TOEIC® L&R TESTのリスニング対策!スコアアップのコツやおすすめ教材

TOEIC® L&R TESTのリスニング対策!スコアアップのコツやおすすめ教材

発音の違いを聞き分けよう!TOEICのリスニング対策

TOEIC® L&R TESTのスコアは語学力のアップに留まらず、大学入試や就職活動にも大きな影響を与えます。ここではスコアアップ対策の一環として、リスニング対策にフォーカス。リスニング問題の構成や、試験パート別の勉強方法・対策方法を解説します。

目次

TOEIC® L&R TEST リスニング問題の構成

リスニング問題は4つのパートから構成されています。いずれも選択式ですが、問題の種類やシチュエーションが異なります。

パート 問題の種類 問題数 解答形式 問題内容
Part1 写真描写問題 6問 選択式 1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。
Part2 応答問題 25問 選択式 1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。
Part3 会話問題 39問 選択式 2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。
Part4 説明文問題 30問 選択式 アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

パート別のリスニング対策

前述の通り、リスニング問題は「写真描写問題」「応答問題」「会話問題」「説明文問題」という4つの問題から構成されています。ここではパート問題ごとの対策方法をご紹介します。

Part1 写真描写の問題の対策

写真描写問題は、問題用紙に印刷された写真と読み上げられる英文をもとに解答していくリスニング問題です。4つの選択肢の英文が読み上げられ、その選択肢の中から写真を正しく描写しているものを選択して解答します。写真は風景写真をはじめ、人物が中心の写真や物が映っている写真など様々です。

人物写真であった場合は、人物の服装や置かれている状況、人物が行っている作業について説明されるケースが多くみられます。よってどこに焦点を当てているのか予想しやすく、比較的対策が立てやすいのが特徴です。誰が・どこで・何を・いつ・なぜ・どのように」の5W1Hを聞き取れるようになれば、正解率を高められます。
対する風景写真や物が写っている写真では、焦点の予測がやや難しくなります。とはいえ、高度な文法や構文が使われることはほとんどありません。「主語・動詞・修飾語」のように、シンプルな構成の英文が読み上げられることが一般的です。また、説明文の多くは最初に主語がきます。説明文の頭を特に注意して聞くことで、ある程度の予測が立てやすくなるでしょう。

また、大前提として選択肢の英文は最後までしっかり聞くことも大切です。たとえ早い段階で正解が分かっても、油断は禁物。「それらしく聞こえる解答」に引っかかってしまうと、スコアを落としてしまいます。

Part2 応答問題の対策

応答問題では、ワンセンテンス(一文)の質問が放送されます。それに対する適切な答えを、選択肢の中から選んでいく問題です。放送される英文は短文であることが多く、したがって「対策しやすい」とする方もいれば「情報が少ないため難しい」と感じる方もいます。対策のコツとしては、「WH問題」「Yes-No疑問文」を優先して学習するということです。

「WH問題」とは、Who(誰)・Why(なぜ)・Where(どこ)・ How(どのようにして)といった疑問詞を使う問題を指します。WH問題を解く際は、質問の頭語をしっかり聞き取ることが大切。「誰が・なぜ・どこ・どのように」などの頭語を指す言葉が聞き取れれば、解答の目星がつけやすくなるためです。頭語に「Who(誰)」が来ていれば、選択肢の中から人物について述べている文章を探してみましょう。

「Yes-No疑問文」とは、Do(~しますか?)、Is(~ですか?)Have(~しましたか?)など、その名の通りYesかNoで答えられる疑問文のことです。大まかに分けると質問系、依頼・提案系の2種類に分けられます。前者ではIs、Are、Do、Didなどの疑問文がよく使われるのに対し、後者ではCan I(~してもいいですか)Could you(~してくださいますか?)Can you(~してくれますか?)という疑問文がよく出ます。

