英検®リスニング対策!どんな問題?どう勉強する?【1級~5級】

英検®リスニング対策!どんな問題?どう勉強する?【1級~5級】

英検®リスニング対策!どんな問題?どう勉強する?【1級~5級】

英検®のリスニング問題に関してはこんな疑問がありませんか?

  • 試験内容はどんな感じ?
  • 具体的にはどんな問題が出されるの?
  • どう対策したらいい?

今回はこうした不安や疑問を解決すべく、リスニング問題の試験概要や過去に出された問題、対策方法をご紹介します。 なお、英検®には5級から1級に至るまで様々な英語レベルの受験者がいますが、すべての受験者を対象としてお伝えしていきます

英検®の概要

英検®とは、公益財団法人日本英語検定協会が運営する資格型の英語検定試験のことで、実用英語技能検定と言います。上位級から順番に、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級(初級)と合計7つのグレードに分けられています。1級から3級までは「聞く・読む・書く・話す」の4つの技能を測定です。一次試験ではリスニング・リーディング・ライティングの技能、二次試験(面接等)でスピーキングの技能を測り、一次試験・二次試験の両方で基準に到達すると合格になります。4級と5級に関しては「リスニング・リーディング」の技能が問われ、リスニングとリーディングで合否判定となりますが、受験者のみが自宅でチャレンジできるスピーキングテストが別途用意されています。なお、試験は1年に3回あり、6月・10月・1月頃に行われます。

英検®5級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
10問 会話の応答文の選択 2回 会話の最後の発話に対する応答として最も適切な文章を選ぶ。
(補助イラスト付き)
会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
5問 質問の解答文の選択 2回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
10問 内容に合致する文の選択 2回 短文を聞いて、イラストの動作や状況を表す文章として適切なものを選ぶ。 短文 3肢選択
(選択肢読み上げ)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
Look at those flowers

1 You, too.
2 They’re very pretty.
3 I’m fine, thanks.

(中略)

第2部
No.11
Donna, do you go to school by bike?
No, I go by bus.
Question: How does Donna go to school?

1 She takes a bus.
2 She goes by bike.
3 She takes a train.
4 She goes with her mother.

(中略)

第3部
No.16
1 Mr. Smith is washing a potato.
2 Mr. Smith is buying a potato.
3 Mr. Smith is cutting a potato.

《出典 》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®5級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®5級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1 2
第2部 No.11 1
第3部 No.16 3

英検®4級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
10問 会話の応答文の選択 2回 会話の最後の発話に対する応答として最も適切な文章を選ぶ。
(補助イラスト付き)
会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
10問 内容に合致する文の選択 2回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
10問 質問の解答文の選択 2回 短いパッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 物語文
説明文
4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
It’s really hot.
Yes, it is.
I don’t want to walk home.

1 We can buy that.
2 Let’s get a taxi.
3 She’s at the store.

(中略)

第2部
No.11
Do you want something to drink, Betty?
Do you have any juice?
Sorry, I don’t. How about some coffee or tea?
Tea, please.
Question: What will Betty drink?

1 Some coffee.
2 Some juice.
3 Some milk.
4 Some tea.

(中略)

第3部
No.21
I was sick this morning, so I didn’t go to school. I stayed in bed all day. My mother made some soup for me.
Question: What did the boy do today?

1 He stayed in bed.
2 He went to school.
3 He made some soup.
4 He helped his mother.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®4級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®4級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1          2
第2部 No.11        4
第3部 No.21        1

英検®3級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
10問 会話の応答文の選択 1回 会話の最後の発話に対する応答として最も適切な文章を選ぶ。
(補助イラスト付き)
会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
10問 質問の解答文の選択 2回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
10問 質問の解答文の選択 2回 短いパッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 物語文
説明文
4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
Where are the ninth-grade students today?
They’re on a school trip.
Oh. Where did they go?

