オンライン英会話の研修はどうして失敗するの?成功させるコツとは

オンライン英会話の研修はどうして失敗するの?成功させるコツとは

自社の商品やサービスの市場を海外に広げたり、製造拠点を海外に置いたりといったように、グローバル展開をしている企業が増加しています。ビジネスにおいて国際化が進む中、取引先や社内でのコミュニケーションを世界共通語の英語で行わなければならない企業もめずらしくない状況です。企業の研修担当者にとって、社員に英語を学ばせて、英語力をつけさせることが急務となっているケースが少なくないのではないでしょうか。今回は英語研修の種類とメリット、注意点、失敗する理由から、オンライン英会話の研修の失敗する原因と成功させるコツを解説します。

英語研修の形態別メリットと注意点とは?

英語研修には、さまざまな形態があり、大まかに以下の5つの形態に類別することができます。

  • 通学型英語研修
  • 講師派遣型英語研修
  • オンライン型英語研修
  • eラーニング講座型英語研修
  • 海外留学型英語研修

それぞれの形態には英語研修を行ううえでのメリットと注意点が挙げられます。以下に、英語研修の形態別に概要とメリット、注意点を紹介します。

英語研修形の形態 概要 メリット 注意点
通学型英語研修 英会話教室や英会話スクールに通って受講する英語研修 ・職場から離れて英語研修を行うため気分転換になる
・一緒に英語研修を受ける仲間ができる
・英語研修の受講時間があらかじめ決められていて融通がきかない
・費用が高め
講師派遣型英語研修 企業が用意する研修場所へ講師を派遣して行う英語研修 ・社内の同僚と一緒に受けるので、モチベーションを維持しやすい
・英会話教室やスクールに通う時間が省ける
・同じ部署の社員と一緒に受ける場合はレベルを統一するのが難しい
・主に社員同士のグループで行うため、積極的に発言する機会が減ってしまう可能性がある
オンライン型英語研修 インターネットで通話ビデオサービスやオンライン英会話スクールの独自のシステムを使って行うオンラインの英語研修 ・マンツーマンレッスンが主流なので、発話する機会が多くなる
・受講時間は早朝から深夜まで社員の都合に合わせることができる
・会社からだけではなく、自宅でも受講させることができる
・英語学習をする仲間ができにくいため、継続させるモチベーションの維持が難しい
・講師が担任制ではない
eラーニング講座型英語研修 インターネットでeラーニング教材を使って行う英語研修 ・業務状況に合わせて自分の都合の良い時間に学ぶことができる
・リスニングとリーディングの学習が主体なので、TOEIC® L&R TESTスコアアップには向いている
・個人で行うため継続するモチベーションを維持するのが難しい
・スピーキング力を養うのが難しい
海外留学型英語研修 アメリカやカナダ、イギリスなど英語圏の語学スクールで行う英語研修。近年では日本から近く、費用も抑えられるアジア圏のフィリピンやマレーシアへの語学留学も認知が高まっている ・英語漬けの環境に身を置くことができ、勉強に集中できる
・海外の友人・知人ができ、人脈が広がる
・ほかの研修形態と比べると費用が高い
・留学をする社員は会社を離れることになるため、業務をほかの社員がカバーしなければならない
法⼈向けサービス 最速で英語を身につけたい、その思いに応える

⽬的やご予算に合わせたプランをご提案致します
まずはお気軽にお問合せください

無料相談 / お問い合わせ

法人担当:03-6388-0110(法人専用)
平日:9:00~18:00

英語研修が失敗する4つの理由とは?

英語研修にはさまざまな形態があって、それぞれのメリットと注意点が分かったところで、続いては英語研修が失敗に陥る理由を4つ挙げて解説します。

理由①:目的が明確でない

英語研修が失敗する理由で1番目に挙げられることが、「英語研修の目的が明確ではないため」です。社員に英語を学ばせる目的が何なのか、その目的が曖昧だと、適切な英語研修プログラムの企画・設計がうまくいかず、期待していた効果を思うように上げることが難しくなります。

理由②:受講する社員の英語レベルにバラつきがある

英語研修を実施するうえで、受講させる対象社員の英語レベルを考慮せずに実施してしまうと失敗してしまうリスクが高まります。例えば、英語は学生時代に授業で習っただけで、実務で英語を使う機会がまだ少なく、英語自体に拒否反応を示す社員と、帰国子女でバリバリに英語ができる社員を同じグループで学ばせても均一的な効果が得られないことは明白です。

理由③:インプット中心の英語研修になっている

学校の授業のように、講義スタイルで講師が一方的にテキストの内容を解説するだけのインプット中心の英語研修では、文法や単語・熟語の理解と英文の読解はできるようにはなります。しかし、インプット中心の英語研修では、実際のビジネスで活用できるスピーキングやライティングの英語スキルを習得することは困難と言えます。

理由④:研修後に社員の英語学習が継続しない

英語に限らず語学を習得するうえで大切なのは、継続して学習することです。企業で英語研修を企画した場合、決められた研修の受講期間だけは英語学習を行い、研修が終わると英語学習をやめてしまう社員がいます。せっかく企業側が費用を出して、英語研修を行っても、社員自身が自主的に英語学習を継続して行う姿勢がなければ、無駄になってしまう可能性があります。

オンライン型英語研修はどう?失敗する原因には何がある?