これらのWH問題・Yes-No疑問文は、設問数が多い傾向にあります。よってこれらの問題を優先的に学習すれば、スコアアップを狙いやすいといえるのです。

Part3 会話問題とPart4 説明文の対策

会話問題では、2~3人の人物による英語の会話を聞いて設問を解いていきます。1度の放送につき3つの設問が用意されており、放送の内容とそれぞれの設問に適した解答を選択する形式です。長文の英語を聞き取るため難易度は高めですが、ポイントを押さえればスコアアップへ繋げられます。具体的なコツとしては、設問や選択肢にあらかじめ目を通しておくこと。こうすることで、実際にリスニングをした際に大まかな内容を把握しやすくなります。1問目を解き終わったら2問目・3問目の設問と選択肢にすぐ目を通しましょう。

リアルタイムでリスニングをしても、会話の内容を完璧に覚えることは難しいのです。また、試験中は緊張状態にあり、いつものようにリスニングの力が発揮できないことも十分に考えられます。設問と選択肢の先読みをしておくことで、リスニング時の内容が抜け落ちたとしても補完しやすくなり、結果的に正解率のアップに繋がります。

Part4の説明文問題も、長文を聞いて3つの設問を解いていく形式です。基本的な流れは、Part3の会話問題と大きく変わりません。よって対策もPart3と同じく、設問と選択肢の先読みを徹底して行ったうえで音声のリスニングに備えましょう。

産経オンライン英会話Plusからのワンポイントアドバイス!

上記では、リスニングテストにおけるPartごとの問題の特徴と対策をご紹介しました。スコアアップのためには問題の対策と特徴を掴んだうえで、自分自身で問題を解いて慣れることが大切です。その際は、テキストや問題集を活用するのが得策。問題集を活用することで、実際に出題される問題はどのようなものなのか、自身の得意な形式・苦手な形式はどのようなものかを把握できます。

以下では、ワンポイントアドバイスとしておすすめの問題集や教材をご紹介します。

TOEIC® テスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEIC L&Rの公式問題集

出典:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEIC® テスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEIC公式問題集のひとつ。詳しい解説付きで、問題スクリプトに(1)(2)といった記号を表示して、どの箇所の解説なのかも明確にしています。問題集を活用していると「どうしてこれが間違えなの?」と悩むことがありますが、この時間を効率化できるでしょう。ETSによる公式教材であり、計200問の練習テストも収録。本番のテストと同様のプロセスで制作された教材であるため、基礎勉強から本番に向けた総仕上げまで様々なフェーズで重宝する教材です。

公式TOEIC® Listening & Reading問題集8

出典:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会「公式TOEIC® Listening & Reading 問題集 8

TOEIC公式問題集のひとつ。2021年10月に発売された問題集で、音声CDが付属しています。音声は試験本番と同じ公式スピーカーによるもので、勉強の段階で音声に慣れることができます。ETSによる公式教材であり、計400問の練習テストも収録。本番のテストと同様のプロセスで制作された教材であるため、基礎勉強から本番に向けた総仕上げまで様々なフェーズで重宝する教材です。

公式TOEIC® Listening & Readingプラクティス リスニング編

出典:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会「公式TOEIC® Listening & Reading プラクティス リスニング編

こちらは、リスニングパートを総合的に学習したい方に適した公式問題集です。主に350~700点のスコアレベルの方へ向けた構成となっており、300問以上の公式問題と音声CDが収録されています。加えて、学習段階に沿った440語の単語集も別冊付録として付属しています。

Completing TOEIC® L&R TEST Skills Five Practice

「Completing TOEIC Skills Five Practice Tests」は、模擬テスト問題集です。本番と同じ形式の模擬テストが5回分収録されているほか、難易度も本番と同様に設定されています。これまで学んだことの復習やカバーをするほか、試験本番に向けた総仕上げの際にも活用できる教材です。

TOEIC® L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ(TOEIC® TEST 特急シリーズ)

「英単語やフレーズのボキャブラリーに自信がない」という方は、こちらのテキストがおすすめ。「TOEIC L&R TEST 出る単特急」シリーズは、金のフレーズ・銀のフレーズ・金のセンテンスなど複数の種類がラインナップされています。こちらの銀のフレーズは初心者向けの教材で、語彙力の基礎を固めたい方に適しています。