1 On a hike in the mountains.
2 In their classroom.
3 At yesterday’s meeting.

(中略)

第2部
No.11
Arthur, is your sister still a nurse?
No. She was a nurse until last year, but now she’s a college student.
Oh, really?
Yes. She wants to become a doctor.
Question: What does Arthur’s sister do?

1 She’s a nurse.
2 She’s a doctor.
3 She’s a science teacher.
4 She’s a college student.

(中略)

第3部
No.21
Amy works at a restaurant. She brings the people their food, and she cleans the restaurant, too. It’s hard work, but she really likes her job because she can meet a lot of people.
Question: Why does Amy enjoy working at the restaurant?

1 She likes cooking.
2 She likes working hard.
3 She can eat a lot of food.
4 She can meet many people.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®3級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®3級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1          1
第2部 No.11        4
第3部 No.21        4

英検®準2級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
10問 会話の応答文の選択 1回 会話の最後の発話に対する応答として最も適切な文章を選ぶ。 会話文 3肢選択
(選択肢読み上げ)
10問 質問の解答文の選択 1回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
10問 質問の解答文の選択 1回 短いパッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 物語文
説明文
4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
Who is the girl next to you in this picture, Dean?
That’s my older sister. Her name is Janet.
Oh, really? What does she do?

1 She’s 24 years old.
2 She works at a hospital.
3 She graduated from college last year.

(中略)
第2部
No.11
Do you want to go to lunch now? I’m really hungry.
Lunch already, Caroline? It’s only eleven o’clock!
I woke up late this morning, so I didn’t have time to eat breakfast.
OK. Let’s go to the Italian restaurant on the corner.
Question: What does the woman want to do?

1 Make breakfast.
2 Eat lunch.
3 Go to bed.
4 Visit Italy.

(中略)

第3部
No.21
Patrick is a junior high school student, and he has an older sister who plays the guitar. Last year, she gave her guitar to Patrick because she bought a new one. He asked his music teacher at school to teach him how to play the guitar, and now Patrick can play the guitar almost as well as his sister.

Question: What did Patrick’s sister do last year?

1 She gave Patrick a guitar.
2 She became a music teacher.
3 She started playing the guitar.
4 She paid for Patrick’s music lessons.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®準2級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®準2級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1          2
第2部 No.11        2
第3部 No.21        1

英検®2級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
15問 質問の解答文の選択 1回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
15問 質問の解答文の選択 1回 短いパッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 物語文
説明文
4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
Hello. I’m here for an influenza shot. My name is Eric Hamilton.
Yes, Mr. Hamilton. The doctor will be with you soon. Do you have any questions about the shot?
Can I play sports after I get my shot? I’m supposed to play in a beach volleyball tournament tomorrow.
Yes, you can. There should be no problem doing activities like that.
Question: What does the man ask?

1 Where he can get an influenza shot.
2 Whether he can play sports tomorrow.
3 What information to give to the doctor.
4 How often he should take his medicine.

(中略)

第2部
No.16
Rachel is a high school student. She used to enjoy eating lunch at her school’s cafeteria, but the menu changed last month. At the same time, the food became more expensive. Rachel and her classmates are unhappy about the food and the prices, so Rachel has decided to talk to her teacher, Mr. Smith wants the school to make it cheaper for students to buy lunch.

Question: What does Rachel think about the school cafeteria?
1 The food is too expensive.
2 The seats are not comfortable.
3 It is not easy to read the menu.
4 It is too noisy to talk to teachers.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®2級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®2級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1          2
第2部 No.16        1

英検®準1級のリスニングの試験概要と対策

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
12問 質問の解答文の選択 1回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
12問 質問の解答文の選択 1回 パッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 説明文など 4肢選択
(選択肢印刷)
5問 質問の解答文の選択 1回 Real-Life形式の放送内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 アナウンスなど 4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
Ms. Anderson, I’d like to reserve my summer holidays.
No problem, Jeff. Which week would you like?
July 3rd to the 10th, if possible.
Hmm. That might be a problem. I’m scheduled for that week.
That’s too bad. My parents are visiting then, and I don’t see them very ften.
Tell you what, Jeff, I think I can be flexible.
Really?
Yes. I’ll book a different week. It’s important for you to spend time with your family.
That’s very kind of you.

