小学生のうちから英語を勉強することは大切!おすすめの英語勉強法を紹介

小学生のうちから英語を勉強することは大切!おすすめの英語勉強法を紹介

グローバル化が進む昨今、世界共通語である英語力の向上が重要視され、小学生の英語教育も大きく流れが変わってきました。2020年には、新学習指導要領に合わせて小学校でも英語が必修科目となっています。親世代のころの学習指導要領とは異なるため、子どもの教育をサポートするにあたって戸惑いを感じている方も多いでしょう。

そこで、この記事では、小学校における英語教育やそのメリット、また英語勉強法について解説します。現在小学生に通う子どもを持つ方はもちろん、これから就学する子どもを持つ方も参考にしていただける内容です。

なお、無料の体験レッスンも設けています。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

2020年から小学校の英語教育が変わった

2020年に見直された学習指導要領により、小学3年生以上は英語が必須授業となりました。ひと昔前は、中学校から英語が必須という時代でしたが、昨今のグローバル化への対応や情勢に合わせて、教育も大きく傾向が変わっていることが分かります。子ども達が楽しく英語を学ぶためには、保護者の理解が必要です。まずは、小学校の英語教育にどのような変化があったのかを細かく見ていきましょう。

小学3年生から必須授業に

2020年から実施された新しい英語教育の大きなポイントとなるのが、小学3年生から必須科目として英語が加わった点です。2020年以前も小学5年生から外国語活動として英語の授業が行われていましたが、2020年からは、3~4年生から行われることになりました。

ただし、3~4年生で行われる英語の授業は本格的な内容ではありません。英語体験をするのが目的です。
例えば、アルファベットや数の数え方、色などの基本的な単語をクイズ形式やカードを使って学ぶといったような内容です。授業時間は週に1~2時間程度設けられています。また、3~4年生の英語教育は導入の意味合いが強いため、成績に影響することはありません。

小学5年生からは成績がつく

2020年の改革で、5~6年生で英語は正式教科になりました。つまり、国語や算数などと同等の扱いとなり、成績にも影響する科目ということです。そのため、時間数も外国語活動だったこれまでの2倍の、年間70時間に増加されました。

5~6年生で学ぶ英単語の数は600~700語と言われており、これまでに中学1年生で学んでいた単語数の半数以上を、小学生の段階で習得することになります。さらに、読み書きだけではなく、リスニングやスピーキングも重視されるのが特徴です。学習指導要領の見直しにより、いかに英語を重要視しているのかが分かります。

小学生のうちから学校以外でも英語を勉強したほうが良い?

小学3~4年生の段階における英語は、成績として評価される訳ではなく、所詮小学校レベルの英語教育と考えてしまい、そこまで慌てて勉強をしなくても良いと思う人もいるかもしれません。しかし、小学校年代での英語教育は非常に重要です。先ほどもお伝えしましたが、小学校5~6年生で学ぶ英単語数は600~700語、これまで中学1年で学んでいた単語の半数を小学校で学ぶことになります。中学校になると、それ以上になっていきます。つまり、小学校の英語でついていけなくなると、中学校で追いつけなくなるのです。そうして英語への苦手意識が強まると、さらなる悪循環に陥っていくことでしょう。

もうお分かりですよね。高校入試・大学入試、その先を見据えた時、小学校のうちから重点的に英語を勉強することは欠かせいと言っても過言ではないでしょう。

小学生のうちから英語を学ぶ必要性は感じていただけたかと思いますが、改めて授業以外で英語を学ぶメリットをお伝えします。

リスニング力が上がる

小学生の早い段階から英語に触れると、英語に耳が慣れてくるといったメリットがあります。特に、3~4年生は脳の発達が活発な時期です。英語を習得するためには、リスニング力は欠かせません。スピーキングやライティングは自分のペースで行えますが、リスニングは相手のレベルに合わせる必要があるからです。

脳科学では、成長するにつれて多く触れた言語以外の言葉をブロックする傾向にあると言われています。そのため、早い段階で英語に触れておくことで、リスニング力の向上が期待できるでしょう。小学生のうちからリスニング力を磨いておくことで、中学生以降の英語の授業や受験にも役立ちます。

