英語初心者におすすめの英会話スクールの選び方

英語初心者におすすめの英会話スクールの選び方

英語初心者におすすめの英会話スクールの選び方

英会話を学ぶ際には独学も必要ですが、英会話スクールなどを活用して、講師に教わるのも良い方法です。ただ、英会話スクールに通うと決めたとしても、候補となるスクールはたくさんあります。何を基準にして、どのスクールにするべきなのでしょうか。

英会話スクールに通うメリットとは?

英会話を学ぶ時に、どうやって勉強するか迷う方も少なくないでしょう。勉強する手段の1つとして英会話スクールが挙げられますが、英会話スクールには一体どんなメリットがあるのでしょうか。

(1)外国人と話す機会を得られる

外国人の家族や知人がいない限り、日常生活で外国人と接する機会はなかなか得られないでしょう。そこで、英会話スクールを活用することによって、外国人と話す機会を得られます。外国人と実際に話すことによって、発音を学べたり、実践的な英単語や表現を知れたりします。

(2)体系的なカリキュラムに基づいて英語を学べる

独学で始めようとすると、英文法にこだわりすぎてしまう場合もあれば、英単語をひたすら覚えようとして心が折れてしまう場合もあるでしょう。一方、英会話スクールでは独自のカリキュラムで体系的にバランス良く英会話を学べる魅力があります。ただし、英会話スクールを活用する場合でも独学も必要となることは念頭に置いておきましょう。

(3)英会話を学ぶ仲間ができる

何かを勉強し始める時、最初のうちはモチベーションを高く維持できると思いますが、途中でモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。しかし、一緒に頑張っている人がいれば、その姿に刺激を受けて自分も頑張ろうと思え、モチベーションの維持や向上ができるはずです。英会話スクールでは「英会話を学びたい」と同じ方向に向かって頑張る人と接する機会があり、一緒に学ぶ仲間を得られるでしょう。

(4)克服すべき箇所を教えてもらえる

自分で勉強していると、気づかずに間違って覚えてしまうケースもあるでしょう。特に英語の発音に関しては自分ではなかなか違いに気づくことができません。そこで、英会話スクールが役立ちます。講師からは正しい発音、言葉の使い方など様々なことを教えてもらえます。

英会話スクールのレッスンスタイルとは?

英会話スクールのレッスンスタイルには、大きく分けて2種類、グループレッスンとマンツーマンレッスンがあります。

  • グループレッスン:複数の受講生が一緒にレッスンを受ける方式のレッスン
  • マンツーマンレッスン:講師と受講生が1対1で行う方式のレッスン

グループレッスンとマンツーマンレッスンの違い

項目 マンツーマンレッスン グループレッスン
レッスン時の受講生の人数 1人 2~10人ほど
レッスン料金 比較的高い 比較的安い
レッスン内容の柔軟性 融通が利きやすい 融通が利きにくい
質問のしやすさ 比較的しやすい 比較的しにくい
勉強仲間 できにくい できやすい
発言の回数・量 比較的多い 比較的少ない

なお、グループレッスンとマンツーマンレッスンの違いについての詳細はこちらの「マンツーマンのオンライン英会話ってどう?メリット・注意点とは」をご参照ください。

英会話スクールの選ぶ時の9つの基準とは?

(1)通いやすい立地

英会話を学ぶのには続けることが大切ですので、できる限り続けやすい環境に身を置く必要があります。そして、その続けやすい環境要素の1つとして英会話スクールの立地があります。

(2)料金プラン

安ければ良いというわけではありませんが、英会話スクールを選ぶ時には、他の基準ともに料金に関しても検討すべき項目です。料金としては「入会金」、「レッスン料金」、「教材費用」がありますので、それぞれを確認しましょう。

(3)レッスンスタイル

レッスンスタイルとしては大きく分けて、グループレッスンとマンツーマンレッスンがあります。1人の講師に対して、受講生が複数いるのがグループレッスン、受講生が1人だけとなるのがマンツーマンレッスンです。レッスンスタイルとその違いについては先にもお伝えしたため、ここでは割愛します。