Question: What will the woman do?

1 Visit her family in the summer.
2 Change her vacation time.
3 Take an extra week off.
4 Reschedule her parents’ visit.

(中略)

第2部
No.13
In 1782, French brothers Joseph-Michel and Jacques-Étienne Montgolfier had an idea. The Montgolfier brothers, who were paper manufacturers, noticed that open paper bags placed above a fire would rise upwards. At first, the brothers believed it was the smoke, rather than the heat, that caused the bags to rise. Nevertheless, they thought they might be able to build an aircraft. After some experimenting, they built a balloon out of cloth and paper, and the first manned flight took place in1783.

More balloon flights followed, and in 1785 pilots Jean-Pierre Blanchard and John Jeffries made the first-ever flight across the English Channel. Because they had some letters with them, they also made the first-ever international airmail delivery. The trip nearly ended in disaster when the balloon began to lose height. Blanchard and Jeffries threw almost everything out of the balloon to stay in the sky. However, when the pilots landed in France, they still had the letters.

Question: What in one thing the Montgolfier brothers believed?

1 Smoke caused the paper bags to rise.
2 Paper was better than cloth for making aircraft.
3 Their balloon could never carry people.
4 Their balloon might catch fire.

(中略)

第3部
No.25
You have 10 seconds to read the situation and Question No.25.

Situation: You are beginning your first year studying at a university abroad. You have a Y2 visa. You are interested in working part-time and attend an orientation.

Question: Who should you speak to?

1 Gunther Heinz in room 205.
2 Maria Rivera in room 201.
3 Anita Kern in room 301.
4 Jill Chen in room 207.

First of all, the International Center offers assistance with many issues including supplementary English classes, so please visit us any time. We can also help you find employment. Those with Z1 visas may qualify for an internship with a university department. Gunther Heinz handles these; he’s in room 205. If you have a Y2 visa, you are eligible for part-time jobs on campus. For specific details, see Maria Rivera in room 201. Y2 visa holders can work off campus from their second year. Talk to Anita Kern in room 301 if this applies to you. For visa renewal issues, see Jill Chen in room 207.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®準1級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®準1級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1          2
第2部 No.13        1
第3部 No.25        2

英検®1級のリスニングの試験概要

問題数 出題形式 放送回数 形式・課題詳細 問題分の種類 解答形式
10問 質問の解答文の選択 1回 会話内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 会話文 4肢選択
(選択肢印刷)
10問 質問の解答文の選択 1回 パッセージの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 説明文など 4肢選択
(選択肢印刷)
5問 質問の解答文の選択 1回 Real-Life形式の放送内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 アナウンスなど 4肢選択
(選択肢印刷)
2問 質問の解答文の選択 1回 インタビューの内容に関する質問の答えとして適切な文章を選ぶ。 インタビュー 4肢選択
(選択肢印刷)

過去問を見てみよう

第1部
No.1
The election’s a week away, honey, and I’m still undecided.
Well, both candidates are strong, but I’m voting for Jacobs.
Jacobs has definitely record of achievements.
Yeah, he has a long track record of achievements.
Still, I’m impressed with Potter, even though she’s young.
Quite frankly, I don’t think she’s ready to take on so much responsibility.
Maybe, but her idealism is refreshing. We could use a change.
I agree that Potter would shake things up, but in politics, that’s not always a good idea.

Question: What does the man say about the election?

1 He is still considering his options.
2 He agrees with the woman’s choice.
3 He prefers a candidate with experience.
4 He thinks it is time for someone new.

