すことを学んでいきます 。

【レッスンゴール】

日常会話で頻出する文法、表現(主に中学~高校初級レベル)を一通り網羅し、ビジネスシーンに関わる基本的な語句を身につけます。
※文法項目はGeneralA2に基づきますが、場面をすべてビジネスシーンとし、仕事で頻出する単語を身につけていきます。

ビジネス英会話 中級

ビジネス英会話 中級 表紙
  • CEFR B1目安
  • 英検® : 2級
  • TOEIC® TEST : 500点~750点
  • 計100レッスン

【レッスン内容】  
準備した状況で、あらかじめ決められたテーマに基づいての打合せや、視察などを目的とした海外出張に対応するビジネス英会話を習得します。また、ビジネスシーンで実際に使える表現を学び、ビジネス英語の文章を読んで、そのトピックについて話すレッスンも行うことで、英会話力を向上させていきます。なお、レッスンNo.90~100は、記事や論説などのアーティクルを用いたレッスンになります。話題の大意をつかみ、単語や文法の知識を総動員しながら、自分の考えを発話できるようになることを目的としています。より実践的な英語力を身につけることを目指していくため、日本語訳は記載されていません 。

【レッスンゴール】
接続詞や関係代名詞などを活用しながら、より詳細な内容を実際の職場や得意先などのビジネスシーンで表現できるようになる。

ビジネス英会話 中上級

ビジネス英会話 中上級 表紙
  • CEFR B2目安
  • 英検® : 準1級
  • TOEIC® TEST : 750点~900点
  • 計75レッスン

【レッスン内容】 会議やプレゼンテーションなど、より難易度の高いビジネスシーン別の頻出表現を学び、適切な場面で使用できるよう練習をしていきます。 レッスンテキストの後半はビジネス文書の読解に基づいての内容理解、カンバセーションを行っていきます。なお、ビジネス英会話中上級は、記事や論説などのアーティクルを用いた内容のテキスト教材を使用したレッスンになります。話題の大意をつかみ、単語や文法の知識を総動員しながら、自分の考えを発話できるようになることを目的としています。より実践的な英語力を身につけることを目指していくため、日本語訳は記載されていません。

【レッスンゴール】
英語の会議に参加し、議論の場で自分の考えを伝えることができる。ビジネスの場で主体的に対応でき、海外出張を一人で行うことができる。

ビジネス英会話と日常英会話の違い

英語には、日本語のように敬語と呼ばれる表現がありません。しかし、親しい友達や家族との間で交わす日常英会話の表現とは違う、丁寧なフレーズをビジネスシーンでは使用します。例えば、何かを頼むとき、友人には「Can you~?」とカジュアルなフレーズを使いますが、職場の上司や得意先の方には「Could you~?」や「Would you~?」といった、丁寧な表現を使います。このように、日常英会話とは違うビジネスシーンで使用する英語の単語やフレーズを身につければ、きっと仕事に役立てることができるでしょう。

ビジネス英会話と日常英会話の違いやビジネス英語の勉強法など、ビジネス英語・英会話について詳しく解説しているコラムもぜひご覧ください。

ビジネス英語と日常英会話の違いとは?どうやって勉強する?


英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。
TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This web page is not endorsed or approved by ETS