就職活動に英語力・語学力は必要?英会話ができると有利?

就職活動に英語力・語学力は必要?英会話ができると有利?

就職活動に英語力・語学力は必要?英会話ができると有利?

就職活動を控える学生さんや生徒さんは、就職に関するさまざまな疑問をお持ちでしょう。その1つとして、「就職活動に英語力や語学力は必要なの?有利になる?」という疑問があります。どの業界・どの企業・どの職種を目指すかによって、英語力が必要になるかどうか異なります。ただ、実際に業務で英語を使わない場合でも、英語資格を取得していれば履歴書等でアピールすることができます。

就職活動に英語力・語学力は必要?

冒頭でもお伝えしたように、志望する業界・企業・職種によって、英語力が必要になるかどうか異なります。ただし、仕事で実際に英語を使わない場合でも、英語資格を取得していれば履歴書等でアピールすることができます。そういう面では、就職活動に英語力・語学力は必要となると言えるでしょう。「どうアピールになるの?」と感じる方のために、面接官がどう評価するのか主な例を2つお伝えします。

スコアによっては英語を使った業務ができるグローバルな人材として評価される

取得しているスコアにもよりますが、例えばTOEIC® L&R TEST 800点以上や英検1級など、高いスコアや級が取得できている場合には特に、就職活動においてもグローバルな人材として評価されやすくなるでしょう。

ちなみに、英語力や語学力をアピールする方法は英語試験のスコアだけではありません。例えば、留学や海外でのボランティアなどの経歴、それから国内でも留学生との交流やホームステイの受け入れ等の経験も、英語力・語学力をアピールするのに役立てることができます。英語を使った仕事がしたい場合には、英語試験のスコアや、英語にまつわる経験談をもとにグローバルに活躍できる人材であることをアピールしましょう。

努力ができることの証明にもなる

英語力・語学力はそう簡単に向上することはほとんどありません。そのため当然ですが、英語試験においても希望するスコアを取得するには時間と努力が必要になります。過去問を分析して出題傾向を掴み、自分の得意・苦手を把握して対策を立て、継続的に努力を続けることでようやく、希望するスコアに近づいてくるというわけです。つまり、英語試験で高いスコアや級を取得できているという事実は、継続して努力ができることの証明にもつながるでしょう。

また、面接時には「学生時代に力を入れたこと」を聞かれることがありますが、その回答として「英語の勉強」を挙げやすくなります。特に、高いスコアや級を取れていれば、努力を結果に結び付けられることのアピールともなります。

就職活動で役立つ英語試験にはどんな種類がある?

英語試験には多数の種類があり、例えば以下のものがあります。

  • TOEIC® L&R TEST
  • TOEIC® S&W TESTS
  • 実用英語技能検定(英検®)
  • TOEFL
  • IELTS
  • GTEC®
  • ケンブリッジ英語検定試験
  • Linguaskill Business(旧BULATS)
  • 国際連合公用語英語検定試験(国連英検)
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • CASEC

いずれの試験でも相応のスコアや級を持っていれば、就職活動の際に英語力・語学力をアピールする材料となります。ただ、この数多くある英語試験の中でも就職活動で使う場合、どの試験を選べば良いのでしょうか?

ポイントは、面接を見越して選ぶということです。面接官でもすべての英語試験のスコア目安を知っているわけではなく、聞き慣れない英語試験もあります。面接官が知らない場合にはスコアがどのくらいの英語力となるか、例えばTOEICのスコアでは○○点相当で、英検®では○級相当といったように説明しなくてはなりません。その説明をしている分だけ時間がかかってしまい、自分をアピールする時間が短くなってしまいます。面接の時間を有効に使って自分の良さを売り込むためにも、就活生の多くが使っていて、面接官がスコア目安を知っている有名な英語試験を活用すると良いでしょう。
日本国内の就職活動においては、TOEIC® L&R TESTのスコアが求められることが多いため、TOEIC® L&R TESTを受けておくことをおすすめします。

【関連】
スコアアップに繋がるTOEIC®TESTSの対策基礎知識と勉強のコツ

どのくらいのスコアを取得したら履歴書に書ける?

TOEICのスコアを何点以上取得できたら履歴書に書くことができるのか……このことに関しては明確な決まりはありません。ただ、1つ知っておきたいのは「相手が見てどう思うか」についてです。TOEIC® L&R TESTにおいては990点満点となりますので、900点近く取得している方は英語能力をアピールすることができるでしょう。一方で、ある程度低い点数であるにもかかわらず履歴書に記載してしまうと、場合によっては面接官に「英語ができない」とアピールすることにもつながりかねません。なお、参考としてTOEIC® L&R TEST「平均スコア・スコア分布 詳細 (第244回)」によると、 TOEIC® L&R TESTのスコア平均は597.5点となります。希望する職業などにもよるかと思いますが、記載するのであれば平均点は超えていたいところでしょう。

【関連】
発音の違いを聞き分けよう!TOEIC® L&R TESTのリスニング対策
読解力が重要!TOEIC® L&R TESTのリーディング対策

英語力・語学力を重視する企業とは?

