ビジネス英語と日常英会話の違いとは?使えるフレーズや例文を紹介

ビジネス英語と日常英会話の違いとは?使えるフレーズや例文を紹介

ビジネス英語と日常英会話の違いとは?どうやって勉強する?

英語には敬語表現がないのにもかかわらず、「ビジネス英語」という言葉は、一般的に使われています。それではビジネス英語とは一体何を指すのでしょうか?今回は「そもそもビジネス英語って何?」「日常英会話とどう違うの?」という基本的な部分を確認したうえで、勉強方法や具体的なビジネス英語表現についてご紹介します。

以下に当てはまる方は、必見です。

  • 将来的に英語を使った仕事に就きたい
  • 急な出張ですぐにでもビジネス英語を学びたい
  • ビジネス英語の勉強方法を知りたい
  • ビジネス英語がどういうものか知りたい
  • 具体的なビジネス英語表現を覚えたい

ビジネス英語(ビジネス英会話)とは

「ビジネス英語」は一般的に使われている言葉であるものの、よくよく考えてみると、英語は日本語と違って敬語表現がありません。「ビジネスシーンで英語を使う時にはどうしたらいいんだ?」という疑問から、次第に「そもそもビジネス英語って何のこと?」と考える方もいるでしょう。

それではまず、日本語で考えてみてください。 友達と話す場合と、ビジネス上の取引相手や上司・同僚に話す場合では、違う言葉、違う表現を使っていませんか?また、仲の良い先輩と話す敬語と、ビジネス上の取引先と話す敬語では、違う表現を使っていませんか?

このようなことが英語にも言えます。英語にも日本語と同様に日常的に使うカジュアルな言葉遣いと、ビジネスで使う丁寧な言葉遣いがあるのです。ビジネス英語とは、ビジネスシーンで使う丁寧な英語のことを指しています。

ただし、ビジネス英語に明確な定義はありません。あくまで俗称ですから、「仕事で使う丁寧な言葉遣い」くらいに覚えておくと良いでしょう。

会社単位でオンライン英会話レッスンを導入される場合には、法人向けプランをご覧ください。 

法⼈向けサービス 最速で英語を身につけたい、その思いに応える

日常英会話とビジネス英語の具体的な違いは?

ビジネス英語と日常英会話との違いは、表現の丁寧さにあります。ビジネスでは日常とは異なる単語や表現を使うということを前提にしたうえで、分かりやすく具体的な例文をお伝えすると、以下のような違いがあります。

  • 日常英会話:Can you help me?(手伝ってくれない?)
  • ビジネス英語:Would you please help me?(手伝ってくださいませんか?)

どちらも「手伝ってほしい」ことを伝える表現となりますが、丁寧さが違います。日本語で訳す場合には上記の表現をイメージすると良いかもしれませんね。日常英会話では、カジュアルに「手伝ってくれない?」と聞いているのに対して、ビジネス英語での表現になると「手伝ってくださいませんか?」という非常に丁寧な言い回しになっていることが分かるかと思います。

どのくらいの英語力があればいい?

先ほどお伝えした通り、ビジネス英語に明確な定義はありません。とはいえ、ビジネスシーンで英語を話せるということを考慮すると、ある程度英語力が必要です。

英語を扱う業務をする場合、採用時に求めるスコアとしてTOEIC®650点程度と定めている企業も少なくありません。
「英語を使って電話対応する」「英語で話す会議に参加する」といったように英語を使ってビジネスをするのであれば、最低限これくらいの英語力は必要となりそうです 。

「そもそもビジネス英語って何?」「日常英会話とどう違うの?」という基本的な部分をお伝えしました。「ビジネス英語」がどういうものかという概念の話に近かったと思いますが、ここからは実践的にどのような英語フレーズがあるかシーン別にご紹介します。

日常業務編!実務で使えるビジネス英語フレーズ

一部ではありますが、日常的な業務で使うビジネス英語フレーズについて以下の項目ごとに例示をご紹介します。

  • 電話で使えるビジネス英語フレーズ
  • 依頼する時に使えるビジネス英語フレーズ
  • 交渉する時に使えるビジネス英語フレーズ
  • 提案する時に使えるビジネス英語フレーズ
  • 謝罪の時に使えるビジネス英語フレーズ
  • メールの時に使えるビジネス英語フレーズ
  • 会議の時に使えるビジネス英語フレーズ

