オンライン英会話で上達しない人と上達する人の特徴とは?

オンライン英会話で上達しない人と上達する人の特徴とは?

オンライン英会話で上達しない人と上達する人の特徴とは?

就職活動を控える学生さんや生徒さんは、就職に関するさまざまな疑問をお持ちでしょう。その1つとして、「就職活動に英語力や語学力は必要なの?有利になる?」という疑問があります。どの業界・どの企業・どの職種を目指すかによって、英語力が必要になるかどうか異なります。ただ、実際に業務で英語を使わない場合でも、英語資格を取得していれば履歴書等でアピールすることができます。

「オンライン英会話で、英語は上達するの?」、そう疑問に思ったことはありますか?オンライン英会話を検討している方、始めたばかりの方は特に、こうした疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。

上達する方もいれば上達しない方もいますが、それぞれに特徴があります。そこで、今回はオンライン英会話を活用して英語が上達する方の特徴と、上達しない方の特徴をご紹介しますので、ご自身が上達しない方の特徴に当てはまる行動をしていないかどうか考えてみてください。そして、英語力を向上させるため、上達する方が行っていることを真似してみてはいかがでしょうか。

「オンライン英会話で英語が上達しない」の真相は?

「オンライン英会話で英語が上達する?」という疑問や「オンライン英会話を使っても上達しなかった」といった声を、耳にすることがあります。オンライン英会話で英語が上達するのかという疑問に関してですが、結論から言えば、オンライン英会話を活用して英語が上達する方は数多くいます。それにもかかわらず、こうした疑問や意見があるのはどうしてなのでしょうか?

当然と言えば当然ですが、通学型の英会話スクールであっても、オンライン英会話であっても、レッスンを受ければ必ず上達するわけではありません。学校の授業を受けるだけでは定期テストで結果を出しにくいのと同じように、英会話スクールやオンライン英会話のレッスンを受けるだけでは十分な英語学習ができているとは言えないということです。

あくまで英会話スクールやオンライン英会話は、英語学習のサポートとして捉えるべきでしょう。もちろんレッスンでは受講生の英語力が向上するように、講師は様々なメソッドを用いたり、様々なアプローチをしたりしています。こうした英会話スクールやオンライン英会話のサポートを上手く活用できるかどうかがポイントになります。

では、実際にオンライン英会話で英語が上達しない方と、上達する方にはどんな違いがあるのでしょうか?

上達しない方と上達する方、それぞれの特徴をご紹介しますので、これを参考にしてオンライン英会話の活用法を考えてみてください。

オンライン英会話で上達しない方に見られる特徴とは?

オンライン英会話で上達しない方には、いくつか共通する特徴があります。

レッスン以外の時間に勉強していない

ただ単にオンライン英会話のレッスンを受けるだけでは、英語力を向上させるチャンスを逃しています。人間の脳は忘れるようにできていますから、レッスン中に1度聞いただけの英単語や英語表現をすべて覚えておくことは不可能と言えるでしょう。「エビングハウスの忘却曲線」をご存知の方も多いと思いますが、学習してから1時間経つと覚えたことの56%を忘れ、1日後には74%、1週間後には77%を忘れてしまいます。インプットとアウトプットを繰り返すことで、記憶が定着しやすくなり、やがて時間が経っても覚えていられるようになるのです。もうお分かりのように、せっかく習った内容もレッスンを受けただけでは忘れてしまうため、レッスン以外の時間を活用して予習・復習することが大切なのです。

新しい単語や表現を覚えない

レッスンでは新しい単語や表現、文法などを学びますが、オンライン英会話で英語が上達しない人は、新しい言葉を使おうとする意識が低い傾向があります。先ほどもお伝えしたように新しいことを覚えるには何度も繰り返してインプット・アウトプットする必要があり、新しく習った単語や表現を使おうとしなければ、すぐに忘れてしまうでしょう。レッスンで習ったものは、そのレッスン中だけ使おうとするのではなく、復習する際に新しく覚えた単語や表現を使った文章を考えてみたり、次のレッスンを受講する時に前回習った単語や表現を使ってみたりするなど、工夫して新しい単語や表現を使えるようにしていきましょう。

