中国語会話

2020年10月8日(木)午後~
オンライン中国語 提供スタート!

初心者~経験者の方まで!プロの講師陣にお任せ!

オンライン中国語を始めるきっかけは「プライベートでも中国語を話してみたい」「キャリアアップに備えたい」「仕事で必要になった」など様々です。産経オンライン英会話Plusのオンライン中国語は、初心者~経験者の方までレベルに合わせた教材・トピックがあります。

●受講生の声

  • 初心者なので不安もありましたが、レッスン中は先生が褒めてくれるので自信がつきます!
  • 先生が中国語学習に対する目標を掘り下げて聞いてくれるので、有意義にレッスンができました。
  • 英会話も受講していますが、たまに中国語も受講できるのがいいなと思いました。
  • 先生はこちらのレベルに合わせてレッスンを進めてくれるので初心者でも安心でした。

中国語学習に関する目標や目的は様々ですが、必ずしもそれが明確である必要はありません。
産経オンライン英会話Plusの中国語講師は日本語でのサポートをしてくれるので安心感があることに加え
第二言語を学ぶことの楽しさやその大変さも理解しているので、有意義なレッスンやアドバイスを提案してくれます。
ご興味をお持ちの方は、レベルに合わせて教材を選択し気軽にご受講をスタートしてみてください。

オンライン中国語の特徴

●中国現地の日系企業向けに実績のある「Ctalk」と連携
日系企業を中心に語学教育を提供してきた森暁教育が運営する、マンツーマンオンライン中国語講座です。

●対象レベル
中国語初級者から上級者まで全てのレベルに対応。
特に日常シーンからビジネスシーンまで中国語を使う方におすすめのカリキュラムをご用意しています。

●プロのネイティブ教師とマンツーマン
教授経験二年以上、日本語能力試験二級以上の親切なプロ講師が対応します。

●様々なビジネスシーンに沿った実用的なレッスンを提供
1レッスン25分で一般的な中国語レッスンで学べる日常会話は網羅しつつ、ビジネスにおける会話も充実。324種類のレベル別オリジナルテキストを無料でご提供いたします。

●レッスン開講時間
レッスンは以下の曜日・時間をメインに開講しております。 他の曜日でもご予約状況に合わせて開講枠を調整してまいります。
月曜/水曜/金曜 
20:00~、20:30~、21:00 ~、 21:30 ~
土曜/日曜 
10:00 ~、 10:30 ~、 11:00 ~、 11:30 ~、 20:00 ~、 20:30 ~、 21:00 ~、 21:30 ~

講師紹介

●中国語ネイティブ講師
専門の研修を受けた中国在住のネイティブの講師陣から自由に選ぶことができます 。
講師全員が日本語でコミュニケーションを取ることができるので、初めて中国語を学ぶ方でも安心です。
レベルに合わせた教材を使ったレッスンと中国語でのフリートークの対応も可能です。

実用性の高いオリジナル教材

●Level1~3は日常会話/Level4~6はビジネス会話
日常会話コースからビジネスコースまで!初級から中上級者まで約324種類の教材をご用意しております。
Level1ではピンインと声調の基礎から学びます。Level1~3のレッスン内容は主に日常生活のトピックを扱い、語彙を増やしていきます。
中国語会話が初めての方はLevel1から始めることをお勧めします。
Level4~6のレッスン内容は会社を主な状況として会話を展開し、生活と仕事に関する実用的、ビジネス的な会話表現を重点的に習得します。
日常生活、仕事、社交、趣味、旅行、文化交流、ビジネス活動、ビジネス交渉&協力、部門協力、業務発展及び企業文化などのトピックを含みます。

レベル別レッスン内容

●教材閲覧方法
産経オンライン英会話Plusの会員の方は全教材を閲覧することが可能です。
各教材はマイページ下部分の「テキスト教材」欄より『PDFで確認する』をタップしPDFで閲覧できます。
会員でない方は無料会員登録後、マイページへログインし、ご確認ください。

教材閲覧方法

レベル別習得目安/Level1~3:日常会話

1つの教材につき1レッスン(25分)受講を目安にしています。

Level1:日常中国語会話(初級)/中国語を初めて学習する方向け
習得できるスキル
・ピンインと声調をしっかりと把握する。
・基本的な挨拶をマスターする 。(例:你好,早上好,谢谢など)
・簡単な陳述文を使って自分の名前、国、趣味などを紹介できる。
・普通の疑問文を使って、時間、場所、距離、店で買い物して値段などを聞くことができる。
【Level1教材サンプル】

Level2:日常中国語会話(初中級)
習得できるスキル
・助詞の「了」を使って状態を表現し、動作や数量の変化や動作による結果を覚える。
・能力、許可と提案を表現して、あることに対して自分の感想と意見を発表することができる。
・動作の方向を表す文法をマスターする。
・【是…的】の文法を使って人物、時間、場所などを強調する文型をマスターする。
【Level2教材サンプル】

Level3:日常中国語会話(中級)
習得できるスキル
・中国語の最も難しい文法-可能補語,【把】文型,受身文をマスターする。
・程度の説明と比較文をマスターする。
・感嘆文を使って、ある人やことに対する感慨を発表する。
【Level3教材サンプル】

レベル別習得目安/Level4~6:ビジネス会話

1つの教材につき2~3レッスン受講を目安にしています。
前回のレッスンで途中までで終了した教材は次回レッスン予約時に「レッスン要望欄」にページ数を入力してください。