(中略)

第2部
No.11
Biochar is a type of agricultural fertilizer that looks like charcoal. It is produced by burning plants and agricultural waste under extremely low-oxygen conditions. Then, it is ground up and added to soil. Supporters say biochar also benefits the environment. This is because when biochar is produced, the carbon in the plants and waste becomes trapped in the biochar. Additionally, it is claimed that when added to soil, biochar absorbs more carbon. This prevents carbon, which contributes to the greenhouse effect, from being released into the atmosphere. Some people have therefore been calling for biochar to be produced on a massive scale to combat global warming.

However, the claims regarding biochar’s agricultural and environmental benefits are mainly based on observations of small-scale traditional agricultural practices and lab experiments. Several large field trials came to a different conclusion. First, they showed that, in many cases, when biochar was buried, carbon levels in the soil were generally unchanged. Second, the field trials showed that biochar’s effects on crop production were at best inconclusive. While more research is definitely needed, biochar may not be a magic solution for food security and climate change after all.

Questions:What do supporters believe about biochar?

1 It can kill harmful plants.
2 It helps soil produce more oxygen.
3 It can prevent the release of carbon into the air.
4 It releases carbon faster than regular fertilizers do.

(中略)

第3部
No.21
You have 10 seconds to read the situation and Question No.21.
Situation: You plan to enter a doctoral program in engineering and need a research grant. You have not yet decided on your research focus. A recent graduate offers the following advice.

Question: What should you do first?

1 Ask a professor who has taught you before.
2 Make inquiries about engineering professors.
3 Read some journal articles on your general research field.
4 Contact the local government about the grant application.

To be honest, you’re a bit late getting started. You should already be doing some detailed research on your topic or working on the grant application paperwork, but since you’re unsure about your research focus, you need to choose a professor as an adviser and then work it out. A topic that you choose after simply reading journal articles might not satisfy the grant organizations. A good professor in your field will know what areas are currently in demand, and they should support you throughout the program. Be careful, though. Some professors may be too busy to give you guidance, so don’t automatically go to one you already know. You should talk to current students first and get some details about each professor before approaching them. Once you’ve done that, I’d recommend contacting the local government just to confirm what the grant requirements are.

(中略)

第4部
No.26
This is an interview with Rob Russel, a mental health counselor and emotional-support coach.

Interviewer (I): Rob, thanks for joining us on Careers in Focus.
Rob Russel (R): Yeah, thanks for having me. It’s my pleasure.
I: So, some people may feel that, by seeing a coach, they’ve failed in some way. How would you respond to that?

R: I think that this is something that hopefully, quite soon, but at some point in the future will become a non-question. So you take somebody like who is working really hard, right? They’re working too many hours, and they don’t see their family as much as they’d like to, they’ve probably developed a few unhealthy lifestyle habits, like drinking or smoking, whatever. And they start to get stomach pains, right? A stomach ulcer or whatever. Go to the doctor, like, diagnosed with a stomach ulcer. That person does not feel like they’ve failed in any way, like they’re not made to feel that. And in fact it can be almost a kind of badge of honor, like, I’ve been working so hard that I got a stomach ulcer, right. So why somebody who, for example, gets depressed, or just develops some kind of, psychological challenge, should be made to feel like they’ve failed because, for something which probably happened through no fault of their own. I think is, at some point soon, when attitudes evolve, and prejudices kind of lift, it will be ridiculous to make that distinction, basically.

I: So society needs to be educated about this, then.
R: I think that’s really important, yeah.
I: OK. Do most companies, or schools or colleges, do enough to provide emotional support to their employees or their students?
R: Most organizations that I have had contact with, they don’t pay enough attention to the emotional side. So, technically, you go into a company, there’s computers for everyone and the Internet’s all set up, there’s some training about how to use that, there’s tech support if you get in real trouble, right? Whereas the emotional side of things—which is very stressful for people, I mean, just dealing with relationships at work, dealing with a difficult colleague, dealing with your own kind of challenges on a day-to-day basis—I think is probably the main stress for the majority of people. To parallel the technical support that people get, you need emotionally intelligent managers who can create a basic, kind of healthy and emotional workplace.

