マンツーマンのオンライン英会話ってどう?メリット・注意点とは

マンツーマンのオンライン英会話ってどう?メリット・注意点とは

マンツーマンのオンライン英会話ってどう?メリット・注意点とは

「マンツーマンのオンライン英会話ってどうなの…?」と、これから英会話の勉強をするに当たって、こうした疑問を持つ方もいるかもしれません。グループレッスンなどと比較して、マンツーマンのオンライン英会話はどうなのか?自分に適した方法なのか?などを、こちらを読み進めて考えていきましょう。

マンツーマンのオンライン英会話とは

そもそもマンツーマンのオンライン英会話とは、講師と受講生の方が、1対1でレッスンするオンライン英会話のことです。パソコンやスマートフォンを使ってテレビ電話のような形で講師と会話し受講します。マンツーマンでの指導となるため、受講生の理解度に合わせて進めることができ、分からないことがあれば、すぐに聞いて確認できるといった魅力があります。

ちなみに、マンツーマンは英語にするとman to manとなりますが、これは和製英語です。英語圏の方に「マンツーマン」といっても通じません。英語圏の方に伝わるようにするならone on oneと表現しましょう。また、マンツーマンレッスンという意味で使うのであればprivate lesson(プライベートレッスン)が適切な表現です。ただ、マンツーマンレッスンと呼ばれることもまだまだ多いため、ここではマンツーマンレッスンと表記していきます。

英会話スクールのマンツーマンレッスンとの違い

英会話スクールにもマンツーマンレッスンがありますが、オンライン英会話のマンツーマンレッスンとは少し異なります。どちらも1人の講師が1人の受講生に教えるというシステムは同じです。ただし当たり前のことですが、英会話スクールの場合には、受講生はスクールのある場所まで行き、教室で面と向かって授業を受けることになります。その一方、オンライン英会話でのマンツーマンレッスンは、場所にとらわれません。パソコンやスマートフォンなどのインターネットにつながるデバイスがあれば、ビデオ通話のような形でいつでもどこでも受講できるというのが特徴です。オンライン英会話の場合には教室という物理的な場所を設けなくて良いため、運営者側もコストを削減でき、その分レッスンにかかる経費を安く抑えることが可能となります。その結果、受講者はお手頃なレッスン料で授業を受けることができるメリットを得られるのです。

グループレッスンとマンツーマンレッスンの6つの違い

項目 マンツーマンレッスン グループレッスン
レッスン時の受講生の人数 1人 2~10人ほど
レッスン料金 比較的高い 比較的安い
レッスン内容の柔軟性 融通が利きやすい 融通が効きにくい
質問のしやすさ 比較的しやすい 比較的しにくい
勉強仲間 できにくい できやすい
発言の回数・量 比較的多い 比較的少ない

違い1:レッスン時の受講生の人数

講師1人に対して受講生が1人のマンツーマンレッスンと比べ、グループレッスンは講師1人に対して複数の受講生でレッスンを行います。受講生の人数は時間帯や講師の人気度などによっても変わりますが、少なくて2人以上、多いと10人近くの受講生と一緒にレッスンを受けることになります。

違い2:レッスンの料金

料金に関してはマンツーマンレッスンよりもグループレッスンのほうが安い傾向にあります。理由は、1人の講師に対して受講生の人数が多くなるほど、講師1人で得られる利益が多くなるからです。例えば10人のグループレッスンで1人5,000円、マンツーマンレッスンで1人5,000円のレッスンをした場合では、グループレッスンのほうが高い売上収益を得られます。また、マンツーマンレッスンは1人の講師が特定の受講生のために丁寧に教えてくれるためグループレッスンに比べると料金が高くなるのです。

