フィリピンへの短期留学はどう?メリット・デメリットや費用は?

フィリピンへの短期留学はどう?メリット・デメリットや費用は?

フィリピンへの短期留学はどう?メリット・デメリットや費用は?

留学先はどの国にしようかな…フィリピンはどうだろう?
フィリピンへの短期留学で英語力が上がるのなら行くけれど…意味はあるの?

そう疑問に思っていませんか?留学での生活などを具体的にイメージができるようになれば、悩みを解決しやすくなるでしょう。そう考え、フィリピン短期留学のメリット・デメリットから、スケジュール感、費用などをお伝えしていきますので、これを基に検討してみてください。

フィリピンってどんな国?

フィリピンは7,000超の島々が集まってできた東南アジアの国の1つ。日本の南西にあり、東京からなら飛行機を使って約4時間半で移動できます。日本との時差は1時間程度のため時差の激しい国と比べて生活に馴染みやすく、かつ移動時間が少ない分、英語の勉強に時間を割くことができます。

なお、気候に関して言えばフィリピンは年間を通して暖かい特徴があります。平均気温は26~27度、日本の夏のような天気ですが日本ほどジメジメはしていません。

フィリピンの言語環境

フィリピンの公用語は、タガログ語やビサヤ語、英語。アメリカとイギリスに次いで英語を話す方が多い国です。フィリピンでは小学校に入学すると徹底した英語教育が始まります。小学校から英語教育が始まるのは日本も同じですが、フィリピンでは公用語になっているという大きな違いがあります。
学校教育で英語を学ぶため、フィリピン人の話す英語にはスラングやくだけた表現が少ない特徴があります。個人差はありますが、フィリピン人はこうしてノンネイティブとして英語学習をした経験があるために、英語学習者のつまずきやすいポイントを把握しています。そのため、教え方が上手な教師・講師も多いのです。

短期留学の期間はどのくらい?1日のスケジュールは?

短期留学とは、基本的に1週間~2週間程度の留学のことを指します。先ほどお伝えしたように、東京から飛行機を使って約4時間半でアクセスできます。フィリピンは日本から近いため、1週間という短い期間の留学でも英語を学ぶ時間を多く確保できます。どのくらいのスケジュール感で学ぶことができるのか、1日のスケジュールと、短期留学の全体のスケジュールを見てみましょう。

1日のスケジュール

時間 内容
7:00 ~ 朝食
8:00 ~ 12:00 授業(1時間目~4時間目)
12:00 ~ 13:00 お昼休憩
13:00 ~ 17:00 授業(5時間目~8時間目)
17:00 ~ 18:00 夕食
18:00 ~ 自由

1週間・2週間の短期留学のスケジュール

日曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
1週目 フィリピン到着 オリエンテーション 授業 授業 授業 授業 自由行動
2週目 自由行動 授業 授業 授業 授業 授業 帰国日

留学が1週間の場合には1週目の土曜、もしくは日曜に帰国になります。大体このスケジュールで留学が行われます。

フィリピン短期留学で効果はある?英語力は上がる?

フィリピンへの短期留学を検討している方にとっては、「英語力が上がるのかどうか」、「留学に行く意味があるのかどうか」は気になるところでしょう。前者の疑問「英語力が上がるのかどうか」に関しては正直なところ、一概には言えません。短期間であっても英語力が上がる方もいれば上がらない方もいます。もちろんこれは短期留学に限ったことではありません。長く留学したからといって、英語力が上がるわけではないのです。英語力を上げるためには、留学の前後の学習や、留学時の予習復習を欠かさずに行いましょう。

後者の疑問「留学に行く意味があるのかどうか」に関しては、意味があると感じます。留学に行けば、必然的に英語を話す必要が生じます。周囲とコミュニケーションを取るにしても買い物をするにしても、英語を話さなければ・聞き取れなければ困るような環境に身を置くことができるのです。多少なりとも英語しか話さない環境で過ごすことは、英語力向上に役立つことでしょう。それに留学先の授業は1日に平均で7時間~9時間。スパルタ式の留学の場合には早朝や夕食後に授業が組まれ、さらに長い間英語を学ぶことができます。このように英語漬けの毎日を過ごせます。