レッスンで発する会話が少ない

「気がついたら講師ばかりが話している…」、こうした状況は注意が必要です。レッスン中は積極的に意見を伝えたり、質問をしたりするなど、アウトプットを増やしていくべきです。英語を話すことは慣れないうちは照れ臭く感じたり、英語が正しいかどうか気になったりして上手く発言できないかもしれません。しかし、最初のうちは正しいかどうかよりもコミュニケーションのために発する回数を増やしていくべきです。そうして慣れてきたら、正しい英語表現、正しい発音を意識していくように段階的に学習を進めていきましょう。

レッスン内容がフリートークばかり

オンライン英会話のレッスンと言うと、「調子はどう?」「今日は何があった?」「週末はどうだった?」といったように英語でフリートーク・雑談をするイメージがあるかもしれません。たしかにオンライン英会話のレッスンの中にはフリートークで行う場合もありますが、それだけではなく、テキストを使って体系的に英語学習を進めることも可能です。フリートークは英語を話せるような気持ちになって楽しく感じますし、話が盛り上がればすぐに時間が経ってしまいます。目的があってフリートークのレッスンにしているのなら良いのですが、漠然と雑談をしてしまう場合には特に新しい学びもなく、ただ楽しい時間を過ごすだけになってしまうので注意が必要です。英会話に慣れないうちはテキストを活用して、レッスンごとにテーマを設けることで英語の上達につなげましょう。

レッスンのレベルが合っていない

レッスンの内容が自分に合っていないのも好ましくありません。自分のレベルよりも、かなり高いレベルのテキストを使ってレッスンを受ける場合には、理解できないままにレッスンが先に進んでしまう、あるいは理解ができずレッスンが先に進まない状況に陥ってしまいます。一方で、自分のレベルよりも、かなり低いレベルのテキストを使ってレッスンを受ける場合には、既に知っている単語や表現ばかりが使われるため、新しく何かを学ぶことは期待できません。GCAT(ジーキャット)CASEC(キャセック)などの英語試験を活用して自分の英語力を把握し、自分のレベルに合ったレッスンを選びましょう。

もし、自分にはどんな勉強が必要か分からないのであれば、コーチング型短期集中プログラムをおすすめします。このプログラムであれば、コンサルタントがあなたの英語力や目標に合わせて学習内容をプランニングしてくれますし、英語で分からないことがあればいつでも何回でも質問することができます。

コーチング型 初心者脱出!短期集中プログラム

オンライン英会話で上達する方に見られる特徴とは?

次に、オンライン英会話で上達する方に共通する特徴を確認しましょう。5つの観点(「目標」「レッスンの環境」「レッスンのスケジュール」「レッスンの取り組み方」「英語の勉強」)でご紹介していきます。読んでいく中であなたご自身の状況に当てはめて考え、自分に足りていないところや注意すべきと感じたところは意識して補っていきましょう。

(1)目標について

≪上達する方の特徴≫

  • 英語学習の目標を決めている
  • 目標を達成するためにいつまでに英語力をどれくらい伸ばすか具体的に決めている
  • 毎回のレッスンにおける目標を決めている
  • 定期的に英語試験を受けて自分の英語力を客観的に把握している

上達する人は目標をしっかりと決め、現実的にどう達成するかまで落とし込んで考えています。最終的な目標に向けて、どのタイミングでどこまで到達するかをスケジューリングし、毎回のレッスンで何を学ぶのかを明確にしているのです。また、定期的に英語試験を受け、目標に対して自分がどの地点にいるのか、どのくらい成長したのかを把握しています。

産経オンライン英会話Plusでは、自分の現在の英語力を把握できるGCAT(ジーキャット)をご用意しております。このGCAT(ジーキャット)は、日常英会話ビジネス英会話で、「初級」「初中級」「中級」「中上級」がそれぞれ終わったタイミングで習得度合いを測るのに役立ちます。追加料金なしでレッスンの代わりに受けることができるので、自分の英語力を把握するためにもぜひ受験してみてください。

(2)レッスンの環境について

≪上達する方の特徴≫

  • 自分の目標に合ったレッスン内容や教材を選んでいる
  • 自分のレベルに合ったレッスン内容や教材を選んでいる
  • 少し簡単と思えるレベルのレッスンから始める
  • 自分に合う講師を複数見つけている

