発音の違いを聞き分けよう!TOEIC® L&R TESTのリスニング対策

発音の違いを聞き分けよう!TOEIC® L&R TESTのリスニング対策

発音の違いを聞き分けよう!TOEICのリスニング対策

TOEIC® L&R TEST (リスニング&リーディング)のスコアは就職・転職の採用活動で選考基準として使われたり、大学入試での選考に活用されたりしています。また、キャリアアップの際に一定のスコア取得を必須としている企業もあります。スコアをアップさせるために、今回はTOEICのリスニング対策方法についてお伝えします。そして、自分の力を最大限に発揮するのに役立つテクニック・コツについてもご紹介しますので、TOEICを受ける方はぜひご一読ください。

TOEIC®TESTSの概要

TOEIC(TOEIC / Test of English for International Communication)とは、日常生活やグローバルビジネスで使える生きた英語の力をスコアによって測定する世界共通の筆記試験のことです。「TOEIC Tests」と「TOEIC Bridge Tests」という2つのカテゴリがあり、「TOEIC L&R」、「TOEIC S&W」、「TOEIC Speaking」、「TOEIC Bridge L&R」、「TOEIC Bridge S&W」の5種類の試験があります。このうち日本でメジャーとなっているのがTOEIC L&Rです。2018年度の受験者数はTOEIC L&Rが約245万6,000人で、TOEIC S&Wが約3万9,300人、TOEIC Bridge L&Rは約16万5,000人です。就職活動やキャリアアップにおいてTOEICのスコアを基準としている企業が多いのですが、対象となるのがTOEIC L&Rのスコアということから、TOEIC L&Rの受験者数は他のテストに比べて圧倒的に多く、世間的にTOEICと言えばTOEIC L&Rを指すようになっています。今回はこのTOEIC L&Rで出題されるリスニングについてお伝えしていきます。

TOEIC® L&R TEST の概要

■受験費用について
TOEIC L&Rの受験費用は6,490円(10%税込)となっております。

■年間の実施回数と開催時期
TOEIC L&Rは年10回行われます。年によって異なることがありますが、基本的には1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月に開催されます。

■問題について

技能の種類 出題形式 時間 スコア 合計スコアの限度
Listening(リスニング) マークシート式 約45分 5~495点
(5点刻みのスコア)
10~990点
Reading(リーディング) マークシート式 約75分 5~495点
(5点刻みのスコア)

TOEICの試験情報に関しての詳細は「スコアアップに繋がるTOEICの対策基礎知識と勉強のコツ」をご覧ください。

TOEIC® L&R TEST リスニング問題の構成

リスニング問題は4つのパートから構成されています。いずれも選択式ですが、問題の種類やシチュエーションが異なります。

パート 問題の種類 問題数 解答形式 問題内容
Part1 写真描写問題 6問 選択式 1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。
Part2 応答問題 25問 選択式 1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。
Part3 会話問題 39問 選択式 2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。
Part4 説明文問題 30問 選択式 アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

パート別のリスニング対策

Part1 写真描写の問題の対策

Part1では問題用紙に1枚の写真が印刷されています。A~Dの4つの選択肢が読み上げられますので、その中から写真を適切に描写しているものを選択します。写真の種類としては人物が映っている写真や風景の写真、物だけが映っている写真などがあります。

人物が映っている写真の場合には、その人物が行っている作業、もしくは状況や服装などついての説明があることがほとんどですので、予測が立てやすい特徴があります。その一方で、物や風景の写真の場合には、どこに焦点が当てられるか予測しにくいため少し難易度は高くなると言えます。ただ、難しい構文などは使われず、例えば“They are sitting at a table.”のように「主語+動詞+修飾語」などと簡単な文法で説明されます。説明文の多くは最初に主語を発しますから、語頭を集中して聞くようにしましょう。

Part2 応答問題の対策

Part2ではワンセンテンスでの質問や文章が放送されます。その質問に対する解答、文章に合致する解答を選択肢の中から選んで答える方式の問題です。リスニングすることになる放送が短いので簡単そうに感じるかもしれませんが、逆に放送から得られる情報が少ないことから難しいと感じる方もいます。ポイントとしては、質問が放送された場合に、語頭が5W1Hで聞かれているのか、“Do”や“Are”、“Can”などで聞かれているのか注意しましょう。5W1Hでの質問の場合に“Yes”や“No”で答える選択肢は誤りだと気づくことができるでしょう。ただし、“Do”や“Are”での質問への解答として、“Yes”や“No”が省略している可能性があることには注意が必要です。