電話で使えるビジネス英語フレーズ

■ 電話に出る時
電話に出る際のやり取りは日本語と変わりません。電話をもらったことの感謝、もしくは挨拶をして、自分の会社名や自分の名前を伝えます。
その後は相手が名乗り、要件を言いますから相手の発言を聞き逃さないように注意を向けましょう。

Thank you for calling ABC Corporation, this is Hanako.
(お電話ありがとうございます。ABC株式会社、ハナコです。)

Good morning / afternoon, this is 123 Language Center. Taro speaking.
(おはようございます/こんにちは、123ランゲージセンター、タローです。)

■ 電話で他の人に取り次ぐ時
電話相手から○○さんはいらっしゃいますか?と言われ、他の人に電話を取り次ぐケースも多いでしょう。Aは相手の発言、Bはそれに対しての返答に使えるフレーズです。

A:May I speak to Mr.Suzuki?
(鈴木さんはいらっしゃいますか?)

B:Yes, I will put him on. Please hold.
(鈴木にかわります。お待ちください。)

■ 電話を掛ける時
電話を掛ける際も日本語での話し方と同様で、挨拶をしてから名乗ります。そして、電話をした要件を伝えましょう。

Hello, My name is Taro Sankei.
(こんにちは。私は産経太郎です。)

May I speak to Mr.Suzuki?
(鈴木さんはいらっしゃいますか?)

依頼する時に使えるビジネス英語フレーズ

日常業務では、他の人に何かを依頼することがありますね。例えば、印刷をお願いしたり会議室の予約をお願いしたりするケースもあるでしょう。そんな時に使える依頼フレーズを確認しましょう。

Could you make three copies?
(3部コピーを取ってもらえませんか?)

Can you quickly book the meeting room?
(急いで会議室を予約してもらえますか?)

交渉する時に使えるビジネス英語フレーズ

ビジネスシーンでは相手の希望と自分の希望の中間地点を探るシーンは多々あるでしょう。商談をする際や社内調整をする際には、交渉は欠かせません。依頼のフレーズにも少し近いですが、ここでは交渉の際に使える英語フレーズをご紹介します。

Could you give us a meeting room to use?
(私たちに会議室を貸していただけませんか?)

What conditions are required?
(どのような条件をお望みですか?)

提案する時に使えるビジネス英語フレーズ

他の人に対して「こうしたらどうでしょうか?」といったように、提案をするケースもあります。そんな時には以下のようなフレーズが使えます。

Shall I do it for you?
(私が代わりにやりましょうか。)

Why don’t we ask them to send the estimate sheet later?
(彼らに見積書を後で送ってもらったらどうでしょうか?)

謝罪の時に使えるビジネス英語フレーズ

ビジネスではミスを起こすこともあるでしょう。謝る時に使えるビジネス英語フレーズを確認しましょう。

I am sorry for the inconvenience this may have caused.
(今回の件でご迷惑をおかけし申し訳ございません。)

It is regrettable to hear that you are not happy with the product.
(その製品にご満足いただけなかったことを残念に思います。)

メールの時に使えるビジネス英語 フレーズ

ビジネスではメールを多用することは、もはや言うまでもありません。そのためビジネスで英語を使う場合には、メールの読み書きは欠かせないスキルとも言えるでしょう。英語でメールを書く際に使えるフレーズをご紹介します。

■件名
仕事柄、1日に数多くのメールが届く方もいます。その中で短時間で目に止めてもらい、内容を理解してもらうには「件名」で端的に内容を伝えることが大切です。例えば、以下のような件名を記載しましょう。

Greetings from ABC Company
(ABC社からのご挨拶)

Schedule Confirmation for February 10th
(2月10日のスケジュールの確認)

■書き出し
日本語でのメールと同じように、まずは担当者の名前を記載します。名前の後にはカンマを記載し改行した後に挨拶と本題を記載します。名前は「Mr.」「Ms.」と敬称を付けてファミリーネームで記載しましょう。

Dear Mr. Smith,
(スミス様)
To whom it may concern,
(関係者各位)

■本文の末尾
メールの末尾には定型文として結びの挨拶を記載します。下記の結びの挨拶を記載し、改行して最後に自分の名前をご記載ください。

Sincerely,
(敬具)
Best regards,
(敬具)

会議の時に使えるビジネス英語フレーズ

会議の司会進行を任されることもあるでしょう。司会進行になった際には、定型となる英語フレーズを覚えておくと役立ちます。以下には開始時・会議中・終了時に使える英語フレーズをご紹介します。

■会議の開始
Shall we start?
(始めてもよろしいですか?)

