タクシーの接客で使える英語表現・フレーズ【テキスト教材】

公共の交通手段が整っていない国への出張や旅行、また海外を旅行する際、電車やバスだと目的地へたどり着けるのか心配なときに交通手段として、良く利用するのがタクシーです。
それは日本を訪れる外国の方々も同じです。
タクシードライバーとして働いているとタクシーを利用する外国人のお客様と遭遇することは少なくありません。そんなとき、世界共通語の英語で接客することができると、外国人のお客様も安心していただけます。

このページでは、タクシーの運転手として働く方の接客で役立つ英会話教材を紹介しています。また、紹介している英会話教材は、運転手と乗客との会話文とそれぞれが使う単語やフレーズも盛り込まれているので、海外旅行でタクシーを利用する際の学習としても役立ちます。

なお、この英会話教材の紹介に続いて、タクシーの接客基本フレーズとタクシー利用で使える英会話フレーズも紹介します。

そもそもタクシーは英語で何と言う?関連の英語表現も紹介

そもそも「タクシー」は英語で「taxi」と表現します。このほかにも、「cab」や「taxicab」という言い方もあります。

関連する英語表現も確認しておきましょう。

単語英語表現
タクシー運転手taxi driver
タクシーをつかまえるpick up a taxi
get a taxi
タクシーを呼ぶcall a taxi
hail a taxi
タクシーを予約するreserve a taxi
タクシーで行くtake a taxi
go by taxi
タクシー乗り場a taxi stand
タクシー料金a taxi fare

タクシーの基本的な接客英語フレーズ

タクシーで接客をする際の、基本フレーズを以下に紹介します。

目的地を尋ねる

目的地を尋ねるときの基本フレーズ

「Where would you like to go?」(どちらまで行かれますか?)
「Where are you going?(どちらに行きますか?)」

Where do you want to go?(どこへ行きたいですか?)」でも良いですが、「Where would you like to go?」の表現の方が、丁寧になります。なお、目的地を尋ねる前には、「Hello.」や「Hi.」(こんにちは)と挨拶をするのが良いでしょう。

もう一度言ってもらえるよう依頼する

聞き返すときの基本フレーズ

「Could you speak that again?」(もう一度言っていただけますか?)
「Would you speak that again?」(もう一度言っていただけますか?)

目的地を尋ねて、聞き取れなかった際に聞き返すときなどに使えるのがこの表現。
聞き返すときに「What?」と使うこともありますが、お客様を相手にして接客する場合には、「Could you ~?」または「Would you ~?」というフレーズを使うと、丁寧に依頼することができます。

忘れ物がないか確認するよう伝える

降車時の基本フレーズ

「Don’t leave anything behind.(お忘れ物のないように。)」
「Make sure you have everything.(すべてお持ちかご確認ください。)」

目的地に着いてお客様を降ろす際には、お忘れ物をなさらぬようにと、一声かけると良いでしょう。その際に使えるのが上記の表現です。ちなみに「make sure」は「確認する」という意味です。

タクシー利用で使える英会話フレーズ

旅行や出張で外国に訪れるときに、移動手段としてタクシーを利用する機会は少なくありません。無言でホテルやレストランなどの目的地を書いた紙を見せるだけでも到着することはできますが、英語が話せると安心して利用することができます。ここでは、シチュエーション別にタクシー利用で使える英語フレーズを紹介します。

タクシーを呼んでもらうとき

「Can you call a taxi for me?(わたしのためにタクシーを呼んでもらえませんか?)」

ホテルやレストランなどで、タクシーを呼んでもらうとき、「Can you call me a taxi?」と間違った英語を使ってしまうケースがあります。これは日本語で「わたしをタクシーと呼んでください」になります。正しいフレーズは「Can you call a taxi for me?(わたしのためにタクシーを呼んでください)」
Can you~?」を「Could you~」「Would you~」にすると、丁寧な言い方になります。

タクシー乗り場を探すとき

「Could you tell me the way to the taxi stand?(タクシー乗り場までの行き方を教えていただけますか?)」
「How can I get to the taxi rank?(タクシー乗り場まではどう行けば良いですか?)」

「タクシー乗り場」は英語で「taxi stand」や「taxi rank」「cabstand」と言います。
また、タクシーに乗りたいのなら「Could you tell me where I can get a taxi?(タクシーはどこで拾えますか?)」といったように質問をすることもできます。

タクシーに乗り込むとき

「How are you?(お元気ですか?)」
「Good!」
「I’m doing great!」

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の国でタクシーに乗り込むときは、ドライバーのほうから挨拶してくる場合がめずらしくありません。乗り込む際は「こんにちは」のニュアンスの「Hi.」「Hello.」で十分ですが、ドライバーから「How are you?(お元気ですか?)」と話しかけられたら「Good!」や「I’m doing great!」など返事ができると良いです。挨拶をされて、悪い気がする人はあまりいませんよね。