TOEIC® L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

同シリーズの「TOEIC L&R TEST 出る単特急銀のフレーズ」は、初心者向けの単語教材でした。対する「金のフレーズ」は、TOEIC600~990点レベルまでの単語を1,000語収録した教材。初心者はもちろん、中級~上級者まで活用できます。全単語に無料の音声がついており、発音などのチェックも行えます。

なお、産経オンライン英会話Plusでは以下の教材を使ったカリキュラムをご用意しております。オンラインの講師に質問しながらTOEIC対策をするという方法もあります。

Building TOEIC® L&R TEST Skills

Developing TOEIC® L&R TEST Skills

Developing TOEIC Skills
  • スコア650点-750点を目標とする方に最適です。
  • UNIT1~12構成
  • TOEICに出題されるトピックの中でも、ビジネスに関連する話題が比較的多く取り上げられています。
  • 目標スコア取得のために必要な語彙、文法のほか、リスニング、リーディング技術を学びます。
  • 学んだことを定着させるための小テストや模擬試験も付属しています。

Developing TOEIC Skillsの購入はこちらから

Mastering TOEIC® L&R TEST Skills

Mastering TOEIC Skills
  • 850点以上のハイスコアを目指す方に最適です。
  • UNIT1~12構成
  • TOEICに出題されるトピックの中でも、マネジメントに関連する話題が比較的多く取り上げられています。
  • ハイスコア取得に必要な上級レベルの語彙、文法のほか、リスニング、リーディング技術を学びます。
  • 学んだことを定着させるための小テストや模擬試験も付属しています。

Mastering TOEIC Skillsの購入はこちらから

TOEICの場合には数多くの問題集や参考書が出版されています。上記以外にもありますので、自分に適したテキストを購入しましょう。

先程紹介した「〇〇 TOEIC Skills」シリーズのテキストはレベル別に分かれているため、自分のレベルに特化した勉強ができる魅力があります。また、産経オンライン英会話Plusでは、「〇〇 TOEIC Skills」シリーズのテキストを使用してレッスンを受けることができます。

追加で費用を払うことなく、オンライン英会話のプラン料金内でTOEICの対策が可能です(テキストは別途ご購入ください)。

受験までにすべき勉強方法とコツ

スコアアップのためには、「リピート&ディクテーションをする」「オーバーラッピングをする」などの基礎を固めることが大切。例えばリピートすることで英語の音に慣れ、正しい発音やアクセントが身につくようになります。ディクテーションは英文を聞き、聞こえた内容を間違えないように書き取るトレーニング方法。こうすることで自身のリスニングの癖を知ることができ、「自分はどの発音や単語の聞き取りを苦手としているのか」などの点を掴みやすくなります。

オーバーラッピングは、英語の音声に被せるようにして発音を真似ていくトレーニング方法です。音声を聞き、少し遅らせたタイミングで発音を真似ていく「シャドーイング」と併せて実行することで、正しい英語のアクセントやリズムが身につきます。

「知らない単語が多くて問題を理解できない」という状況は避けたいもの。英単語を勉強し、ボキャブラリーを増やす「ボキャブラリービルディング」も重要なのです。

「自己流」の勉強方法は要注意

リピートやオーバーラッピング、シャドーイングなどは自己流ですぐ実践できるのが魅力。その一方で、自己流で正否を判断してしまうと正しい知識や発音が身につかないという一面もあります。特に初心者の場合、「リピートで身についたアクセントやリズムが正しいか」を正確に判断することは難しいでしょう。よって、英語経験者や講師などの指導のもとでこれらの勉強法を実践するのが理想的です。

オーバーラッピング・シャドーイングはレベルに合わせた教材を選ぶ

オーバーラッピングやシャドーイングは、実際の音声を使ってリスニング力や発音力を鍛える勉強法です。したがって、自身のレベルに合わせた教材を選ぶことが重要。単語や文法が複雑すぎたり、音声のスピードが速すぎたりすると思うように学習できません。