違い3:レッスン内容の柔軟性

グループレッスンの場合には、あらかじめカリキュラムが決まっていたり、複数いる受講生の英語力や要望などを加味してカリキュラムを決めたりします。そのため、今回は自分が苦手な内容について学びたい、次回はその復習がしたいと思っていても、授業を変更してもらうことは難しいのです。その一方でマンツーマンレッスンなら、自分の英語力に適したレッスン内容に変更することもできます。

違い4:質問のしやすさ

グループレッスンは複数の受講生が同時に受講するので、授業の内容は全体のレベルに合わせた進め方になります。自分が分からないところがあっても授業が進んでしまったり、疑問に思うことがあったときにも「他の方の迷惑になってしまう」、「自分が分からないのを知られてしまうのが恥ずかしい」といった理由で質問しづらいと感じてしまったりすることがあります。その一方でマンツーマンレッスンなら、自分が分からないと思ったタイミングで、周りを気にすることなく質問できるため、納得した状態で授業を進めることができます。

違い5:勉強仲間

マンツーマンのレッスンは、講師と1対1でやり取りをします。その一方で、グループレッスンの場合には何人かの受講生と一緒にレッスンを受けることになります。レッスン中には受講生同士で話すこともあり、他の受講生と仲良くなりやすいでしょう。勉強仲間ができると、励まされることもありますし、他の仲間に負けないようにとやる気を与えられることもあります。ただ、それが悪い方向に働くと、「あの人もさぼっているからいいや」と自分が怠けたり、仲間同士で遊んでばかりいて勉強がおろそかになったりすることにもなるかもしれません。その点には良く注意しましょう。

違い6:発言の回数・量

レッスン時間が同じでもグループよりもマンツーマンのほうが発言回数や、発言の量が多くなります。例えば、お店のレジでお会計をする練習などをしていたとして、10人のグループレッスンの場合には受講生が1回ずつ練習している間に、マンツーマンレッスンなら10回練習ができるでしょう。10回練習すれば、レジでのお会計はマスターできるのではないでしょうか。少し極端な例でしたが、このようにマンツーマンレッスンとグループレッスンでは発言の回数や量が変わるという違いがあります。

1つお伝えしたいのが、先ほどレッスンの料金についてマンツーマンのほうが高いとしましたが、産経オンライン英会話Plusはリーズナブルに受講できる魅力があります。英会話スクールのグループレッスンが1回のレッスンで約3,000円なのに対して、産経オンライン英会話Plusのマンツーマンレッスンなら毎日25分のレッスンが料金月額6,380円(税込)です。1レッスン当たりに換算すると、なんと税込みで205円となります。詳細は産経オンライン英会話Plusの料金プランをご参照ください。

マンツーマンのオンライン英会話のメリット

メリット1:どこでも受講できる

マンツーマンのオンライン英会話はパソコンやスマートフォンを使ってテレビ電話のような形で受講します。そのため、場所を選ばずどこにいてもオンライン英会話のレッスンを受けられるといった魅力があります。自宅でも良いですし、通信して会話ができる場所であれば、どこにいても受講できるので、例えば出張や旅行などで、遠くに出かけていても英会話のレッスンを受けることも可能です。

メリット2:講師を選べる

英会話を学ぶに当たって講師との相性は非常に重要です。しかし、英会話スクールによっては講師を自分で選べないことも少なくありません。講師と性格が合わずに、レッスンに通うのが嫌になってしまう可能性もあります。そこで英会話を学ぶ際には講師を自分で選べるのか、どんな講師がいるのかを知ることは大切です。オンライン英会話ならお好きな講師の空いている時間を予約してレッスンを受けるシステムとなっています。1回レッスンを受けてみて合わないと感じたら、次の回には異なる講師を選ぶことも可能です。

メリット3:自分のペースで進められる

マンツーマンのオンライン英会話なら、自分の理解度に合わせて進めることができます。分からないことがあれば、そのタイミングで質問し、すぐに疑問を解決できるため、レッスンについていけないという心配は不要です。自分のペースで英会話を学んでいきましょう。