また、留学は人生の経験としても良い機会となるでしょう。日本で暮らしていると、日本でのスタンダードに慣れてしまっていますが、海外に行くと今まで当たり前と思っていたことが通用しないこともあります。分かりやすいところで言えば、日本では席を取っておく目的のために、荷物を置くことがありますが、海外で同じことをすると荷物が盗まれてしまいます。海外の文化・マナー、何が普通なのかを肌で感じられる留学は、非常に貴重な機会となるはずです。

それでもなお、フィリピンへの短期留学をするかどうか、判断に迷ってしまう方もいるでしょう。その悩みを解決するための手がかりとして、短期留学のメリット・デメリットをお伝えします。これを基に自分に適しているかどうかを考え、「短期留学をするかどうか」、「期間を延ばすかどうか」を検討しましょう。

1週間~2週間の短期留学における4つのメリット

メリット1:高いモチベーションで英語を学習しやすい

長期の留学ともなると、最初のうちは英語学習のモチベーションを高く持っていたとしても途中でやる気が落ちてしまうこともあります。例えば、留学先で友達が増え、夜遅くまで遊んでいて授業中に眠くなってしまう場合などがあります。少しくらい良いだろうと思って、必要以上に遊んでしまうのでしょう。もちろん息抜きは大切ですが、必要以上に遊んでしまうのが良いとは思えません。

その一方で、1週間~2週間の短期間の留学であれば集中して取り組み、少しでも英語力を鍛えようと思うのではないでしょうか。最初の高いモチベーションを維持した状態で授業を受けられ、濃密な時間を過ごすことができるでしょう。

メリット2:リーズナブルに日本語が通じない環境に身を置ける

先にもお伝えした通り、ちょっとした買い物でも英語を話さなくてなりません。このように日本語の通じない環境に身を置くのは非常に有意義なことでしょう。ご存知の通り、留学には高額の費用がかかってしまうのですが、フィリピン留学であれば費用を大幅に抑えられます。アメリカとイギリスに次いで英語を話す人数の多いフィリピン。そんな英語圏の国でありながらアメリカ・イギリスに比べると、物価や航空券が安いため、留学費用は欧米留学に比べるとおおよそ1/3から1/4程度となります。また、長期間の留学よりも期間が短くなるほうが当然、費用は安くなります。フィリピンの短期留学であれば、リーズナブルでありながら英語漬けの環境に身を置くことができる魅力があるのです。

メリット3:短い休暇でも留学が可能

フィリピンの短期留学の場合には1週間でも十分に英語の勉強時間を確保できます。留学というと、学生が行くことをイメージしがちですが、社会人の方でも、留学が可能というメリットがあります。例えば、カレンダー通りに休みとなる会社の場合には、航空券は高くなってしまうものの、お盆の時期やゴールデンウィークなどの時期を使って留学が可能です。もし社会人の場合には、このように会社に勤めながら短期留学する以外にも、転職の間に英語力を向上させる方法の1つとして短期間留学を活用することもできます。

メリット4:環境が合わなくても期間が短いのですぐに諦めず最後までやり遂げやすい

留学先の国では、日本とは生活環境も違えば、食べるものも異なります。フィリピンに限った話ではありませんが、自分が留学先の国の食事や文化・気候などに合うと感じる方がいる一方、合わないと感じる方がいるのも当然のことです。合わないと感じた場合には留学先で過ごすのは苦痛かもしれません。しかし、1週間や2週間の短期留学なら自分と合わない環境でも、すぐに諦めず最後までやり遂げやすいのではないでしょうか。

1週間~2週間の短期留学における2つのデメリット

デメリット1:短期留学だけでは英語力を上げにくい

英語力はすぐに上がるわけではありません。日本にいてもそうですが、短期で海外に留学しても同じことが言えます。何も準備せずに短期留学だけで英語力を上げようと思ってもそれは無謀な話です。「英語がまったくできないのに、海外留学したら英語ができるようになった」と聞くこともありますが、これは長期間留学した場合がほとんどでしょう。英語しか通じない環境に、長く身を置いたことで、耳が英語に慣れた状態かと思います。