Part3 会話問題とPart4 説明文の対策

Part3とPart4は特徴と対策が似ているため、まとめてお伝えします。Part3では2~3人の会話が1度放送され、Part4では1人の方が話すミニトークが1度放送されます。Part3もPart4も1度の放送につき設問が3問用意されており、放送された内容をもとに設問に適した選択肢を選ぶタイプの問題です。解答のポイントとしては、設問を読む時間がなかったとしても選択肢には目を通しておくことが重要です。1度目を通していればリスニングをした際に注意すべき点が分かります。そのため、Partごとの出題に関する注意事項をアナウンスしている間に1問目の設問と選択肢に目を通しておいてください。そして、1問目が解き終わった瞬間に次の問題の設問と選択肢に目を通していきましょう。設問は放送される内容の順序通りに設問が用意されていることが多く、例えば設問1は放送内容の冒頭に話したものに関する質問、設問2は中間に話したもの、設問3は最後のほうに話したものということです。ただ、すべてがこの形と決まっているわけではなく、設問1で話の全体に関する質問、設問2と3では細部に関する質問となる可能性もあります。このように出題の傾向を知っておくことで、放送された内容と設問の内容を合致させやすくなります。

産経オンライン英会話からのワンポイントアドバイス!

Partごとの問題の特徴と対策をお伝えしましたが、自分自身で問題を解いて、実際にどのような問題があるのかを体感しておくことが重要です。そして自分が得意な問題形式、苦手な問題形式を把握してください。その上で苦手な箇所を克服するのか、もしくは苦手な箇所は諦めて得意な箇所でカバーするのかといった戦略を立てていきましょう。こうした出題傾向の把握するために、問題集・参考書を活用していきましょう。

公式問題集( TOEIC® L&R TEST )

TOEIC L&Rの公式問題集

公式問題集(TOEIC® L&R TEST)

出典:TOEIC® テスト公式問題集 新形式問題対応編

なお、産経オンライン英会話では以下の教材を使ったカリキュラムをご用意しております。オンラインの講師に質問しながらTOEIC対策をするという方法もあります。

Building TOEIC Skills
  • UNIT1~14構成
  • TOEICに出題されるトピックの中でも、日常生活に関連する話題が比較的多く取り上げられています。
  • スコア450点突破を目指すのに必要な語彙、文法のほか、リスニング、リーディング技術を学びます。
  • 出題形式に慣れるための小テストや模擬試験も付属しています。

「Building TOEIC Skills」の購入はこちらから

Developing TOEIC Skills
  • スコア650点-750点を目標とする方に最適です。
  • UNIT1~12構成
  • TOEICに出題されるトピックの中でも、ビジネスに関連する話題が比較的多く取り上げられています。
  • 目標スコア取得のために必要な語彙、文法のほか、リスニング、リーディング技術を学びます。
  • 学んだことを定着させるための小テストや模擬試験も付属しています。

Developing TOEIC Skillsの購入はこちらから

Mastering TOEIC Skills
  • 850点以上のハイスコアを目指す方に最適です。
  • UNIT1~12構成
  • TOEICに出題されるトピックの中でも、マネジメントに関連する話題が比較的多く取り上げられています。
  • ハイスコア取得に必要な上級レベルの語彙、文法のほか、リスニング、リーディング技術を学びます。
  • 学んだことを定着させるための小テストや模擬試験も付属しています。

Mastering TOEIC Skillsの購入はこちらから

TOEIC® L&R TESTでスコアアップするための対策

リピートする

英語の音に慣れるためには、リピートすることが大切です。過去問を解き終わった後には、リスニングの問題として出題された内容に関して英語の音を体が覚えるように何度もリピートしていきましょう。CDなどの正確な発音を聞きながらリピートすることで、正しいリズムやアクセントを自然と身につけることができるはずです。