英文の意味と音声を結びつける

オーバーラッピングやシャドーイングでは、音声の内容をあらかじめ確認しておくことも大切です。事前に内容を理解しておくことで、発音やアクセントといった「音」と英文の意味が結びつき、理解が早まります。

オンライン英会話の活用も視野に

リスニングは、英語の正しい発音やイントネーションをいかに耳に慣れさせて取り込めるかが鍵となります。その人のスキルによっては、音声CDと問題集のみだと心許ないこともあるでしょう。より確実に学習したいのであれば、オンライン英会話学習を始めるのもひとつの手です。

産経オンライン英会話Plusでは、TOEIC対策に特化したレッスンプランもご用意。TOEICを初めて受験する方をはじめ、さらなるスコアアップを目指したい方にも適したレッスンです。目標スコアに合わせて、リスニング&リーディングスキルをはじめ、基礎的な語彙や文法の知識をオンラインで学習できます。

産経オンライン英会話Plusからのワンポイントアドバイス!

リスニング力を向上させるのならオンライン英会話も活用してみてください。オンライン英会話を受講すれば、リスニングとスピーキングの練習をすることができます。特に産経オンライン英会話Plusの場合には講師がLとRの発音を指摘します。他のオンライン英会話では、LとRの発音を直すのが難しいから、指摘して受講者との関係を悪くしたくないからなどの理由でLとRの発音が間違っていても指摘してもらえないことが少なくありません。どうしてLとRの発音ができるようになると良いのかと言うと、LとRの発音ができるということは、その違いが分かるようになることでもあります。それはリスニングの際にも役立つわけです。ここに挙げたLとRは一例であって、他にもVとBの発音、SとTHの発音など、リスニング力を向上させるには様々な音の違いを知っておく必要があるでしょう。発音をチェックする目的のためにオンライン英会話を活用することも可能なのです。その際は、レッスンの受講前に講師に発音を指摘してほしいと伝えておきましょう。しかし、オンライン英会話を使ったことのない方の場合には「オンライン英会話ってどうなの?」と感じるかもしれません。そこで、産経オンライン英会話Plusでは無料体験レッスンをご用意しております。ぜひ一度試してみてください。

試験当日に使えるテクニック

「設問や選択肢を先読みする」「迷う時間を極力なくす」など、試験当日に使えるテクニックをいくつかご紹介します。自身に合ったテクニックを見つけて、実践してみてください。

テクニック1:イントロダクションと例文が流れている間に設問や選択肢に目を通しておく

前述したように、設問と選択肢の先読みは重要です。TOEIC試験ではイントロダクションが流れますが、テキストや問題集を使った勉強をしていればイントロダクションを聞かなくても出題傾向や解答方法が掴めているはず。よって、イントロダクションと例文の音声が流れている間に設問と選択肢に目を通しておいて問題を予測したり、選択肢にある程度の目星を立てておいたりすると効果的。

先読みをしておくことで、重点的に聞いておくべきポイントが分かりやすくなります。例えば選択肢にかかわる音声が流れれば、その部分に特に注意してリスニングを行えるでしょう。また先読みして問題の展開を予測しておくと、読み上げが終わった時点で正しい解答が分かります。解答に迷う時間を短縮でき、試験にかける時間を節約できるのです。

テクニック2:選択肢を選んだらすぐに次の問題の設問と選択肢を読む

一つの設問を解答したら、すぐに次の設問と選択肢の先読みを行います。「設問と選択肢の先読みをする」「音声を聞いて解答を選ぶ」「次の設問と選択肢を先読みする」というサイクルを繰り返すことで試験時間を節約でき、時間に余裕をもって試験に臨めます。

テクニック3:マークシート専用のシャーペンを使う

リスニングでは、数秒の時間が試験結果を左右するもの。その数秒間を節約するため、マークシート専用のシャーペンを使うのも手です。マークシートをしっかり塗りつぶすと予想以上に時間がかかるため、筆記用具から変えて試験に臨むと良いでしょう。

テクニック4:迷っても1~2秒で答えを決める

リスニングでは、迷う時間を極力減らすことが大切です。リスニングは時間との勝負であり、あまり迷ってしまうと次の先読みや解答に影響が及んでしまいます。長くても1~2秒で解答を決め、次の設問へ移ったほうが結果的に時間や気持ちに余裕が生まれます。

産経オンライン英会話Plusからのワンポイントアドバイス!