The purpose of this meeting is to discuss the new project.
(会議の目的は、新プロジェクトについてのディスカッションを行うことです。)

■会議中
Do you have any questions?
(何か質問はありますか?)
Let’s move on to the next agenda.
(次の議題に進みましょう。)

■会議の終了
This concludes our meeting.
(会議を終わりにします。)
Thank you for your participation.
(ご参加くださりありがとうございました。)

海外出張編!実務で使えるビジネス英語フレーズ

■アポイントを取る時
海外出張の際には、英語でアポイントを取ることになります。アポイントを取る際に役立つ英語フレーズは以下です。

I’d like to make an appointment with Mr. Smith.
(スミスさんとの面会の予約をお願いします。)

When will be convenient for you?
(いつがご都合よろしいでしょうか?)

■移動する時
電車やタクシー、徒歩など移動手段は多数あります。移動する際に役立つ英語フレーズも確かめておきましょう。

Can you tell me how to get to the AAA Station?
(AAA駅まではどのように行ったらいいですか?)

Could you call a taxi for me, please?
(タクシーを呼んでもらえますか?)

■食事の予約をする時
クライアントと会食をする機会もあるでしょう。その際にはお店を事前に予約しておく必要があります。以下のフレーズを活用してお店の予約をしてください。「I would like to make reservation.」と伝えれば店員が察して「何名ですか?」「日時はいつですか?」と質問をしてくれますので、相手の質問に答えていけば予約できます。

I would like to make reservation.
(予約をしたいです。)

We need a table for 4 at 8 p.m. tomorrow, please.
(明日の夜8時から4名で予約をしたいです。)

■ホテルを予約する時
出張が日をまたぐ場合には滞在するホテルの予約が必要です。特に海外出張となれば、日帰りというわけにはいきませんので、ホテル予約は必要となるでしょう。宿泊日を伝えて、空き状況を確認しましょう。その後に部屋のタイプや金額を確認し、予約を確定させます。

I would like to stay at your hotel for two nights from the 10th of this month.
(今月10日から2泊したいです。)

Do you have a room available on March 10?
(3月10日に空室はありますか?)

ビジネスシーンでよく使われる部署名や役職名の英単語は押さえておこう

■部署名

部署名 英語
総務部 General Affairs Department
人事部 Personnel Affairs Department / Human Resources Department
宣伝部 Publicity Department
広報部 Public Relations Department
法務部 Legal Deaprtment
経理部 Accounting Department
財務部 Finance Department
マーケティング部 Marketing Department
販売促進部 Sales Promotion Department
営業部 Sales Department
営業推進部 Business Promotion Department
物流部 Logistics Department
開発部 Development Department
技術部 Engineering Department
製造部 Manufacturing Department
企画部(室) Planning Department (Business Strategy Room)
企画開発部 Project Planning & Development Department
秘書室 Secretarial Office (Secretariat)
社長室 Office of the President

■役職名

役職名 英語
取締役会長 Chairperson / Chairman / Chairman of the Board
理事長 Board Chairman
代表取締役 Representative Director / Executive Director
社長 President
副社長 Executive Vice President / Senior Vice President
支店長 Deputy General Manager
店長 Store Manager
工場長 Factory Manager / Plant Manager
本部長 General Manager / Division Director
部長 Department Manager / Section Manager
営業部長 Sales Manager / Sales Department Manager
副部長(部長補佐・部長代理) Vice Manager / Deputy Director
次長 Senior Manager / Deputy Manager
課長 Section Chief / Manager
係長 Subsection Chief / Senior Staff
主任 Chief / Head / Assistant Manager

ビジネス英語はどうやって勉強すればいいの?