ディクテーションをして音を正確に聞き取る

ディクテーションとは、英文を聞いて、その聞こえた内容を一字一句間違えないように書き取る練習方法です。書き取ることによって、自分がどの単語を聞き取れなかったのかを把握することができます。これを継続して行うことで、自分はどの発音、どの単語が聞き取りづらいかを知ることができます。苦手な部分が分かったら、その部分を徹底的に聞き取り練習してください。こうしてディクテーションを上手く活用していけば、リスニング力を向上させることができるでしょう。

オーバーラッピング

オーバーラッピングとは、英文を見た状態で、外国人の発する、あるいはCDから流れる正しい発音の英語に被せるようにして発音していく方法です。オーバーラッピングをしていくと、英語のリズムやアクセントが分かるようになります。ディクテーションで使った音源を活用してオーバーラッピングしていくといったように、上手く活用して学習を進めていきましょう。

シャドーイングする

シャドーイングとは、英文を聞きながら、少し遅らせて発音していく練習方法です。このときに英文は見ずに聞いた英文だけを頼りに言葉に出していきます。多少は間違っても問題はないので、英文のスピードに合わせて進めていきましょう。ポイントは、英語の日本語訳を頭に浮かべる必要はなく、聞こえた英語を発音していくことです。英語に慣れていないと難しいので、リピートで英語の音に慣れた頃に、英語をゆっくりと流してシャドーイングをしていきましょう。

実際のテストと同じように練習する

勉強をしているときには、試験の時間を気にしないかもしれません。例えばCDを使って過去問を解くときは、途中でCDを止めてスマートフォンをいじったりトイレに行ったりと自由に勉強する方も少なくないでしょう。当然ですが、実際のテストでは途中で音源を止めることはできません。普段止めて勉強していると、実際のテストの際に普段通りに実力を出すことができなくなってしまうかもしれません。集中力のトレーニングという意味でも、1回の学習でリスニングの100問をまとめて解きましょう。ただ、どうしてもまとまった時間が取れない場合にはPartごとに区切って勉強しても良いかもしれません。

すき間時間を有効活用する

効率良く勉強してTOEICで高得点を取るためには、電車の待ち時間や休憩時間など、すき間時間を上手に活用する必要があります。すき間時間に英単語を1つ2つ覚える、リスニングの問題を1回聞く、そうした細かい学習を積み重ねていきましょう。5分でできること、10分あればできることなどのように学べることを分類しておくと、急遽時間が空いたときに、そのすき間時間を有効活用できるため、参考にしてみてください。

また、TOEICには公式の勉強用アプリ「TOEIC® presents English Upgrader」があります。このアプリでは、「今日のフレーズ」や「理解度チェッククイズ」などがあり、リスニングの学習ができます。重い参考書や問題集を持ち歩かなくても、すき間時間にパッと勉強できる便利なアイテムです。こうしたアプリも活用してリスニングのスコアを向上させていきましょう。

働いていたり英語以外の勉強に忙しかったりする場合に、TOEICの勉強時間がなかなか確保できない方もいるでしょう。その場合には通勤や通学のちょっとした時間を使うことがポイントとなります。しかし、参考書や問題集を持ち歩くのは重いですよね。そこで役に立つのがスマホアプリです。TOEICの勉強用アプリは数多くあります。「TOEIC® presents English Upgrader」というTOEICの公式アプリもありますので、こちらを利用してみるのも良いでしょう。

出典:TOEIC「スマートフォンアプリ

英単語を学ぶ

リスニングをするに当たって、ボキャブラリーを増やすことは非常に重要です。リスニングに限ったことではありませんが、自分の分からない単語が多いと文章を理解できません。すき間時間を活用するなどしてコツコツと知っている英単語を増やしていきましょう。リスニングの問題を解いていくうちに知らないものが出てきたときには、そこですぐに覚えてしまいましょう。また、英単語を覚えるときに重要なのが、スペルを覚えるのではなく音を覚えるようにすることです。単語帳にCDがついていることもありますし、辞書で音声の出せるものもあります。リスニングをしたときに単語を把握できるよう、単語を音で覚えていきましょう。以下に紹介する公式ボキャブラリーブックなら、音声をダウンロードしてパソコンやスマートフォンで英単語や例文の発音を聞くことができます。

産経オンライン英会話Plusからのワンポイントアドバイス!

