ビジネス英会話

ビジネス英会話の特長

初球から中上級までの一般的なビジネス英会話を始め
職業別英会話教材、産経グループならではの
ニュースディスカッション、音声教材のダウンロードも
基本プランに加入いただければ

様々なビジネスシーンに合わせた豊富な教材を

追加料金なしでご利用いただけます

初球〜中上級オリジナルの
ビジネス英会話教材

初級・初中級・中級各レベル全100種類、中上級レベル
は全75種類の豊富なラインナップから、自分のレベルや目的に応じて選び、ダウンロードして使用します

5ジャンルの職業別教材

日頃から外国人観光客と多く接する機会のある「小売
店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」
働く方のための職業別英会話テキストをご用意いたしま
した。各ジャンル45種類X=225種類のテキスト!

ニュースディスカッション

産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材に講師と
のディスカッションをお楽しみいただくことができま
す。中級レベル以上の方にオススメです。

音声教材ダウンロード

どのプランをお申し込みいただいた方でも、音声教材を
ダウンロード
してご利用いただけます。

コーチングプログラム

コーチング型 初⼼者脱出!短期集中プログラム
正しい学習方法と継続的な学習習慣が身につく業界最安
値クラス
のプログラムです。

TOEIC対策コース

目標とするテストTOEICの達成スコア別に設計されたe
ラーニングをご用意。
TOEIC L&R で求められる実践的な英語力を身につける
オンライン講座です。

メールライティング講座

企業向け翻訳・英文校正を行うビジネス英語のプロ
フェッショナル、 熟練したネイティブスピーカーの講師
が、あなたの書いた英文をよりスムーズな形に推敲しま
す。

世界中で通じる!ものづくり現場の英語

製造現場の英語での「運用能力」を効果的に身につけます!テキストと、職場やご自宅でお使いのPC・スマートフォンを使い、3ヶ月間で製造現場で使える英語を学ぶ通信講座です。海外出張時の工場における技術指導や、日本に研修に来ている外国人たちへの技術指導などに役立つ講座です。

選び抜かれた講師陣によるレッスン

産経オンライン英会話Plusは、5段階の選考をクリアした講師のみを採用しています。選考の基準には、高い英語力はもちろん、表情、発音などの会話スキル、シャイな日本人受講生の心理を理解した高い指導スキルもスクリーニングの対象で、厳しいチェックを通過した人だけが講師として活躍できる仕組みとなっています。

採用率1.2%

最終面接・合否判定
経験や英語力だけでなく、高いホスピタリティ、日本人受講生の特性などを理解している講師のみ採用されます。

模擬練習・試験2
試験1を通過後、再度模擬練習と試験を行い、主に指導要綱の理解度をはかります。

模擬練習・試験1
模擬試験の自己評価、及びトレーナーによる評価を実施します。

トレーニング
日本人向けの教え方、オリジナルテキストの使用方法などをレクチャーします。

1次面接
発音、表情、教え方、環境など、一次面接では特に英語力に関してチェックします。

書類選考
学歴、職歴、英語力などを、書類審査では上記基準を参考にトータルで講師の資質を評価し、チェックします。

ビジネス英語おすすめ講師 ビジネス英語おすすめ講師

Lesly 先生

講師歴
8
講師歴
3162回以上
得意な教科
発音
ボキャブラリー
文法・語法
TOEIC
日常英会話
ビジネス英会話

Marilyn 先生

講師歴
8
講師歴
3162回以上
得意な教科
発音
ボキャブラリー
文法・語法
TOEIC
日常英会話
ビジネス英会話

Junie 先生

講師歴
9
講師歴
2259回以上
得意な教科
発音
ボキャブラリー
文法・語法
TOEFL
日常英会話
ビジネス英会話

レッスン後の細やかなフィードバック

産経オンライン英会話Plusは、毎回レッスン受講後に担当講師からレッスンレポートが届きます。
語彙・発音・言い回しなど、レッスン中に気づいた点をまとめてレポートでフィードバック致します。
自分では気づきにく弱点の克服や、次のレッスンに生かすヒントが満載です。

ビジネス英会話のよくある質問

  • Q

    ビジネス英会話と日常英会話の違いは?

