英語(英文)ライティングの勉強方法や書き方のコツ

英語(英文)ライティングの勉強方法や書き方のコツ

学校教育で学んできた中で、リーディングやリスニングには慣れ親しみがあるかもしれません。ただ、いわゆる英語力にはこの他にスピーキング力、ライティング力が挙げられます。海外旅行や海外出張をした場合には英語を話すことがあるのでスピーキング力の必要性については感じていることでしょう。その一方、正直ライティング力って必要なの?と感じるのも想像に難くありません。結論から言うと、将来的に英語を使うのであればライティング力は欠かせません。今回はライティング力が必要となる理由、そしてライティング力を向上させるための勉強方法やコツについてお伝えします。

英語(英文)のライティング力って必要?

日本の学校で教育を受けてきて、受験してきたテスト問題の多くはリーディングとリスニング。そんな状況の中、「ライティング力は本当に必要なの?」と感じる方もいるでしょう。実際問題、例えば将来的に英語を使うとして英語のライティング力は必要になるのでしょうか。

結論からお伝えすると、これからはリーディング力やリスニング力、スピーキング力だけでなく、ライティング力も必要になります。例えば、英語試験では当然ライティング力も測られます。英検®やTOEIC® S&W TESTSなどの英語試験ではライティングのパートが設けられています。それだけでなく、高校入試や大学入試などにおいても、学校によっては英作文(ライティング)の問題が出されることもあります。今後は大学入試の際に、英検®やTOEIC®S&W TESTSなど、外部の英語検定の資格やスコアを活用できるようになりますので、ライティング力が必要になるのです。 必要となるのは学生ばかりではありません。ライティングと言うと、手紙を書くことをイメージするかもしれませんが、現代ではメールを書く際にもライティング力が必要となります。社会がグローバル化し、日本でも多くの外資系の企業が存在しますし、日本企業でも海外の企業と取引することもあります。そのため、日本の企業でも英語でメールのやり取りをすることがあります。

ライティング学習時に得られる3つの大きなメリット

メリット1:覚えた英単語のスペル・英文法が正しいかチェックできる

ライティングの学習はアウトプットが中心です。自分が英単語や英文法を覚えたと思っていても、実際にライティングしてみると間違っている場合があります。このようにライティングの勉強は、英単語のスペルが正しいか、学んだ英文法が正しいかを確かめるきっかけにもなるでしょう。

メリット2:知らない英単語を覚えるきっかけになる

ライティングをする際には、知っている英単語を使って書く方法と、日本語で考えてから英語にする方法があります。ライティングの勉強としてはどちらの方法も行うべきですが、後者の方法を使えば英訳できない箇所を調べることになります。こうして知らない英単語を覚えながら、語彙力を広げていくことができます。

メリット3:魅力的な文章を自分のものにできる

ライティングの学習ではインプットも行います。ライティング力の向上に役立つ良い手本となる文章を探します。そして、その魅力的な文章を何度も書くことで、その良い文章のリズムや構成、文法を学べるのです。何度も書くうちに魅力的な文章を自分のものにすることもできるでしょう。

ライティングを勉強する前に知っておきたいこと

目的を設定しよう

ライティングを勉強するに当たって、まずは目的を明確にすることが大切です。なぜなら例えばライティング学習で伸び悩んだときに、目的が定まっていれば「自分は○○のために勉強している、だからがんばろう!」と勉強する意欲が高まるからです。ライティングのみならず英語の学習では、長期のスパンで学習していくことになりますので、伸びずに悩んだり、学習がマンネリするなどしてモチベーションが低下したりすることがあります。そうしたときに英語学習のモチベーションを維持する必要があるのです。モチベーションを維持する方法は様々ですが、その1つとして目的を定めるという方法があります。

アウトプットの回数を増やそう

ライティングの学習では特にアウトプットの回数を増やすことが大切です。日本語でも書く技術を鍛えるには、文章を書く必要があるでしょう。それと同じように、英語のライティングでも書く回数を増やす必要があるのです。そうして英文を書く回数を増やしていくと、当然間違える箇所も増えていきます。間違えた箇所は記憶に残りやすいですから、アウトプットの回数を増やし、最初のうちはどんどん間違えていきましょう。そして間違えた箇所をしっかりと復習し、使える知識を増やしていきましょう。

チェックできる仕組みを作ろう

アウトプットの回数を増やすことは大切ですが、闇雲に英文を書けば良いというものではありません。せっかく書いたのに、書きっぱなしにするのではアウトプットの効果が半減してしまいます。書いたら必ずチェックしましょう。自分の書いた文章をチェックして、英単語のスペルが合っているか、英文法が正しいかを確認しましょう。

ただ、自分で書いた文章の間違えを、自分自身で気づくのは難しいです。ではどうする?と感じると思いますが、この場合には例えば書いた文章をWordに貼り付けてスペルチェックをすることも可能です。その他にも、英会話スクールやオンライン英会話を活用して講師にチェックしてもらう方法もあります。様々な方法はありますが、自分で見直す以外に、チェックする仕組みを入れることが大切です。

毎日コツコツと続けよう

ライティング力を向上させるには、コツコツとアウトプットを増やしていく必要があります。見出しには毎日と書きましたが、それぞれの性格や状況などにも寄りますので、学習の頻度は毎日でなくても問題はありません。例えば1週間に3回のように決めても良いでしょう。ただし、注意しなくてはならないのが1週間に3回と決めただけでは、後回しにしてしまい、結局勉強しなくなってしまう可能性があります。1週間に3回なら月曜と水曜と土曜にすると明確に決めてしまうことをおすすめします。あるいは、寝る前には英語で日記を書くといったように、毎日のルーティン(習慣的な行動)としてライティングを取り入れると、続けやすくなるでしょう。

ライティングの勉強方法やコツ5選!