リスニングでは設問と選択肢を読んでおくことが成功の秘訣であることはお伝えした通りです。ですから、先に次の問題、その次の問題に目を通しておくことが重要となります。しかし、先に問題を見ても良いのはリスニングのテスト問題のみです。リスニングテスト中にリーディングの問題内容を見る行為が禁止となっていて、禁止行為をした場合には退室処分になったり、スコアを無効化されたりします。理由としては他の受験者とテストにかける時間を均一化することで、より正確に英語力を測ることを目的としているからです。リスニングを諦めたからといって、リスニングで余った時間があるからといって、リーディングの問題を見ることのないように注意してください。

今回はTOEICのリスニング対策についてお伝えしてきました。Partごとに特徴と対策があり、それをもとにして勉強してリスニング力を向上させるとともに、試験中のテクニック・コツを参考にしながら、スコアアップを目指していきましょう。

独学で勉強することも不可能ではないですが、TOEICを受験するのなら、オンライン英会話やスクール英会話の活用も検討してみてはいかがでしょうか?

独学をしている方、もしかして自分だけで勉強することに限界を感じていませんか?
また、中には英会話スクールは金額もしますから、なかなか一歩が踏み出せない方もいるでしょう。

産経オンライン英会話Plusなら、こうしたお悩みを解決できます。安価なプラン料金で、追加料金なしでTOEIC対策のレッスンを受けられます。無料の体験レッスンもご用意しているため、オンライン英会話に不安を感じている方は、まずは無料のレッスンを受講すると良いでしょう。

無料体験お申し込みの後、自動的に料金が発生することはないので、ご安心してお申し込みください。

TOEIC® TESTSの概要・基礎知識

TOEIC(TOEIC / Test of English for International Communication)とは、日常生活やグローバルビジネスで使える生きた英語の力をスコアによって測定する世界共通の筆記試験のことです。「TOEIC Tests」と「TOEIC Bridge Tests」という2つのカテゴリがあり、「TOEIC® L&R TEST」、「TOEIC® S&W TESTS」、「TOEIC SPEAKING」、「TOEIC Bridge L&R TEST」、「TOEIC Bridge S&W TESTS」の5種類の試験があります。

このうち日本でメジャーとなっているのがTOEIC L&Rです。2018年度の受験者数はTOEIC L&Rが約245万6,000人で、TOEIC S&Wが約3万9,300人、TOEIC Bridge L&Rは約16万5,000人です。就職活動やキャリアアップにおいてTOEICのスコアを基準としている企業が多いのですが、対象となるのがTOEIC L&Rのスコアということから、TOEIC L&Rの受験者数は他のテストに比べて圧倒的に多く、世間的にTOEICと言えばTOEIC L&Rを指すようになっています。今回はこのTOEIC L&Rで出題されるリスニングについてお伝えしました。

TOEIC® L&R TESTの概要・基礎知識

■受験費用について
TOEIC L&R TESTの受験費用は7,810円(税込)となっております。

■年間の実施回数と開催時期
TOEIC L&Rは年10回行われます。年によって異なることがありますが、基本的には1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月に開催されます。

■問題について

技能の種類 出題形式 時間 問題数 スコア 合計スコアの限度
Listening(リスニング) マークシート式 約45分 100問 5~495点
(5点刻みのスコア)
10~990点
Reading(リーディング) マークシート式 75分 100問 5~495点
(5点刻みのスコア)

TOEICの試験情報に関しての詳細は「スコアアップに繋がるTOEICの対策基礎知識と勉強のコツ」をご覧ください。


TOEIC is a registered trademark of ETS. This web page is not endorsed or approved by ETS .
*L&R means LISTENING AND READING.
* S&W means SPEAKING AND WRITING.