リスニング力を向上させるのならオンライン英会話も活用してみてください。オンライン英会話を受講すれば、リスニングとスピーキングの練習をすることができます。特に産経オンライン英会話の場合には講師がLとRの発音を指摘します。他のオンライン英会話では、LとRの発音を直すのが難しいから、指摘して受講者との関係を悪くしたくないからなどの理由でLとRの発音が間違っていても指摘してもらえないことが少なくありません。どうしてLとRの発音ができるようになると良いのかと言うと、LとRの発音ができるということは、その違いが分かるようになることでもあります。それはリスニングの際にも役立つわけです。ここに挙げたLとRは一例であって、他にもVとBの発音、SとTHの発音など、リスニング力を向上させるには様々な音の違いを知っておく必要があるでしょう。発音をチェックする目的のためにオンライン英会話を活用することも可能なのです。その際は、レッスンの受講前に講師に発音を指摘してほしいと伝えておきましょう。しかし、オンライン英会話を使ったことのない方の場合には「オンライン英会話ってどうなの?」と感じるかもしれません。そこで、産経オンライン英会話では2回分の無料体験レッスンをご用意しております。ぜひ一度試してみてください。

無料会員登録バナー

TOEIC® L&R TESTでスコアアップするためのテクニック・コツ

リスニングのスコアを上げる方法として、そもそものリスニング力を向上させるだけでなく、テクニックを知っておくことも重要です。

テクニック・コツ1:イントロダクションと例文が流れている間に設問や選択肢に目を通しておく

リスニングの問題ではPartごとに出題・解答方法の説明としてイントロダクションと例題が放送されます。問題集や参考書で出題傾向を把握していれば、そのイントロダクションと例題は聞かなくても出題・解答方法は分かるはずです。その放送中に、最初の問題の設問や選択肢に目を通しておきましょう。Partごとの対策でもお伝えしましたが、設問や選択肢をあらかじめ読んでおくことによって、問題を予測できますし、選択肢にかかわるような内容が放送されたときに注意して聞くことができます。

テクニック・コツ2:選択肢を選んだらすぐに次の問題の設問と選択肢を読む

選択肢を選んだら次の問題の設問と選択肢を読み始めましょう。理由はテクニック・コツ1と同様で、設問と選択肢を見ておくことで問題が理解しやすくなるからです。例えばPart1の場合、選択肢が順々に読まれていくことになりますが、正解が分かったら次の選択肢のアナウンスを聞かず、次の問題に目を移しましょう。

テクニック・コツ3:マークシート専用のシャーペンを使う

マークシートを塗りつぶすのは意外と時間がかかります。マークシート専用の太めのシャーペンがありますので、それを使うことによってマークシートを塗る時間を短くすることができます。ほんの数秒の差かもしれませんが、リスニングにおいてはその数秒が大きな違いとなります。スコアをアップさせるために、マークシート専用のシャーペンを活用していきましょう。

テクニック・コツ4:迷っても1~2秒で答えを決める

リスニングの問題を解いていく中で、選択を迷うこともあるでしょう。その場合でも悩む時間を極力短くすることが大切です。悩んでいるうちに、次の問題の設問と選択肢を読む時間がなくなってしまいます。そうなると、次の問題でまた答えに悩むことにもつながってしまい、後手に回ってしまうかもしれません。ですので、迷ったとしても1~2秒ほどで答えを決めてマークしていきましょう。

産経オンライン英会話からのワンポイントアドバイス!

リスニングでは設問と選択肢を読んでおくことが成功の秘訣であることはお伝えした通りです。ですから、先に次の問題、その次の問題に目を通しておくことが重要となります。しかし、先に問題を見ても良いのはリスニングのテスト問題のみです。リスニングテスト中にリーディングの問題内容を見る行為が禁止となっていて、禁止行為をした場合には退室処分になったり、スコアを無効化されたりします。理由としては他の受験者とテストにかける時間を均一化することで、より正確に英語力を測ることを目的としているからです。リスニングを諦めたからといって、リスニングで余った時間があるからといって、リーディングの問題を見ることのないように注意してください。

今回はTOEICのリスニング対策についてお伝えしてきました。Partごとに特徴と対策があり、それをもとにして勉強してリスニング力を向上させるとともに、試験中のテクニック・コツを参考にしながら、スコアアップを目指していきましょう。


TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This web page is not endorsed or approved by ETS .
*L&R means LISTENING AND READING.
* S&W means SPEAKING AND WRITING.

関連記事