オンライン英会話では使用するテキストを選べます。「日常英会話」のテキストや「ビジネス英会話」のテキスト、英語試験の対策テキスト、など、様々な種類のテキストがありますし、テキストの難易度も複数あります。ご自身の目的やレベルに合わせてテキストを選び、レッスンの内容を決めていきましょう。なお、産経オンライン英会話Plusのテキストについて詳しくはこちらのテキスト教材をご参照ください。
オンライン英会話を始めたばかりの頃は、少し簡単と思えるくらいのレッスン内容がおすすめです。少し余裕があったほうがオンライン英会話でのレッスンに慣れますし、「できた」「分かった」という気持ちが英語学習へのモチベーションを高めてくれるでしょう。

また、お気に入りの講師を見つけることもモチベーション維持には大切です。講師と受講生とは言っても、人と人がコミュニケーションを取ることになりますから、合う・合わないがあるでしょう。価値観や考え方が合う講師がいれば、毎回のレッスンが楽しくなり、モチベーションが維持しやすく、継続して英語学習を進めやすくなります。様々な講師のレッスンを受け、自分に合う講師を見つけてみてはいかがでしょうか。

このように、オンライン英会話で英語が上達する人は、「レッスン内容や講師が自分に合わない」と嘆くのではなく、自らレッスンの環境を整えるために工夫しています。

(3)レッスンのスケジュールについて

≪上達する方の特徴≫

  • レッスンのスケジュールを固定化している
  • 継続的にレッスンを続けている
  • レッスン後すぐに次の予約をしている

レッスンのスケジュール管理も大切な要素の1つです。どんなに英語が好きでも、たまには勉強をさぼりたくなることもありますよね。そう感じた時に一度休んでしまうと、次も休みたくなってしまいますし、心が折れてしまうこともあるでしょう。こうした状況を避けるためにも、続けるための仕組み作りが大切になります。

特にオンライン英会話の場合には、好きなレッスン時間を自分で予約することから、気軽にお休みできてしまいます。オンライン英会話で英語が上達する人の場合には、受講スケジュールを固定化して「毎日何時からレッスンをする」などと決めておく、あるいはレッスンが終わったタイミングですぐに次回の予約をするなどの工夫をして、継続的にレッスンを受ける仕組みを作っています。

(4)レッスンの取り組み方について

≪上達する方の特徴≫

  • 発言の数を増やしている
  • 短くならないよう適度な長さで話すように心掛けている
  • 不明点・疑問点があればすぐに聞く
  • 講師に対してレッスン内容等のリクエストを出す
  • 自分が話した内容を録音している
  • レッスン自体を楽しんでいる

オンライン英会話で上達する方は、レッスンに対する姿勢が、より積極的です。レッスン中には自発的に発言をしますし、何か疑問があればすぐに質問をします。また、レッスンごとの目標に合わせて講師にリクエストを出しています。例えば、レッスンを進める中でLとRの発音が使い分けられていなかったら指摘してほしいといったようにリクエストして、自分の苦手分野を克服するために行動しています。

加えて、レッスンを録音する方もいます。レッスン内容を録音しておけば、講師の発音を繰り返し聞き、発音の練習をすることができます。それに自分の発音を客観的に聞けるので、講師の発音と比べて何がどう違うのかを把握することができます。

(5)英語の勉強について

≪上達する方の特徴≫

  • レッスン以外の時間にも英語に触れている
  • レッスン前には必ず予習している
  • レッスン後は必ず復習している
  • 講師から学んだ英単語や表現、イディオムを繰り返しインプット・アウトプットしている

英語力は、レッスンだけ受ければ向上するというものではありません。英語学習にオンライン英会話も取り入れながら、学習の一環としてレッスンを活用すると考えると良いでしょう。そのうえで、オンライン英会話をより効果的に活用するために、レッスンの前後には予習・復習を行いましょう。講師から学んだ英単語や表現などは、徹底的にインプット・アウトプットを繰り返して暗記し、使える英語として身につけましょう。

【関連】
オンライン英会話を効果的に活用する方法を徹底解説!

今回はオンライン英会話で英語が上達しない方と、上達する方の特徴についてご紹介しました。それぞれの特徴を知り、「どんな違いがあって、なぜ英語が上達しないのか」把握できたのではないでしょうか?上達する方の行動を真似し、オンライン英会話を上手く活用してみてください。

「オンライン英会話にちょっと興味はあるけれど、なかなか踏み出せない…」、「料金の安いのは魅力的だけど実際どうなの?少し抵抗がある…」そう考えている方のために、産経オンライン英会話Plusなら、2回分の無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

無料会員登録バナー