ただし、短期留学は英語力向上に役立たないわけではありません。留学では密度の濃い学習ができると考えると良いでしょう。留学の前にしっかりと学習して、留学中はひたすらアウトプットし、帰国後も学習を続けてください。

デメリット2:他の留学生とのコミュニケーションが少ない

留学のメリットの1つには、様々な国から来ている他の留学生と友達になれることが挙げられます。他の留学生と友達になることでコミュニケーションが増え、おのずと英語で話す機会も増えていきます。そうすることで、先生以外の人とも英語を使うことに繋がり、アウトプットの機会となります。しかし、フィリピン短期留学の場合には他の留学生と交流する時間が短いのが特徴です。フィリピン留学ではマンツーマンでの授業が多く、他の留学生との交流は食事の時間や授業が終わってからの自由時間、そしてグループレッスンの時間です。1週間ほどの短期留学の場合には、仲良くなってきたタイミングで帰国となります。そうした面はデメリットとも言えるでしょう。

留学先の国として、フィリピンを選ぶメリット・デメリットに関してはこちらの「フィリピン留学ってどうなの?特徴やメリットについて」をご参照ください。

短期留学での学校選びの4つのポイント

ポイント1:政府に認定されている学校か

フィリピンにはTESDA(テスダ)という教育機関があります。留学が可能なのは、このTESDAに認定されている学校のみとなります。しかし、一部の学校ではTESDAの認定審査中にもかかわらず留学生を受け入れる場合もあります。まずはTESDAに認定されているか確認しましょう。

ポイント2:授業の時間数

英語を学びに行きますから、授業については注目したいところです。1コマ当たりの授業時間と、1日のコマ数を確認してください。また、フィリピンでの授業はマンツーマンが中心となりますが、マンツーマンのレッスンがどのくらいのコマ数かも着目してみるのも良いでしょう。

ポイント3:寮の設備

フィリピンに留学する際には寮で暮らす方も多いでしょう。寮によってはテレビがないこともありますし、シャワーでお湯が出ないこともあります。1週間や2週間と短い間ですから我慢はできると思いますが、シャワーのお湯が出ないために冬場なら困ってしまうでしょう。学習においてオンとオフの切り替えは大切ですから、オン=英語の学習時間や環境できる環境があるかをチェックするとともに、オフ=授業の時間外でリラックスできる環境があるかについてもチェックしておきましょう。

ポイント4:学校の立地

フィリピン留学の場合には、学校に隣接した寮で暮らすことになります。そのため、学校の立地をチェックすることは留学時に生活する場所をチェックすることでもあります。治安の良さや、観光地の近さ等、自分の気になる視点から検討してみてください。ただ、自分で調べるのは骨が折れるかもしれません。そこで、留学を支援してくれるサービスなどを活用すれば、フィリピン留学に詳しい専門家があなたの要望に合わせておすすめを紹介してくれるでしょう。

短期留学でかかる費用

項目/期間 1週間 2週間
入学金 約1万円~1万5,000円 約1万円~1万5,000円
SSP(特別就学許可証) 約1万5,000円 約1万5,000円
授業料・寮の費用 約7万円 約9万円
光熱費 約1,000円 約1,500円
教材費 約2,000円 約2,000円
渡航費(往復) 約6万円 約6万円
交際費 約5,000円 約7,000円
海外旅行保険料 約3,000円 約5,000円
合計 約16万円 約19万円

英語漬けのフィリピン短期留学で英語力をUPさせよう

フィリピンの短期留学では朝から晩まで英語の授業を受けられます。英語漬けで密度の濃いものになるはずです。特にフィリピンではマンツーマンの授業も多いですから、あなたの英語力に合わせて教えてもらえるでしょう。安く、短期間で、留学をして英語を学びたいのであれば、フィリピンへの短期留学を検討してみてはいかがでしょうか。ただし、留学での英語学習を最大限に活かすためには、留学の前後で英語を学ぶこと、それから留学中に授業の予習復習をすることが重要です。正直なところ、英語を何も聞き取れないような状態で短期留学に行ったとしても、英語力が向上せず、何を話しているか分からない状態のまま帰国となってしまうでしょう。留学の前に、ある程度英語が分かる状態にまで学習しておく必要があるのです。


無料会員登録バナー