I: Right. What kind of person makes a good coach in your experience?

R: I think some people who are naturally just very emotionally intelligent don’t make the best coaches, ’cause it’s just too easy for them. They can’t understand why other people struggle. So I don’t—you certainly need to be, I think, to be emotionally intelligent, and to be aware of what it means to be emotionally intelligent. You don’t necessarily have to be the most kind of skilled person at human relationships. Because it’s actually important to, so empathy, I think, is one of the key skills, basically. And in order to empathize, it kind of helps not to have been perfect yourself, and to have had your own struggles, I think. So, some experience, I think, of overcoming difficulties is important.

I: This has really been interesting. I think your work is so important. Thank you very much.

R: Thanks. Thank you very much.

Questions: What is Rob’s opinion about people with psychological challenges?

1 They should not be made to feel that they have failed.
2 They should do physical exercise to help them become mentally stronger.
3 They should spend time with people who have similar conditions.
4 They should get more support from their families.

《出典》
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 問題冊子 英検®1級」
公益財団法人日本英語検定協会「2019年度 第3回 リスニング原稿 英検®1級」

ちなみに、解答は以下の通りです。
第1部 No.1 3
第2部 No.11 3
第3部 No.21 2
第4部 No.26 1

英検®リスニング問題の7つの対策方法

1:過去問を解く

基本中の基本ですが、まずは過去問を解きましょう。先ほど検定級ごとに過去問の一部をご紹介しましたので、こちらもお役立ていただきたいのですが、一度通しで過去問を解いてみてください。過去問に関しては参考書を販売していますし、英検®の公式サイトでも問題・解答・音源を公開しています。(日本英語検定協会「試験内容・過去問」)

過去問を解く際には、時間も試験通りに行いましょう。公式サイトで公開されている音源は2部~4部までに分かれています。この1部と2部の間の時間に関しても通常のテストと同じように進めてください。時間を決めずに過去問を解いていると、いざ本番になったときに時間が少ないと感じ、練習通りの力を発揮できなくなってしまいます。日頃の勉強から本番の試験時間を意識しながら行いましょう。

2:過去問を読み込む

過去問を解いた後には、必ず解き直しましょう。英検®の対策として、過去問を解くのは非常に有効な方法です。しかし、「正解したかどうか」、「何問正解していたか」のように結果だけ見るのはあまり好ましくありません。自分の実力を大まかに知るために、過去問を解いて何問正解していたか知るのは良いでしょう。そのうえで、自分の間違っていた箇所を確認し、どうして間違っていたのか考えてください。英単語や表現を知らなかった場合には、それを忘れないうちに反復して暗記しましょう。

3:イメージを浮かべる

リスニングをするときに聞きとった英語を、頭の中で日本語に直して理解していませんか?脳内で日本語に直す方法で聞き取りをしていると、理解までに時間がかかってしまいます。どういうことかと言うと、例えば「テーブル(table)」と聞いた場合、頭の中で「机」と日本語に変換しなくても頭に机が浮かびますよね。「テーブル(table)」→イメージが脳内に浮かぶということ、つまり言葉を聞いたと同時に理解ができている状態です。

その一方で、もし頭の中で日本語に変換する場合は、「テーブル(table)」→「机」→イメージとなるわけです。この場合は日本語に一度置き換えている分、時間がかかってしまうのです。そのため、英語を聞いたらイメージで理解するというのを練習していくと良いでしょう。

最初のうちは脳内で日本語に変換したとしても、理解ができればそれで問題はありません。しかし、受験する級が上がってくると、内容が難しくなってきますし、話すスピードも速くなります。理解までの時間を短くして考える時間を増やすことがポイントになってくるというわけです。リスニングの際にイメージで理解できるようにしていくために、日頃から英語をイメージで捉えるように意識したり、英単語をイメージとともに覚えたりしていきましょう。

