【話してみよう Japaneseライフ】 思いがけなく out of the blue

【話してみよう Japaneseライフ】 思いがけなく out of the blue

2020-09-16 02:03:21

【話してみよう Japaneseライフ】 思いがけなく out of the blue

英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」は「With Health Restored, Can Shinzo Abe Be Prime Minister a 3rd Time?(健康が回復すれば、安倍首相は3度目もある)」との見出しで、「晴天の霹靂」だった安倍晋三首相の辞任について解説している。

日本語の言い回しで、突然発生する事件や出来事を「晴天の霹靂」という。英語では「a bolt out of the blue」と表現する。この時のboltは雷の意味。

「out of the blue」は英語の慣用句で、「思いがけなく」「予期せぬ」「突然」という意味で使われる。この時の「the blue」は「青」ではなくて、「空」を意味する。丁寧に表現すると、「out of the blue sky」で、「澄み切った青空から、にわかに天候が荒れる」様子を示す。「unexpectedly(思いがけなく、予期せず)」や「suddenly(突然に)」といった副詞と置き換えられる。

記者会見で、北朝鮮による日本人拉致事件を解決できなかったことを「痛恨の極み」と語った。この時の「痛恨の極み」は、英訳すると、「gut-wrenching feeling(腸が激しく痛むような感覚)」となる。「gut」は「腸」で「wrench」は、工具の「レンチ」と同じで、「ぎゅっとねじる、ひねる」と言う意味。日本語の「断腸の思い」に近い。 英語で「ものすごく辛い気持ち」を表すには、「heart-breaking feeling」や「heart-rending feeling」も使うことができる。「break」は「壊れる」、「rend」は「引き裂く」で「胸が張り裂けそうなくらい辛い」と言う意味。比喩を使わず、ストレートに気持ちを表すときは「deep regret(深い後悔の念)」や形容詞の最上級を使って、「deepest regret(痛恨の極み)」と表現できる。

See you next week!

■このコラムを題材にしたオンライン英会話用の教材はこちら
■ニュースディスカッション教材一覧はこちら


ニュースディスカッション

産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材とした無料教材を毎週水曜日にしています。今日のコラムも英文・和訳をつけたテキスト教材としてご用意しています。是非ご活用ください♪