オンライン型英語研修は、社員の都合に合わせて、マンツーマンの英会話レッスンが受けられます。さらに、通学型や講師派遣型と比較して費用が抑えられるというメリットがあります。オンライン英会話の研修を検討されている場合は、実際に導入された企業の失敗の原因を検証してから、採用することをおすすめします。

オンライン型英語研修の失敗する原因は、先に解説した、英語研修全般に言える失敗の理由と共通する点があります。オンライン型研修で失敗する原因は、まず「研修の目的が曖昧」「社員のレベルに合っていない研修プログラムで実施」「英語学習が継続しない」の3つが挙げられます。ほかにはオンライン英会話の研修の場合、SkypeやZoomなどのビデオ通話サービスのアプリをダウンロードして、アカウント登録をする必要があるため、ITに弱い社員は、肝心の英語研修を始める前につまずいていまい、思うように受講できず、効果を得ることができないケースも見受けられます。

産経オンライン英会話Plusであれば、ビデオ通話サービスのSkypeやZoomなどのダウンロードやアカウント登録は必要ありません。独自の通話システムで、会員専用ページのマイページから予約したレッスンの5分前に表示される「レッスン開始」ボタンを押すだけです。

オンライン型英語研修を成功させる4つのコツとは?

先に紹介した通り、オンライン型英会話研修は、マンツーマンレッスンが主流なので、発話する機会が多く、受講時間は社員の都合に合わせることができるメリットがあり、特に英語のスピーキング力を養成するのに効果を発揮します。ここでは、オンライン型英語研修のメリットを最大限に活かし、成功させるコツを解説します。

成功させるコツ①:目的を明確にして研修プログラムを実施する

英語研修の代表的な目的として、以下の4つが挙げられます。

  • 海外赴任の準備
  • 次世代グローバルリーダー育成
  • 英語業務対応に向けた準備
  • 全社員の英語力底上げ

数ヶ月後に海外赴任が決まっているため、電話やミーティングなどの英語業務対応が必要なため、など社員に英語を学ばせる目的をはっきりさせ、目的に応じた研修プログラムを実施することが大切です。目的が明確で、目的に沿った研修プログラムであれば、研修後に英語力が目的に必要とされる水準に到達できたかどうか、効果測定や検証も適切に評価することが可能です。

産経オンライン英会話Plusでは、海外赴任が決まっていて、英語力を身につける必要がある社員の方のレベルに合わせてカスタマイズする研修プログラムをご用意しています。詳しくはこちらの「ビジネス特化カスタマイズレッスン(上級・海外赴任者)」をご覧ください。

また、会社の目的だけではなく、社員の目的にも配慮することが大切です。国際部門や海外勤務を希望する社員であれば、英語力向上に意欲的ですし、必要に迫られて英語力を身につけなければならないと思っている社員もいます。それぞれの社員にヒアリングしたうえで、適切な研修プログラムを実施することが研修を成功させるカギです。

成功させるコツ②:受講する社員と目的を共有する

スピーキング力を身につけるために効果を発揮するオンライン英会話研修の目的が漠然とした状態では、社員の英語習得の効果もモチベーションも上がりません。実際に英語を学ぶのは社員です。会社としての研修の目的を社員と共有して、かつ社員1人ひとりの目的も共有することで、研修成果を上げることができるでしょう。

成功させるコツ③:受講する社員の英語レベルに応じた研修プログラムを組む

オンライン英会話研修を導入する際には、スピーキング力すなわち会話力のレベルがどれくらいなのか把握して、適切な研修プログラムを実施しましょう。リスニングとリーディングのスキルを測るTOEIC® L&R TESTのスコアが高得点でも英語を話すことに慣れていない社員もいます。TOEICのスコアだけで、英会話力のレベルを判断しないことが大切です。オンライン英会話のレッスンは外国人講師によるマンツーマンレッスンが主流です。初心者レベルの社員に研修を受けさせる場合は、日本語が分かる外国人講師や日本人講師が在籍するオンライン英会話を選ぶことをおすすめします。

産経オンライン英会話Plusには、英語だけでは心配と感じる英会話初心者に安心な日本人講師と日本語が話せるネイティブ講師やフィリピン人講師が在籍しています。

成功させるコツ④:研修後に社員が継続学習できるサポート体制を整える

英語の特にスピーキングスキルは、研修で習得しても、その後に話す機会がなければ、研修自体が無駄になってしまう可能性があります。オンライン英会話研修が終了した後も、自己啓発として英会話学習をサポートする体制を整えておくと、社員は自発的に英会話学習に取り組み、継続できるようになります。

産経オンライン英会話Plusでは、専用の自己啓発サイトを無料で作成し、英会話スキルが養えるオンライン英会話レッスンを割引価格で提供しています。社員の英会話スキルの維持・向上を図るためにぜひご活用ください。詳しくはこちらの「自己啓発・福利厚生」でご覧いただけます。

オンライン英会話研修は、社員の都合に合わせて実施可能で、発話機会が多いマンツーマンの英会話レッスンがリーズナブルな費用で導入できるというメリットがあります。英語研修の導入をお考えであれば、ぜひオンライン英会話研修を検討してみてはいかがでしょうか。

産経オンライン英会話Plusでは、ご予算や目的と受講生のレベルに合わせたオンライン英会話研修を提供しています。まずはお気軽にお問合せください。

法⼈向けサービス 最速で英語を身につけたい、その思いに応える

⽬的やご予算に合わせたプランをご提案致します
まずはお気軽にお問合せください

無料相談 / お問い合わせ

法人担当:03-6388-0110(法人専用)
平日:9:00~18:00