荷物をトランクに乗せてもらいたいとき

「Can I put my luggage in the trunk?(荷物をトランクに置いても良いですか?)」
「Could you put the baggage in the trunk?(荷物をトランクに入れてもらえますか?)」
「I have suitcase. Could you put it in the trunk?(スーツケースがあります。トランクに乗せてもらえますか?)」

トランクに荷物を乗せたいときには、まずタクシー運転手に乗せても良いかご確認ください。
また、タクシー運転手がトランクに荷物を積み込んでもらう場合には、その分のチップを用意しておきましょう。

行先の目的地を伝えるとき

「Can you take me to Grand Hotel?(グランドホテルへ連れて行ってくれませんか?)」
「I wanna go to Grand Hotel.(グランドホテルへ行きたいです。)」

行先の目的地を伝えるときは「Can you take me to Grand Hotel?(グランドホテルへ連れて行ってくれませんか?)」と「Can you take me to<目的地>?(<目的地>へ連れて行ってくれませんか?)」が一般的です。ほかに「I wanna go to Grand Hotel.(グランドホテルへ行きたいです。)」と言っても伝わります。「wanna」は「want to」の省略形で、会話で良く使われます。

先に料金を聞きたいとき

「How much will it cost?(料金はどのくらいかかりますか?)」
「How much to Grand Hotel?(グランドホテルまでいくらですか?)」
「Can you take me there less than thirty dollars?(30ドル以下で行ってもらえますか?)」

目的地を伝えて、そこまでいくらかかるのかを聞く表現となります。手持ちが少ない場合には例文のように「〇〇ドル以下で行ってもらえますか?」という質問の仕方もあります。

所要時間を知りたいとき

「How long will it take to Grand Hotel?(グランドホテルまで、どのくらい時間がかかりますか?)」
「How long does it take to get there?(そこまでどのくらいの時間がかかりますか?)」

目的地までの所要時間を聞きたいときに使える表現をお伝えしましたが、もし時間がないようなら所要時間を質問するとともに、次の段落を参考に急いでいる旨をタクシー運転手に伝えましょう。

急いでいることを伝えるとき

「Could you hurry up?(急いでもらえますか?)」
「Could you get there by 15?(15時までに着けますか?)」

目的地を伝えたうえで、例文のように「○時までに着けますか?」や「I don’t have much time.(私にはあまり時間がありません。)」、「Could you go as fast as possible?(可能な限り速く行ってもらえますか?」と伝えましょう。

道案内をするとき

「Turn right at the next corner.(次の曲がり角を左に曲がってください。)」
「Can you make a left turn?(左に曲がってもらえますか?)」
「Keep going straight.(真っ直ぐ進んでください。)」

通る道を指定したいときや、運転手の知らない目的地に行く場合には道案内が必要になります。上記のようなフレーズを使って案内しましょう。

乗車料金支払いのとき

「Here it is.(はい、どうぞ。)」
「Here you are.(はい、どうぞ。)」
「Keep the change.(おつりをどうぞ。)」

タクシー乗車料金は、メーターに表示されるので、いくら払えば良いのか一目で分かります。日本のようにチップの習慣がない国では、ピッタリの金額を渡しても問題ありませんが、チップ文化の国では、必ずチップを足して、「Here it is.」や「Here you are.(はい、どうぞ。)」と言って渡します。おつりをチップとして渡す場合は「Keep the change.(おつりをどうぞ。)」で十分です。

タクシーを降りるとき

「Thank you.(ありがとうございました。)」
「Thanks.(ありがとうございました。)」
「Have a nice day!(良い一日を!)」
「Thank you, you too.(ありがとう、あなたもね。)」

タクシーを降りるときは、「Thank you.」「Thanks.」とお礼を言いましょう。日本ではタクシードライバーの方は、降りるときに「ありがとうございました。」とお礼だけを言うのが一般的ですが、海外ではお礼と「Have a nice day!(良い一日を!)」と言うことが少なくありません。降りるときに自分からこのフレーズを言うのもいいでしょう。ドライバーに先に「Have a nice day!」と言われたら「Thank you, you too.(ありがとう、あなたもね。)」とお礼とともに返しましょう。

産経オンライン英会話Plusでタクシーの接客で使える英語を学ぼう

産経オンライン英会話Plusでは、タクシーの運転手として働く方に、日本を訪れている外国人のお客様に安心してご乗車いただくためのタクシー車内での接客に必要な英会話表現が学べる英会話教材をご用意しています。全45レッスン分のテキストはダウンロードしてご使用いただけます。