試験中に使える対策方法

4:疑問詞に注目する

リスニングで問題が読まれるときには、疑問詞に注目することが重要です。疑問詞には様々な種類がありますが、代表的なのは5W1Hが挙げられます。 「What(何)」、「Who(誰)」、「Where(どこで)」、「When(いつ)」、「Why(なぜ)」、「How(どのように)」などです。質問文の最初には、質問で何を求めているかが分かる疑問詞がきます。例えばWhere is my desk?(私のデスクはどこですか?)には冒頭に「Where」という疑問詞があります。これは「場所がどこか」を聞くための疑問詞ですから、選択肢としては場所を表すものを選べば正解となります。まずは質問文で何が求められているのかを把握することが重要です。

5:イラスト問題は数字・動作・場所・持ち物に注目する

先ほど級ごとの過去問でお見せしたように、リスニングの問題の中には、質問の解答として合致したイラストを選択するものがあります。このイラスト問題の場合には簡単にイラストを確認してみる必要があります。そのときに注目するポイントとしては、数字や動作、場所(位置)、持ち物です。イラストの中で、誰がどこで何をしているのかなど、質問になりそうな箇所に注目してチェックしていきましょう。

6:事前に選択肢を読んでおく

リスニングの解答のヒントは、選択肢の中に隠されています。選択肢を見ると、例えば「At 1:00 / 2:00 / 3:00 / 4:00」の4つの選択肢がある場合、質問を聞くまでもなく質問をされるのは時間に関する事柄です。そこまで分かっていれば、リスニングの問題が流れている際には時間の話に注目して聞けば良いわけです。何も分からない状態で音声を聞くと、全部聞き取ろうとして、結果的に問題の解答に必要な箇所を聞き逃してしまうことも少なくありません。空いた時間を使って、必ず選択肢を読んでからリスニングの音声を聞くようにしましょう。

7:迷ってもすぐにどちらかをマークする

リスニングの問題を解いていると、選択肢の中で迷うこともあります。「どっちだろう?」、「あの部分注目して聞いておけば良かった」、「たしかにあの部分が聞こえなかったんだよなあ」と、焦ってこうした考えが頭の中をめぐることがありますよね。そうこうしているうちに次の問題の音声が始まってしまいます。選択肢に目を通すことなく音声を聞くことになったり、音声の最初のほうを聞き逃したりする可能性があります。そうなると、次の問題も選択肢に迷い、また次の問題も…と後手に回ってしまいます。そのため、分からなくても、すぐにどちらか決めてマークしてしまうのが良いでしょう。後から考えて解答する場合には、解答欄がズレないように細心の注意を払ってください。

産経オンライン英会話Plusで英検®のリスニング対策をしよう

リスニング力を向上させるには、英語を耳に慣れさせる必要があります。英検®のリスニング問題の対策をするに当たって、過去問を解くことはもちろん重要ですが、それと同時に英語を耳に慣れさせることも必要となります。そこで役立つのがオンライン英会話。オンライン英会話は、英会話スクールと比較して、安価でマンツーマンレッスンを受けられる魅力があります。産経オンライン英会話では毎日25分フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンを受けられるプランで月額6,380円(10%税込)です。これは1レッスン当たり税込みで205円となります。

毎日少しずつ英語に触れて、英語を耳に慣れさせましょう。 ただ、人によってはオンライン英会話に対して、「講師の質が悪いのではないか」と不安に感じている方もいるでしょう。しかし、産経オンライン英会話Plusでは採用率1.2%という狭き採用試験に合格した優秀な講師陣を揃えています。初心者には難しいLとRの発音の違いまで教えています。英語学習の初心者にも安心して受講していただけるかと思います。

ただ、いきなりお金を払ってオンライン英会話を踏み出すのはちょっと…と感じる方もいるでしょう。そう感じた方は、無料体験レッスンを2回分ご用意しておりますので、こちらをお試しください。

無料会員登録バナー

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。