  • A

    使用する英単語や英語フレーズが異なります。
    英語には、日本語のように敬語と呼ばれる表現がありません。しかし、親しい友達や家族との間で交わす日常英会話の表現とは違う、丁寧なフレーズをビジネスシーンでは使用します。例えば、何かを頼むとき、友人には「Can you~?」とカジュアルなフレーズを使いますが、職場の上司や得意先の方には「Could you~?」や「Would you~?」といった、丁寧な表現を使います。このビジネスシーンで使われる英会話が、一般的にビジネス英会話と呼ばれています。

  • Q

    ビジネス英会話はどう学ぶ?

  • A

    日本語でもカジュアルな言葉遣いとビジネスで使う丁寧な言葉遣いがあります。同様に、英語でも日常的な会話で使われるものと、ビジネスシーンで使われるものがあります。つまり、ビジネスシーンで使われる英単語や英語フレーズを学ぶことで、ビジネス英会話を身につけることが可能です。ビジネスシーンを題材にした教材を活用して実践で使える英単語や英語フレーズを学びましょう。

  • Q

    ビジネス英会話を学ぶ際のレッスンの選び方は?

  • A

    ビジネス英会話を学ぶ場合、オンライン英会話や英会話スクールの多くは、専用のコースを受講する必要があります。一方で、産経オンライン英会話Plusでは、無料でビジネス英会話教材を活用できるので、追加料金なしでビジネス英会話のレッスンを受講可能です。

  • Q

    ビジネス英会話テキストでは何が学べますか?

  • A

    ビジネスシーンで使われる英単語や英語表現を学ぶことができます。全部で4つのレベルに分かれており、それぞれの難易度に合わせてビジネスで使える英単語や英語表現を使ったレッスンが行えます。

  • Q

    会議やプレゼンテーション、ビジネスメールに使える英語を学べますか?

  • A

    可能です。会議やプレゼンテーションで使う難易度の高い英単語や英語表現を学ぶテキストもご用意しております。ビジネスメールを使う方、これから使う可能性が高い方には、オプションプランとなる「ビジネスメールライティング講座」をおすすめしています。このオプションプランは追加費用がかかりますが、プロのリライターによる本格的な添削を受けることができます。約2ヶ月で実践で使える英語メールのスキルを身につけることができます。

  • Q

    ビジネス英会話を学ぶのに気になる講師の質!産経オンライン英会話Plusの講師陣は?

  • A

    ビジネス英会話にも長けた講師が多数在籍しています。社会人向けビジネス英語の指導実績が豊富な講師、ビジネス通訳で活躍している講師等が在籍しており、実践で使えるビジネス英会話を学ぶことができます。

  • Q

    ビジネス英会話レッスンの受講には追加料金がかかりますか?

  • A

    追加料金はかかりません。ビジネス英会話テキストのほか、日常英会話からニュースディスカッション、中国語テキストに至るまで、独自開発した約1,200種類のテキストをご用意しております。レッスンごとにテキストを変えることもできるので、その時々のご希望に合わせてお好きな教材を使ったレッスンをご受講いただけます。

  • Q

    仕事が忙しくレッスンを受けられるタイミングもまちまちですが、問題ないですか?

  • A

    問題ありません。レッスンごとにご予約いただけるため、お客様のご都合に合わせてレッスンをご受講いただけます。レッスンはコイン制のため、1ヶ月で使いきれなかったコインは翌月に繰り越せます。
    また、産経オンライン英会話Plusでは、1つのアカウントを家族でシェアすることもできます。詳細はこちらの「サブアカウント」をご参照ください。

  • Q

    無料体験レッスンでビジネス英会話のレッスンを受けることは可能ですか?

  • A

    可能です。無料体験レッスンではビジネス英会話のほかにも、日常英会話やニュースディスカッションなどのテキストを使うこともできます。ただ、初めての方で無料体験レッスンを受ける場合には、英語のレベルチェックもできるトライアル教材をおすすめしています。無料体験レッスン・トライアル教材はこちら