初めてのオンライン英会話『効果的な学習方法』

初めてのオンライン英会話『効果的な学習方法』

Step1: 自分の英会話レベルを把握する
Step2: 無理のない受講スケジュールを立てる
Step3: レッスンで使う教材を決める
Step4: 自分にあった講師を見つける
Step5: 自習とオンラインレッスンで、学習習慣を身に着ける
Step0: うまく話せなくて『当たり前』!自信をもって堂々と!

Step1:自分の英会話レベルを把握する

●無料体験レッスンを受講する

(1)無料会員登録が完了したらマイページにログインしましょう。

マイページ内に付与された『無料体験チケット』を利用し、体験レッスンを2回受講できます。 無料体験チケット横の『予約する』ボタンをタップすると『体験レッスン対応可能講師』が表示されます。
詳しくはこちらの「初めての方へ – 予約しよう」をご覧ください。

(2)初心者向けの『トライアルA』、中・上級者向けの『トライアルB』、お好みの教材を選択し、レッスンを予約しましょう。

教材はこちらの「トライアル教材」から事前にご確認いただけます。

(3)レッスン終了後、マイページに『レッスンレポート』が届きます。

レッスン履歴』から該当するレッスンの『詳細』をタップすると、レポートをご覧いただけます。
レッスンレポートでは、今回のレッスンの復習ポイントや、皆様が今後オンライン英会話の受講を開始する時に最適な教材を紹介しています。

レッスンレポートイメージ

●レッスンで使える「困った時のフレーズ集」

『オンライン英会話初心者』の方に向け、レッスンで使える『困ったときのフレーズ集』を用意しております。レッスン開始時、レッスン中、レッスン終了時によく使う表現、困ったときの一言をまとめています。
レッスン受講の際は、是非ご活用ください。

Step2:無理のない受講スケジュールを立てる

1ヵ月のレッスン回数、受講頻度、レッスンを受けたい講師の消費コインをもとに、プランをご検討ください。こちらのケース紹介のページでは、お客様の目的、学習スタイルに合わせたプランを多数紹介しております。是非ご活用ください。

●1レッスンに必要なコイン枚数

・フィリピン人講師(20コイン)
・ネイティブ講師(300コイン)
・日本人講師(300コイン)

Step3:レッスンで使う教材を決める

体験レッスンで講師からおすすめされた教材を使い、早速受講を始めてみましょう!
レッスンを重ね、皆様の英語を話す目的や、使いたいシチュエーションがより具体的になったら、テキストを変えてみることをオススメします。
産経オンライン英会話PLUSでは、皆様の目的に応じた様々なテキストを用意してます。

●ビジネスで英語を使いこなせるようになりたい!

●「日常会話レベル」の英語が話せるようになりたい!

●議論や意見発信ができるようになりたい!

Step4:自分にあった講師を見つける

●講師紹介をチェックしましょう!

講師紹介ページやメールマガジンの 《今週のおススメ講師》 を参考に講師を選んでみましょう。

●講師プロフィールをチェックしましょう!

講師一覧ページから気になる講師の写真をクリックすると、プロフィール情報をご覧いただけます。 音声・動画メッセージ(一部講師未対応)もありますので、話すスピードや聞き取りやすさも事前にご確認いただけます。
お気に入り講師を見つける時の参考にしてください。

●できるだけ多くの講師とレッスンを試してみましょう!

『おススメ講師』や『プロフィールを見て、いいなと思った講師』とのレッスンをどんどん試してみましょう。実際にレッスンを受けてみると、「あれ?想像と違うな…。」ということもあります。できるだけ多くの講師を試して、自分にあった講師を見つけましょう。

●複数の『お気に入り講師』を登録しましょう!

自分にあった講師が見つかってもその講師の予約を取れない場合もあるので、4~5人程度の『お気に入り講師』を登録しておきましょう。
マイページにログインの上、講師一覧ページから登録したい講師を探し、写真右下の『ハートマーク』をタップすると、『お気に入り講師』ページから確認できるようになります。

お気に入り講師イメージ

●積極的にレッスンに関する要望を伝えましょう!

「もっとゆっくり話してほしい!」、「アドバイスは、チャットボックスに文字で書いてほしい!」など、 レッスンに関する要望をハッキリと講師に伝えることが大切です。
予約時に、予約画面の要望欄に記入しておくとでレッスンをスムーズに受講できます。
予約の流れについてはこちらの「初めての方へ – 予約しよう」をご覧ください。

《 要望例》
・I would like you to speak more slowly.(ゆっくり話して欲しい。)
・I would like you to input advice on chat box.(アドバイスは、チャットボックスに文字で書いてほしい。)

レッスン予約時の要望イメージ

Step5:自習とオンラインレッスンで、学習習慣を身に着ける

英語学習で一番大切なことは『習慣』と『継続』です。千里の道も一歩から。
無理のない学習計画をたて、決めたことをコツコツと積み上げることが、英語上達の一番の近道です。オンラインレッスン受講と予習・復習で、着実に英語力を身に着けていきましょう。

●予習の仕方

  • テキストを見ながら音声を繰り返し聞く。
  • テキストを見ずに音声を繰り返し聞く。
  • テキストを繰り返し音読する。
  • 知らない単語(熟語)をピックアップし、丁寧に10回書き取る。

●復習の仕方

  • レッスンレポートで講師から受けたアドバイスを確認する。
  • テキストを見ずに音声を聞く。聞こえた内容を何度も音読する。
  • テキストを見ずに音声を聞く。聞こえた内容を書き出す。

●ネイティブによる音声教材が無料でダウンロードできます!

産経オンライン英会話Plusでは、会員の皆様が一日も早く「伝わる発音」を身に着け、日常で活用いただけるよう、有料プランご利用の方へ、『日常英会話テキスト』『ビジネス英会話テキスト』 『学校教科書準拠』全レッスンの音声教材無料DLサービスを提供しています。
予習・復習に是非ご活用ください!

ネイティブスピーカーによる音声教材は、TOEIC(R)テストの耳慣らしにも最適です。
繰り返し音読することで、発音はどんどん上達していきます。
予習で何度も声に出して練習し、レッスン時、講師に通じるかどうか試してみましょう。
テキスト・音声教材のダウンロードは、マイページの下部分の「テキスト教材欄」『PDFで確認する』から確認できます。

テキストダウンロードイメージ

Step0:うまく話せなくて『当たり前』!自信をもって堂々と!

英語で会話をするとき、「これって文法的にあってる?」「ちゃんと通じるかな?」という不安に襲われ、発言ができなくなることってありますよね。でも日本人にとって、英語は『外国語』なのだから、うまく話せないのは『当たり前』。そのことは講師が一番よく理解しています。

外国語なのだから、たどたどしくなるのも、母国語のように明確な説明ができないのも当たり前です。たとえ、文法的に正解でなくても堂々と自分ができる表現をすれば、大抵の場合、意図は伝わります。うまく話せなくても自信をもって、まずは伝える事を意識し、日々のレッスンに取り組んでみて下さい!


気軽にはじめて毎日続く、オンライン英会話 まずは2回の無料体験
気軽にはじめて毎日続く、オンライン英会話 まずは2回の無料体験