さて、このビジネス上使う丁寧な表現は、どうやって学べば良いのでしょうか?将来的に英語を使う仕事に就きたいと考えている方や、海外出張の可能性のある方など、ビジネスシーンで英語を使う・使いたい方にとっては、勉強方法を知りたいところでしょう。

ビジネス英語をどうやって学ぶかを考えるために、まずは日本語に置き換えて考えてみましょう。

ビジネスで使う日本語はどうやって学んでいますか?多くの方は実際に社会に出て、上司や先輩の言動から学んだり、教えられたりして少しずつ覚えていくのではないでしょうか。では、ビジネス英語の場合はどうでしょうか。

「日本語同様に、社会に出てから少しずつ学べば良いのでは?」そう思った方もいるかもしれません。しかし、実力主義の根強い海外ですと、それでは太刀打ちできないでしょう。遅れを取らず、むしろ社内で評価を勝ち取っていくためには、あらかじめ自分でビジネス英語を学び、最低限の会話の作法を覚えておくのが賢明です。

では、前段が長くなりましたが、具体的にどうやって勉強していけば良いか見ていきましょう。

英語試験の勉強でビジネス英語を学ぶ

「何から始めたらいいか分からない…」それならビジネス系の英語資格・スコアの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

  • TOEIC®TEST
  • BULATS
  • 日商ビジネス英語検定

ビジネス系の英語試験として上記のものがあります。受験するのはどの試験でも良いのですが、ビジネスシーンで使われることが多いのはTOEICです。就職時に応募資格としてスコアの最低基準が設けられていたり、英語能力の把握として使われたりしています。また、就職後にもTOEICが求められることがあり、昇進時に一定のスコアが必要になるケースも少なくありません。そのため、もしこれからビジネス英語を学ぶために資格試験を受けようと考えている場合には、TOEICにするのがおすすめです。

産経オンライン英会話PlusでもTOEICの勉強ができるカリキュラムをご用意しております。

海外ドラマや洋画を見てビジネス英語を学ぶ

日本のテレビドラマや映画と同様に、海外ドラマや洋画にもビジネスを題材にした作品は多々あります。実際にオフィスで使われる表現を、こうした海外ドラマや洋画から学ぶことができるでしょう。楽しく見ることができるので、英語学習のモチベーションにもつながります。

最近は動画配信サービスも増えているので、通勤・通学の時間を活用すれば、楽しみながらビジネス英語の勉強をしていけるでしょう。好きな作品を見つけて繰り返し視聴し、聞き取りの練習をしたり、英語音声・英語字幕にしてじっくりと表現を勉強したりするのもおすすめです。

英会話スクールやオンライン英会話を活用してビジネス英語を学ぶ

これから勉強しようとする方の中には、ビジネス英語はどうやって勉強したら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そんな方の場合には英会話スクールやオンライン英会話で、ビジネス英語のレッスンを受けると良いかもしれません。英会話スクールの場合にはビジネス英語の講座が設けられていますし、オンライン英会話の場合にはビジネス英語の教材があり、その教材を使ってレッスンをするという形を取ります。

なお、英語力を上げるために、日頃から継続的に英語に触れる機会を増やすことが大切です。そこで、これからビジネス英語を勉強しようとする方に、産経オンライン英会話Plusの「毎日コツコツ」プランと「仕上げはネイティブ講師」プランをおすすめとしてご提案します。

「毎日コツコツ」プラン

関連:毎日コツコツ

「仕上げはネイティブ講師」プラン

関連:仕上げはネイティブ講師

以上、ビジネス英語がどういうものか、勉強方法についてご紹介しました。これからビジネス英語を学ぼうとしている方は、まず英語に触れる機会を増やすことから始めることをおすすめします。加えて、ビジネスで使う英語を中心に触れていくことで効率的に学習を進められるでしょう。どう勉強したらいいかいまいちピンと来ていない方がいれば、ぜひオンライン英会話でビジネス英語教材を使ったレッスンを受けてみてください。毎日レッスンを受けられるオンライン英会話。英会話スクールよりもリーズナブルなため、継続的に続けやすい特徴があります。

「オンライン英会話にちょっと興味はあるけれど、なかなか踏み出せない…」、「料金の安いのは魅力的だけど実際どうなの?少し抵抗がある…」そう考える方のために、産経オンライン英会話Plusなら、無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

オンライン英会話も上手く活用しながら効率良く勉強を進めていきましょう。なお、初めてオンライン英会話を利用するのなら、こちらの「初めての方へ」も合わせてご覧ください


なお、会社単位でオンライン英会話レッスンを導入される場合には、法人向けプランをご覧ください。

法⼈向けサービス 最速で英語を身につけたい、その思いに応える

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This web page is not endorsed or approved by ETS.
This web page is not Endorsed or approved by ETS.

*L&R means LISTENING AND READING.