ネイティブな発音になる

小学校以外でも英語に触れることで、英語で会話することに抵抗がなくなります。また、英語を通じて、世界にはさまざまな文化があることを自然と理解できるようになります。そうすることで、外国人と接することに対しても違和感を持たなくなるでしょう。

また、小学校の授業だけではなく日常的に英語が母国語のネイティブによる音声付きの教材や英語のアニメや映画などを利用して英語の勉強を取り入れると、耳から得た音をしっかりと吸収しやすくなります。結果的に、ネイティブの発音をそのまま習得することができ、自分自身が発する英語の発音も良くなることが期待できます。小さいころから、ネイティブの発音に慣れておくと成長した段階でも英語を話すことに抵抗がなくなるでしょう。

英語への苦手意識がなくなる

これまでの中学校における英語教育は、英語とはいえ日本語を交えながら行われるのが一般的でした。しかし昨今は、原則としてすべて英語で行われるのが特徴です。英語に親しみが薄い場合、英語授業そのものに苦手意識を感じることもあるでしょう。こうした問題を回避するためにも、小学生の段階から日常的に英語に親しんでおくことが大切です。

小学生の英語勉強法とは?

小学生が学校以外で英語を学ぶためには、無理なく楽しめる環境を整える必要があります。特に低学年の場合、飽きないような工夫が必要です。また、高学年になると本格的な英語学習がスタートします。そのため、学校で学ぶ英語をサポートする役割を果たすような英語勉強法も必要です。ここでは、小学生におすすめの英語勉強法を紹介します。

市販のテキストで勉強する

英語教育が浸透している昨今では、市販の小学生向け英語テキストも多く見られます。それぞれのレベルにあった教材を選べるため、無理なく英語を学ぶことが可能です。

特に、小学5~6年生の段階になると、学校での授業をサポートする意味合いでも市販のテキストは効果を発揮します。英語学習において、リスニングは重要ですが、合わせてリーディングやライティングのスキルも伸ばしていかなければなりません。自宅で市販のテキストで勉強することで、リーディングやライティングの復習になります。

また、市販のテキスト以外にもアプリや通信講座などもあります。ゲーム感覚で楽しめるアプリは、飽きやすい子どもでも楽しく英語を勉強できるのが特徴です。通信講座であれば、分からない部分を質問することができます。

英会話教室に通う

英会話教室に通うのもおすすめの英語勉強法です。小学生のうちから英会話教室に通うことで、英語に親しみやすくなります。また、外国人の講師が在籍する英会話教室を選べば、外国人とのコミュニケーションの方法も学べるでしょう。

英会話教室では、学年やスキルに合わせてクラスを選べることが多いです。低学年では楽しく遊びながら英語を学ぶことができます。高学年になると、受験にも活用できるような内容が導入されます。

また、英語を使って会話をする時間が増えることで、英語に対する自信がつきやすくなります。結果的に、英語を学ぶモチベーションアップにもつながり、学校での英語学習にも良い影響を与えるでしょう。

オンライン英会話を利用する

オンライン英会話は大人に人気がある英語勉強法ですが、小学生にもぜひおすすめしたい英語勉強法です。実際の英会話教室とは異なり、マンツーマンでレッスンを受けられることが多いため、より英語力を習得しやすいと言えます。

また、一般的に英会話教室よりも受講料が安いため、家計も助かるでしょう。最近では、英語がまったくできない子ども向けのサービスを提供しているオンライン英会話も増えています。小学校低学年からでも気軽に習えるため安心です。

英語を早く習得するためには英会話は欠かせません。テキストやリスニングだけでは得られない部分をスピーキング重視のオンライン英会話で補うことで、子どもの英語力はより高まるでしょう。

小学生の英語勉強方法としてオンライン英会話がおすすめの理由

小学生の英語勉強法は、前述したように多岐に渡ります。そのため、それぞれの個性やスキルに合わせた勉強法を選ぶことが大切です。

例えば、すでに英語スキルが高く、基礎部分を習得している子どもや日常的に勉強する習慣が身についている子どもの場合は、市販のテキストでも問題ありません。また、英語のアニメや映画を見て独学するのも良いでしょう。