(4)コースの種類

英会話スクールには様々なコースがあります。日常英会話コースに、ビジネス英会話コース、英語コーチング(短期集中)コースなどがありますので、自分の目的に合わせたコースがあるかどうか確認しておきましょう。

(5)学習メソッド

英会話スクールごとに、学習のメソッドがあります。英会話スクールによって受講生と講師が話す割合や、発音をどこまで指摘するか、授業をどのように進めていくか等が異なりますので、自分に合った方法を選びましょう。

(6)講師の質

英会話スクールを選ぶうえでは、講師の質も大切な要素です。ただし、注意すべきなのは、ネイティブだから必ずしも良いと決めつけないことです。学校教育として体系的に英語を学んできているフィリピン人や日本人なら、つまずきやすいポイントが分かっていて教え方が上手な場合もあります。講師の質に関しては無料レッスンを活用して、自分で実際に体験してみると良いでしょう。

(7)レッスンの時間帯

レッスンの時間帯が毎週決められているのか、それとも自分の空いている時間に予約ができるかについても、英会話スクールを選ぶ際の基準とも言えるでしょう。合わせてレッスンの振り替えができるかも確認しておくべきポイントです。例えば、グループレッスンの場合には曜日と時間が決まっていることが多いですが、都合が悪くて時間が合わなかった時に、同じレベルのグループで他の曜日・時間帯にレッスンを受けられる場合があります。こうして柔軟に対応してもらえるかも選ぶ際の基準です。

(8)スクールの営業時間

場合によってはレッスンの時間帯以前に、そもそもスクールが営業している時間も考慮すべきです。日中は仕事や学校、家事に忙しいため、早朝や深夜にレッスンを受けたいと考えている人もいるでしょう。開校時間はおおよそ7時~10時で、閉校時間は18時~22時頃となっています。ちなみに、通学型の英会話スクールでなく、非通学型のオンライン英会話の場合には朝5時頃~深夜1時頃までレッスンを受けられる特徴があります。

(9)スクールの雰囲気

最後に、スクールの雰囲気も大切な要素でしょう。教室や受付の雰囲気、レッスンの時の雰囲気、他の受講生の雰囲気など、自分に合った雰囲気かどうかも、英会話を続けるに当たって重要です。

英会話スクールの選び方とは?どういう手順でスクールを決める?

気になる英会話スクールを絞る

まずはインターネットで調べたり、知り合いに聞いてみたりして、英会話スクールの情報収集をします。その中から、先程の9つの基準をもとにして、候補を2校~3校程度に絞ってください。

無料体験に参加する

多くの英会話スクールでは、無料体験レッスンを行っています。候補として挙げている2校~3校の無料体験レッスンをそれぞれ受けてみましょう。もしかしたら「無料でレッスンを受けられるのなら、全部のスクールの無料レッスンを受ければお得では…?」と思うかもしれません。たしかに無料でレッスンを受けられるのは魅力的ですが、スクールを決めて体系的にレッスンを受けるほうが効率的に学習を進めていくことができます。そのため時間を無駄にしないように、あくまでこの段階ではいくつかに絞って、その候補となったスクールを比較することに主眼に置くべきです。候補となるスクールの体験レッスンを受けたら、自分に合っている、あるいは英会話の学習効果が一番得られそうと考えたスクールを選びましょう。

オンライン英会話も検討してみよう

英会話スクールの選び方についてご紹介してきましたが、英会話を学ぶ手段としては、通学型の英会話スクール以外にも、非通学型のオンライン英会話もあります。オンライン英会話ならレッスンを受けられる時間帯も長く、通学型と比較して料金も安い傾向にあります。

もちろん、絶対に直接顔を合わせて行う形式をとっている通学型の英会話スクールにしたいと考えている人は、通学型にしたほうがモチベーションを保ちやすく学習効率も良くなるかもしれません。しかし、食わず嫌いで「オンライン英会話は選択肢にない」というのであれば、1回試したうえで、候補から外すべきです。もし実際に体験レッスンを受けてみてオンライン英会話でも良いとなれば、スクールの校舎に通う時間も、レッスンにかかる費用も節約できるでしょう。

産経オンライン英会話Plusでは2回分の体験レッスンを無料で受けられます。ぜひ一度試してみてください。

無料会員登録バナー