フィリピン人講師について

フィリピンは、世界で3番目に英語を話す人口が多い国であることをご存じでしょうか?フィリピン人は、小学校入学と同時に徹底した英語教育のもと、公用語として英語を学びます。そのためスラングや短縮形、くだけた英語表現が少なく、ネイティブ英語より聞き取りやすいのが特長です。また自身の英語学習経験から非ネイティブの英語習得に対する理解が深く、フィリピン人講師の教え方は、やさしくかつ丁寧との定評があります。

【Pick Up】英語教授法TESOL習得の講師陣はこちら
https://human.sankei.co.jp/guide/blog/certificate-tutor/

フィリピンは一流企業が軒を連ねるビジネス大国

観光地として有名なフィリピンですが、政治、経済、文化、交通の核となるメトロマニラではシティバンク、インテル・フィリピン、マイクロソフト、Nestleなどの一流企業が軒を連ねます。高層ビル群が立ち並ぶその圧巻な景観から「フィリピンのウォール街」とも呼ばれ、ビジネスパーソンたちが颯爽と街を歩く姿も見られます。

フィリピンの英語力は?

フィリピンはアメリカとイギリスに次いで英語を話す方が多い国です。

フィリピンでは、小学校から英語の授業があり、国語の授業以外の算数や数学、理科などの教科は、英語で行われます。

公用語も英語のため、英語を話せる人が極めて多く、ハリウッド映画も字幕なしで上映されます。そのため、他の言語に訳して、字幕を挿入する必要がないため、アメリカとほぼ同じタイミングで上映されます。

フィリピン人は、英語を公用語として学ぶので、スラングや短縮形の表現が少なく、ネイティブの英語よりとても聞き取りやすい英語です。

毎日レッスンを受けられるオンライン英会話。英会話スクールよりもリーズナブルなため、継続的に続けやすい特徴があります。

毎日レッスンを受けられるオンライン英会話。英会話スクールよりもリーズナブルなため、継続的に続けやすい特徴があります。「オンライン英会話にちょっと興味はあるけれど、なかなか踏み出せない…」、「料金の安いのは魅力的だけど実際どうなの?少し抵抗がある…」そう考える方のために、産経オンライン英会話Plusなら、4回分※の無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

※会員登録するとマイページに4枚のレッスンチケットが付与されます。
 フィリピン人講師とのレッスン2枚
 日本人またはネイティブ講師とのレッスン1枚
 中国語会話のレッスン1枚となります。

なまりはない? 文法は正確? しっかり英語教育はなされている?

先にも述べたように、フィリピンでは小学校1年生から英語の授業が始まり、他の授業も英語で行われます。英語は公用語のひとつとして、フィリピンの人々は、早い段階から教育されています。

フィリピン人の英語は、北米で使われる英語と非常によく似ていて、映画、テレビ、広告、書籍などは、基本的にすべて英語が使用されているため、フィリピンの人々は、日常的に英語に触れています。特にテレビやラジオなどのメディアでは非常に高水準な英語が使用される場合がありますが、多くのフィリピン人は字幕や通訳がなくてもその英語の内容を理解できるレベルです。

教育、出版、メディアの世界では英語が当たり前、というフィリピン。近年、経済活動のグローバル化が進み、ビジネスの場面ではネイティブレベルで会話が進められています。

それは、大学教育の場でも同じです。大学での講義はすべてアメリカンスタンダードの英語が使用されています。無料体験レッスンを通じて、その発音の良さを確かめてください。

フィリピン人の気質は?

フィリピン人は、人を大事にする、友好的で明るい性格の人が多いと言われています。フレンドリーで温厚なその性格は「SWEET」と表現されることもしばしば。我慢強く、たとえ失敗しても許す心を持つフィリピンの人々だから、人に教えるという資質を基から持っているともいえそうです。

採用率わずか1.2%!狭き門をくぐった精鋭の講師陣

楽しく、正しい英会話が続けられるポイントはなんといっても講師にあります。産経オンライン英会話Plusは、5段階の選考をクリアした講師のみを採用しています。選考の基準には、高い英語力はもちろん、表情、発音などの会話スキル、シャイな日本人受講生の心理を理解した高い指導スキルもスクリーニングの対象で、厳しいチェックを通過した人だけが講師として活躍できる仕組みとなっています。

ネイティブ講師と比べてどうなの?

英語を母国語とするアメリカやイギリス、オーストラリアなどの国のネイティブ講師と比べると、フィリピンの物価や人件費は安いため、フィリピン人講師のレッスンは、割安の料金プラン(受講料)になっています。

フィリピン人講師は、母国語はタガログ語で英語は公用語の第二言語として教育されています。そのため、他の言語を学んだことがないネイティブ講師よりも、母国語以外の言語を学ぶ大変さを理解しているので、指導もやさしく、丁寧に行います。

また、日本人が「John-san(ジョンさん)」と、ファーストネームにも敬称を入れて呼ぶのに合わせて、フィリピン人講師は生徒に対して「Mr. Taro」「Ms. Mari」と敬称を入れることがあります。

ファーストネームには基本的に「Mr.」「Ms.」などの敬称はつけないと理解しながらも、愛嬌の良いフィリピン人の優しさを肌で感じながらレッスンを受けるのも面白いかもしれません。

フィリピン人講師

●先生のレッスンスタイルについて聞かせてください。

私は熱心な教師であり、生徒が私と同じ情熱を共有してもらえるよう促すようにしています。

●講師をしていてやりがいを感じたエピソードを聞かせてください。

私が教師として最もやりがいを感じた経験は、教師としての自信が持てるようになったことです。忍耐力も身につきましたし、生徒が一人で問題を抱えていても、それを見てあげることができるようになったことが、教師としての一番のやりがいです。

●これまでの経歴と講師になったきっかけを聞かせてください。

子供が好きなので、教えることに情熱を持っています。

●先生のレッスンスタイルについて聞かせてください。

高い順応性があり、楽しいものです。
生徒の個性はそれぞれ違うので、できる限り忍耐強く、柔軟に対応したいと思っています。
一人一人の生徒にベストを尽くす、それが私の教え方の定義となっています。

●講師をしていてやりがいを感じたエピソードを聞かせてください。

ここ産経の講師としての一番のやりがいは、私からの手助けやヒントによってTOIECや入学試験に合格した生徒から「ありがとう」というメッセージが届くことです。

●これまでの経歴と講師になったきっかけを聞かせてください。

私がこちらの講師になることを決めたのは、生徒たちに生涯にわたる英語学習者になってもらうために激励することができる、充実したやりがいのある仕事だと思ったからです。
私は常に自分の知識や価値観を共有することに感謝してきましたが、この大変な情勢の今、私が長年にわたって学び、経験してきたことを貢献するべきだと感じています。
そうすることで、私に教えてくれた人たちに恩返しができると思うのです。

毎日レッスンを受けられるオンライン英会話。英会話スクールよりもリーズナブルなため、継続的に続けやすい特徴があります。

「オンライン英会話にちょっと興味はあるけれど、なかなか踏み出せない…」、「料金の安いのは魅力的だけど実際どうなの?少し抵抗がある…」そう考える方のために、産経オンライン英会話Plusなら、4回分※の無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

※会員登録するとマイページに4枚のレッスンチケットが付与されます。
 フィリピン人講師とのレッスン2枚
 日本人またはネイティブ講師とのレッスン1枚
 中国語会話のレッスン1枚となります。