▼テキスト例

タクシー 表紙

こんな方におすすめ

  • タクシーの運転手として働いている方や働こうと考えている方で、外国人のお客様と英語でスムーズ接客を行いたい方
  • タクシーの運転手として働いている方や働こうと考えている方で、英語でおすすめの場所を紹介できるようにしたい方
  • タクシーを利用するのに役立つ英単語やフレーズを学びたい方

得られるスキル

このテキストを使って学習すると、以下のようなスキルが得られます。

  • お客様の要望を聞き、目的地までスムーズにご案内できるようになる。
  • おすすめの観光地やショッピングエリアを紹介できるようになる。
  • 車内で外国のお客様と会話のキャッチボールができるようになる。

学習の進め方

各コース内の順番にとらわれず、今ご自身に必要な内容、明日のお仕事に直結する内容から学んでいただけます。各課のレッスンターゲット(レッスンゴール)を見ながら、自由に学習を進めてください。なお、初級・初中級レベルの方には一部難しい表現も含まれています。その場合は予習・復習をしっかりしていただくほか、1つの課を複数回のレッスンに分けて受講していただくこともできます。

タクシーの接客で使える英語テキストはこちら

No. レッスンターゲット
1 目的地を尋ねる
2 ゆっくり話してもらえるよう依頼する
3 高速道路を使うかどうか尋ねる
4 言われた場所が分からないと伝える
5 乗客が行き方を知っているかどうか尋ねる
6 目的地の地図を持っているか尋ねる
7 行き方を事務所に確認する旨を伝える
8 間違った目的地を伝えられた場合の対応
9 もっと速く走ってほしいという要望に応える
10 所要時間を伝える
11 渋滞の理由を説明する
12 乗車料金を伝える
13 定額料金について話す
14 どこから来たかを尋ねる
15 天気について話す
16 日本に来た目的を尋ねる
17 家族について尋ねる
18 職業について尋ねる
19 日本についての感想を尋ねる
20 希望の品をどこで買えるかを伝える
21 おすすめのお店を紹介する
22 おすすめのホテルを紹介する
23 おすすめのレストランを紹介する
24 季節の祭やイベントについて話す
25 乗客が行ったことのある場所について尋ねる
26 おすすめの観光スポットを紹介する
27 テレビの使い方を説明する
28 車内禁煙の旨を伝える
29 エアコンをつけた方がよいか尋ねる
30 トランクに入れたいものはないか尋ねる
31 乗車定員を伝える
32 体調を尋ねる
33 自転車との接触事故に対応する
34 車両のトラブルについて謝罪する
35 自身のミスについて謝罪する
36 タクシーチケットについて説明する
37 支払方法について説明する
38 所持金が足りないお客様に対応する
39 運賃にまつわるクレームに対応する
40 チップ不要の旨を伝える
41 領収書が必要かどうか尋ねる
42 忘れ物がないか確認するよう伝える
43 ここでは停車できない旨を伝える
44 道中の用事の間待機できることを伝える
45 また迎えに来てほしいという要望に応える

よくある質問

  • Q

    タクシー関係の仕事で使える英語を勉強できる?

  • A

    産経オンライン英会話Plusでは、タクシーの接客で使える英語を学べます。独自で開発したテキストをご用意しております。 まずは無料体験レッスンを受けてみませんか?簡単な会員登録(お名前・メールアドレス・パスワードの入力のみ)で、無料のレッスンを受けられます。タクシー関係の接客に使える英語に興味がある方、無料ですので、ぜひ一度お試しください。
    無料体験レッスン!会員登録はこちら

  • Q

    職業別英会話を学べるレッスンには別途料金がかかる?

  • A

    別途料金は不要です。産経オンライン英会話Plusでは、独自で開発したテキストを、約1,500種類ご用意しております。そのほとんどはレッスンの際に無料でお使いいただけます。

  • Q

    無料体験レッスンで、タクシーの接客に使える英会話のレッスンも受講できる?

  • A

    無料体験では「タクシーの接客で使える英会話テキスト」を使って、レッスンを受けることも可能です。その他にも郵便局の接客、レストランでの接客、小売店での接客、鉄道・電車での接客に使えるテキストもお使いいただけます。

  • Q

    体験レッスンを受けたい!どう予約したらいいの?

  • A

    まずは「無料の会員登録」を行います。送られてきたメールから本登録をし、完了したらマイページにログインしてください。次に、ご希望のレッスン日時と、講師を選んで予約します。あとは、予約した日時にレッスンを受講します。 無料体験レッスンまでの詳細はこちらをご参照ください。画像付きで詳しくご説明します。