就職活動で応募するのに英語試験の一定のスコアを必須としている企業もあれば、社内公用語を英語にしているために英語力が必要となる企業もあります。グローバル化が進む中で英語力・語学力を重視する企業は多く、その中から具体例としていくつかの企業をご紹介します。

■株式会社ジェイティービー
英語力を特に重視しているわけではないとしながらも、エントリーシートに書かれているスコアを、コミュニケーション能力の一部という扱いで参考にしているということです。また、入社2年目を目安に海外で働く「グローバルエントリー」では、TOEIC® L&R TEST 750点以上を応募の条件としています。(※1)

■全日本空輸株式会社
採用では人物重視のために、TOEIC® L&R TESTのスコアで直接的な絞り込みはしていないとしながらも、入社までに取得してほしいスコアとして600点~700点を挙げています。ただし、職種によっては英語力が必須で、例えばキャビンアテンダント(客室乗務員)の場合にはTOEIC® L&R TEST 600点程度以上としています。(※2)

■日産自動車株式会社
就活時に期待する英語レベルとしてTOEIC® L&R TEST 730点を挙げています。必須のスコアというわけでではありませんが、入社前後に達成すべきスコアとしています。(※3)

■楽天株式会社
楽天株式会社では社内公用語(社内で使う言語)は英語となっています。また、2015年の段階で、TOEIC® L&R TESTの全社平均スコアが800点以上を達成しています。(※4)

社内公用語が英語の場合には、話をする時に英語を使うのはもちろんのこと、ミーティングで共有する資料なども英語で作成することになります。そのため、リスニング力やスピーキング力だけでなく、ライティング力やリーディング力も必要で、総合的な英語力が求められます。

なお、楽天株式会社では全社的に公用語を英語にしていますが、ホンダや資生堂のように、準公用語として一部の部署で英語を公用語にしている企業もあります。

【出典】
※1 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会「インタビュー 株式会社ジェイティービー
※2 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会「インタビュー 全日本空輸株式会社
※3 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会「インタビュー 日産自動車株式会社
※4 楽天株式会社「採用情報 カルチャー

英語力・語学力が活かせる職業とは?

英語力・語学力を使う仕事かどうかは、企業や職種によっても異なりますが、英語を使う可能性の高い職業としては以下のものがあります。

  • 商社
  • 物流(海上運輸や航空運輸)
  • ホテルスタッフ
  • ツアーコンダクター(旅行添乗員)
  • キャビンアテンダント(客室乗務員)
  • 翻訳・通訳
  • 英語講師
  • エンジニア
  • 外資系金融企業

【関連】
キャビンアテンダント(CA)になるにはどうしたらいい?
英語面接の対策!よく聞かれる質問と回答は?

使える英語力を身につけよう

就職活動においては、採用してもらうために英語試験のスコアや級を取得することは重要な要素の1つとなります。ただし、実際に英語を使って仕事をする場合には、テクニックを使って高いスコアや高い級を取得よりも、実践で役立つ基礎的な「読む・聞く・話す・書く」という4つの英語技能が必要になります。英語で直接会話をする場合もあれば、英語の文面でコミュニケーションを取る場合もあります。そうした実践的な英語力は、継続的に英語の会話や文面でのやり取りを繰り返して行うことで身につけることができるでしょう。

英語を使う仕事に就きたいと考えている方は特に、英語試験のスコアや級を取得して面接でのアピール材料を得るとともに、実践で使える英語力を身につけるために、継続的に英語を話したり聞いたりする機会を作るべきです。英会話教室などを活用して、英語に触れる機会を増やしましょう。英会話教室には、通学型の英会話スクールとオンライン英会話があり、どちらが良いか迷う方もいるのではないでしょうか?

いずれにもメリットはあり、どちらが良いかは人によって異なります。それぞれの特徴に関しては「徹底比較!オンライン英会話とスクール英会話はどっちがいい? 」をご参照いただければ詳細は分かりますが、その中から2つだけ違いをお伝えしておきます。それはレッスンの頻度と料金です。通学型の英会話スクールの多くは週に1回のレッスンとなる一方で、オンライン英会話の多くは1日1回25分のレッスンを受けられます。また、料金に関しては通学型の英会話スクールのほうが高めで、オンライン英会話は教室という物理的な設備を持たない分、レッスン料金が抑えられています。

「オンライン英会話にちょっと興味はあるけれど、なかなか踏み出せない…」、「料金の安いのは魅力的だけど実際どうなの?少し抵抗がある…」そう考えている方のために、産経オンライン英会話Plusなら、2回分の無料体験レッスンをご用意しています。まずは試しにレッスンを受けてみませんか?

無料会員登録バナー

なお、産経オンライン英会話Plusでは、「ビジネスメールライティング講座」もご用意しております。必要に応じてご活用ください。


英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

「GTEC」は株式会社ベネッセコーポレーションの登録商標です。
この商品・サービスの内容は、株式会社ベネッセコーポレーションの承認や推奨を受けたものではありません。

TOEIC and TOEIC BRIDGE are registered Trademarks of Educational Testing Service (ETS).
This web page is not Endorsed or approved by ETS.

*L&R means LISTENING AND READING.
*S&W means SPEAKING AND WRITING.