英文を見ながら書き写す

一番簡単なライティングの勉強法として、正しい単語と文法を使っている文章を書き写す方法があります。手本となる文章を書き写す中で、英単語や英文法、文章のリズムを覚えられるでしょう。ただし、無心で文章を書き写さないように注意が必要です。無心で行うとただの作業になってしまって、内容が頭に入らないですし、英単語を覚えることすらもできないでしょう。そのため、書き写す際には注目すべきポイントを決めるのがポイントです。「今回は英単語に注目する」、「今回は説明している順番に注目する」などのように決めておくと、意識を集中させることができ、有意義な学習時間となるはずです。

手帳に英語でスケジュールを書く

手帳やカレンダーアプリを使って、スケジュールを管理する際には予定を英語で書いてみましょう。スケジュールに使う英単語を覚えられますから、ライティングに限らず英語学習において有効です。スケジュールを管理していない方は、これを機に手帳を購入したりカレンダーアプリをインストールしたりしてみてはいかがでしょうか。 スケジュールに使用する単語は限られていますので、同じ英単語ばかりを使用することになります。そのため、ライティング力を向上させるのに役立つのは最初のうちだけでしょう。しかし、日ごろから英語を使う習慣をつけるという意味で、あるいは英語で書いたかっこいい手帳を自分で見ることによって英語学習へのモチベーションを上げるという意味では効果的と言えるでしょう。

日本語で書いた文章を英訳して書く

日本語で文章を書き、それを英訳して書いてみましょう。内容に関しては日記でも主張でも何でも構いません。英訳することの目的は英単語や表現について知識を増やし、使える表現を増やすことにあります。知っている英単語や表現を使って、アウトプットする方法もあります。この場合はテストの対策としては役立ちますが、あくまでも自分が知っている知識の中で行うアウトプットのため、語彙の少ないうちは本当に伝えたい主張が書けないこともしばしばあるでしょう。

自分の考えていることを伝えるライティング力を身につけるために役立つのが英訳する勉強方法です。英訳の際に知らない英単語や表現があれば、それを調べてインプットしましょう。つまり、この日本語の英訳という勉強方法では、ライティングというアウトプットをしながらも、自分の知らない英単語や表現を自分で調べてインプットすることができるのです。ただし、日本語を書くときには表現が難しくならないようにしましょう。特に最初のうちは簡単な文章にすることがポイントとなります。

日記を英語でつける

日記を英語で書く勉強方法もあります。日記では1日のうちに行ったこと、最も印象に残ったエピソード、その日に起こったことに対して感じたこと、英語学習の進捗、発見・気づき等、様々なことを書いてみましょう。日記を書く際には、知っている英単語や表現を使って書く方法にしても良いですし、最初に日本語を書いてから英訳する方法を使っても良いです。日記を毎日つけていけば、自然とそれが当たり前になり、ライティング学習も自然と習慣化されるでしょう。普段日記を書いていない方も、これを機に日記を始めてみてはいかがでしょうか。

書いたものを英語圏の外国の友達にチェックしてもらう

ライティングしたものは必ずチェックして、間違えがないか確認することが大切です。間違えた個所はすぐに復習して、覚えましょう。ただ、自分でチェックするのはあまりおすすめできません。というのも、自分ではミスに気づきにくいからです。そのため、どなたかに頼んでチェックしてもらいましょう。英語圏の外国の友達がいれば、その方にお願いしてみてください。

オンライン英会話や英会話スクールを活用する

書いたものは他の方にチェックしてもらうべきですが、周りに英語の文章を見てくれる方がいない場合もあるでしょう。また、いたとしても英語で書いた文章を定期的に添削してくれないかもしれません。そうした方に役立つのがオンライン英会話や英会話スクールです。オンライン英会話や英会話スクールと言うと、スピーキング力を向上させるイメージが強いかもしれませんが、ライティング力の向上にも役立ちます。レッスン中は時間を有意義に使うために、まずは事前に英語でライティングしておきます。それは日記でも良いですし、自分の趣味のことに関する文章でも構いません。その文章を講師に見せ、英単語のスペルや英文法が間違っていないか確認してもらいます。指摘を受けた箇所は、何度も反復してマスターしましょう。

産経オンライン英会話Plusでライティングの勉強をしよう

オンライン英会話と言うと、リスニングやスピーキングの能力を向上させるイメージがありますが、ライティング力に関してもオンライン英会話が役立ちます。具体的な方法としては、オンライン英会話の授業が行われる前に予習としてライティングの教材で勉強を進めておいて、レッスンのときにライティングしたものを講師に確認してもらいます。

講師の中にはもしかしたら、受講生と円滑にコミュニケーションを取るために、あえて指摘をしない方もいるでしょう。しかし、それではライティング力を向上させる機会を逃してしまうことにもなりかねません。英単語のスペルが合っているかどうか、表現として適切かどうか、他の言い回しがあるかどうか等に関して質問し、積極的に指摘やアドバイスをもらいましょう。

なお、産経オンライン英会話Plusでは採用率1.2%という狭き採用試験に合格した優秀な講師陣を揃えていますので、安心して受講していただけるかと思います。ただ、いきなりお金を払ってオンライン英会話を踏み出すのはちょっと…と感じる方のため、無料体験レッスンをご用意しております。2回分のレッスンを体験できますので、ぜひお試しください。


無料会員登録バナー

TOEIC are registered Trademarks of Educational Testing Service (ETS).
This web page is not endorsed or approved by ETS.
*S&W means SPEAKING AND WRITING.

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検 討を受けたものではありません。