しかし、英語を学ぶ習慣が身についていないケースや基礎がまだしっかりしていない場合は、英会話教室やオンライン英会話を活用して英語に慣れていくことが大切です。その中でも、一般的にマンツーマンでレッスンを行い、発話機会が多いオンライン英会話はおすすめできる英語勉強法です。オンライン英会話のメリットとしては、この他にも次のようなことが挙げられます。

自宅で受けさせることができるため安心

オンライン英会話は自宅で受けさせることができる点が大きなメリットです。英会話教室に通うと、教室までの送迎といった手間がかかります。また、子どもをひとりで通わせるのに抵抗があるという親もいるでしょう。オンライン英会話であれば、送迎も必要ないため、親の負担も小さくなります。

また、親の目の届く場所で受けさせることができるため、きちんと受講しているかどうかを確認しやすく、安心してレッスンを受けさせることができます。加えて、英会話教室とは異なり、ほかの生徒がいないことでのびのびと学習できる点もメリットの1つです。

都合の良い時間に受講可能

オンライン英会話では、受講時間を都合の良い時間に設定することができます。急な予定が入ったり、体調を崩したりした場合には、簡単に日時を変更することも可能です。そのため、受講料を無駄にすることなくレッスンを受けられる点もメリットだと言えるでしょう。

また、スマホと連携しているサービスも多いため、出先でも難なく予定変更が可能です。
英会話教室に通うと、決まった時間を拘束されるだけでなく、一度レッスンを休んだことで遅れをとるといったことが考えられます。こうした問題点はオンライン英会話にはありません。

場所を選ばない

PCやタブレット、スマホがあり、ネット環境が整っていればどこでも受講可能です。旅先でも問題なく受けられるため、家族旅行の合間を活用して受講することもできます。

英会話教室に限らず、習いごとは一度休んでしまうとずるずると休みが続き、結果的に辞めてしまうケースも少なくありません。一方で、オンライン英会話であれば柔軟に対応可能なため、無理なく続けることができ、日常生活の中でルーティンにしやすい点もメリットです。

講師陣のバラエティが豊か

オンライン英会話には、講師が多数在籍しているというメリットもあります。英会話教室では、多くても講師は数人程度というケースが多いでしょう。一方で、オンライン英会話では数十人から数百人といった講師を抱えているパターンが珍しくありません。

また、日本人のバイリンガル講師からネイティブや英語を第2ヶ国語とする外国人講師までさまざまな国籍の講師が在籍しているため、子どもの個性にあった講師を選ぶことが可能です。早いタイミングで予約すれば、人気の講師からレッスンを受けることもできます。

万が一、選んだ講師と子どもの相性が悪かったとしても、次回からのレッスンは講師を変更することも可能です。講師を変更した場合でも、レッスンの内容はきちんと引き継がれるシステムを採用していることが一般的なので、問題なく続けられます。

価格が安い

価格の安さもメリットとして挙げられます。英会話教室では、教材を含めて数万円かかるようなケースも少なくありません。一方で、オンライン英会話は、教室の賃貸料が発生しないといった運営コストを下げられる要素があるため、受講料もリーズナブルです。

中には無料体験期間を設けているところもあります。本格的に受講する前に、レッスンの雰囲気や講師の個性を把握することが可能です。

小学生から子どもに英語を学ばせることを、早いと感じる親も多いでしょう。しかし、多様性が求められる昨今、英語の重要性は高まっています。そのため、小学生のうちから英語を勉強することは大切なことです。

英語を学ぶ方法は、テキストや動画を活用した独学や英会話教室などさまざまです。どの方法にも特徴やメリットがあるため、どれを選ぶかは親次第だと言えるでしょう。中でも、オンライン英会話は、手軽に英語が学べる方法だと言えます。

産経オンライン英会話Plusでは、キッズ向けの英会話レッスンに特化したコースを設けています。豊富な教材の中からお子様のレベルに合わせてレッスンを行います。小学生の幼いお子様の指導経験も豊かな講師陣も揃っているので、英会話がはじめてのお子様でも安心して任せられます。
詳しくは下記ページをご覧ください。

子ども・キッズ専用英会話教材