Level4:ビジネス中国語会話(初級)
習得できるスキル
・職場の用語をマスターする。
(例:新人入社の自己紹介、社内研修に参加、同僚と親交を深めることなど)
・ある社会問題に対して、自分の意見を発表することができる。
・中国の三大都市の余暇生活の違い、ネット旅行の方法などを理解する。
・中国の各都市の若者の異なる仕事と生活状態を知る。
【Level4教材サンプル】

Level5:ビジネス中国語会話(初中級)
習得できるスキル
・会社の業務展開を行うことができる。(例:注文、商談、契約、クレームに関することなど)
・市場調査に関する表現、グラフ類の情報分析を把握する。
・自社の企業文化を簡単に評価できる。
・多国籍企業の経営管理モデルを簡単に評価することができる。
【Level5教材サンプル】

Level6:ビジネス中国語会話(中級)
習得できるスキル
・中国語を使って業界の発展の見通しを説明できる。
・出張と異動や、接待に関する言語と文化を知る。
・就職と起業、充電とキャリアプランなどの社会的な問題について討論する。
・仕事の意義を討論して、会社の負う社会責任と革新を話題にする。
【Level6教材サンプル】

予約から受講まで

オンライン中国語レッスンは、産経オンライン英会話Plusの通話システムを利用し、レッスンルームで受講します。
予約方法からレッスンルームの受講方法までの流れを紹介します。

コイン受講orチケット受講

オンライン中国語はコイン、あるいはチケットを利用してご予約が可能です。

●コイン受講の場合
コインを利用して予約する場合には、1レッスン200コインが必要です。
月額プランをご契約中の場合には保有コインを利用して中国語と英会話の併用受講が可能です。
月額プランをご契約でない方は月額コインプランをご契約ください。

【月額プランお申込み】
基本プラン
カスタマイズプラン


●チケット受講の場合
チケットを利用の予約する場合には、1レッスン1枚のチケットが必要です。チケットをご購入ください。
中国語レッスンのみの受講を希望される場合には、チケット受講をおすすめします。
月額プラン契約の有無に関わらずチケット購入は可能です。

【チケットお申込み】
オンライン中国語レッスンチケット販売ページ

予約方法

STEP1:予約枠の指定

●コインを利用して予約する場合
まずマイページへログインしてください。
講師を選んで予約・・・講師一覧から講師の条件を指定。「講師種別」『中国語講師』を選択し、予約可能な講師を検索してください。
日程を選んで予約・・・レッスン予約から「レッスン日付」と「講師種別」『中国語講師』を選択して予約可能な時間帯を検索してください。

【講師を選んで予約】

講師を選んで予約

【日程を選んで予約】

日程を選んで予約

●チケットを利用して予約する場合
まずマイページへログインしてください。
マイページ内「チケット」枠の「中国語講師」チケットを確認し『予約する』ボタンをタップし、レッスン予約ページへ進みます。

チケットを利用して予約する場合

STEP2:レッスン内容の指定

●教材orフリートークを予約する
予約する講師と日時が決まったら、「レッスンスタイル」を選択します。

教材を予約・・・
「レッスンスタイル」『テキストレッスン』を選択し、レベルとテキスト番号を選択して『この内容で予約する』をタップ

フリートークを予約・・・
「レッスンスタイル」『フリートーク』を選択。「レッスン要望欄」にフリートーク題材を日本語で記載し、『この内容で予約する』をタップ

※レッスン要望欄について※
フリートーク題材を記載する際や教材の途中から進めたいときなどに自由に要望をご入力ください

【教材を指定】

教材を指定

レッスンの進み方

●受講上の推奨環境
オンライン中国語レッスンを受講する際にはPCを利用してご受講ください。
※レッスンルームの教材表示において、スマートフォンのご利用は推奨しておりませんのでPCでのご受講に限らせていただいております。 PCをご利用の上レッスン環境チェックをご利用ください。
受講前のレッスン環境チェックはこちら

●レッスンルーム画面例
教材を予約した場合は以下のようにレッスンルームに教材が表示されます。
例:L1-01を予約した場合

レッスンルーム画面例

●日常会話レッスンの進み方例
教材を予約した場合は選択した教材がレッスンルームに表示されます。

① 標題を理解(勉強)します。
① 標題を理解(勉強)します。

②シーンに沿って学習目標を確認します。
②シーンに沿って学習目標を確認します。
③ 次に新出単語と文法式を勉強します。
③ 次に新出単語と文法式を勉強します。
④ 文法の練習をします。
④ 文法の練習をします。
⑤ 会話の練習をします。
⑤ 会話の練習をします。

⑥ 空欄を埋めて会話の練習をします
⑥ 空欄を埋めて会話の練習をします。
⑦先生とロールプレイで
 応用練習をします。
⑦先生とロールプレイで
応用練習をします。
⑧ 宿題
⑧ 宿題

●ビジネス会話レッスンの進み方例
教材を予約した場合は選択した教材がレッスンルームに表示されます。

会話の習得

会話の習得


受講生が授業でより多くの口語のと言葉を使って会話実践ができるようにレッスンでは問題形式で話題を導入します。

受講生が授業でより多くの口語のと言葉を使って会話実践ができるようにレッスンでは問題形式で話題を導入します。


受講生は学習を通じて会話を理解した後、自分の言語で会話の内容を他人に簡単に説明します。

受講生は学習を通じて会話を理解した後、自分の言語で会話の内容を他人に簡単に説明します。


学習効果を検証するために、レッスンの最後に学んだ知識に基づいて、関連話題について自由に発言し、話し言葉で表現します。

学習効果を検証するために、レッスンの最後に学んだ知識に基づいて、関連話題について自由に発言し、話し言葉で表現します。