また、レッスンの頻度も自分で決められます。仕事や家事などが忙しいときにはレッスンを行わないという選択もできます。どの時間に行うか、週に何回行うか、自分でコントロールしていきましょう。

メリット4:レッスン内容を自分で決めることもできる

産経オンライン英会話Plusではテキストを用意しており、そのテキストに即してレッスンを受講できます。テキストには様々なジャンルがあり、例えば、日常英会話やビジネス英会話、ニュースディスカッションなどがあります。テキストを活用しながらもレッスンの内容は自分で決めることもできるので、苦手な発音があるなら、その発音を繰り返し練習したり、アドバイスをもらったりしながら進められます。毎回のレッスンで目的を作って取り組むことによって主体的な学習ができ、より効率的に英会話を学んでいきましょう。

メリット5:英会話スクールと比べると料金が安い

繰り返しになりますが、マンツーマンレッスンはグループレッスンに比べると料金が高くなる傾向にある一方で、オンライン英会話に関して言えば、英会話スクールよりも安い金額での受講が可能です。英会話スクールのグループレッスンが1回のレッスンで約3,000円なのに対して、産経オンライン英会話Plusのマンツーマンレッスンは1レッスン当たりに換算すると、消費税10%込みで205円となります(31日受講した場合)。

マンツーマンのオンライン英会話2つの注意点

注意点1:目的を決めずに雑談をしない

オンライン英会話で良くある失敗の声に、雑談ばかりして英語力が身につかなかったというものがあります。これはレッスンごとの目的を明確にしていないことが原因のひとつとして挙げられます。レッスンが始まると、ついつい話が脱線して気がつくと雑談ばかりしてしまったということが起こり得ます。すでに英語力があって、感覚をなまらせないために継続して英語を話す機会を作りたい方なら問題ありません。しかし、リスニング力やスピーキング力を鍛えたい方の場合、レッスンごとに目的を決めることで効率的に勉強ができるようになります。例えば、「スーパーやコンビニのレジでの対応ができるようにする」や「苦手なLとRの発音を聞き取れるようにする」といった目的を決めて、1つ1つクリアしていきましょう。

注意点2:孤独に感じることもある

英会話スクールのグループレッスンの場合には一緒にレッスンを受けている方と仲間意識を持って励まし合ったり競い合ったりして勉強のモチベーションを保ちやすいかもしれません。一方、マンツーマンで行うオンライン英会話の場合、レッスンを通して仲間を見つけるのは難しいため孤独に感じることもあるかもしれません。しかしそんなときには何のために英会話を学んでいるかという目的を思い出して意識しておくことで、モチベーションを保ちやすくなります。この他にも、モチベーションの維持に関しては人それぞれ様々な方法があると思いますので、いろいろ試してみると良いでしょう。

マンツーマンのオンライン英会話はこんな方におすすめ

  • 日常的に外国人と会話する機会が欲しい方
  • 場所を問わず英会話の勉強がしたい方
  • 自分のペースで授業を進めたい方
  • アウトプットの量を増やしたい方
  • 人前で話すのが好きでない方
  • 費用を安く抑えたい方

マンツーマンのオンライン英会話で学ぼう!

マンツーマンのオンライン英会話には、様々な魅力があることはお分かりいただけたでしょう。費用を安く抑え、いつでもどこでも受講できますから、自宅から離れられない、日中は仕事があるといった方でも気軽に受講できるメリットがあります。また、マンツーマンでのレッスンでありながら、料金を抑えることができる魅力がありますので、英会話を学ぼうと考えたときにはぜひオンライン英会話を検討してみてください。

安い料金なことから「講師の質が良くないのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、産経オンライン英会話Plusでは採用率1.2%の狭き門を突破した優秀な外国人講師によるレッスンを受けられます。産経オンライン英会話Plusにはこの他にも魅力があります。英会話を学びたいと考えている方はぜひ一度こちらの「初めての方へ」をご覧ください。


無料会員登録バナー