オンラインで受験可能なCASECの対策方法と勉強のコツ

オンラインで受験可能なCASECの対策方法と勉強のコツ

オンラインで受験可能なCASECの対策方法と勉強のコツ

CASECとは、オンラインで受験できるスコア型の英語試験のことで、リーディングとリスニングの2つの技能を測ります。インターネット上で申し込めばすぐに受験でき、試験後すぐに結果を得ることができます。今日明日で自分の英語力を把握したいときにCASECを活用していきましょう。

CASECの基礎知識

CASECとは

CASEC(キャセック)とは「Computerized Assessment System for English Communication」の略で、JIEM(株式会社教育測定研究所)が開発・運営を行う英語の検定試験のことです。受験者全員に同じ問題が出されるのではなく、個人の能力に合わせて出される問題が変わる、アダプティブ(適応型)なテストとなっています。CASECの公式ホームページでは、このテスト方式が視力測定に似ていると説明されています。視力測定では一番サイズが大きい図形を答えることができたら徐々にサイズの小さいものへと移っていきますが、それと同じように問題に対して正解したか不正解かによって次に出題する問題のレベルが変わります。正解すればそれよりも少し難しい問題、不正解なら少し易しい問題となり、複数の問題に答えていくことで、英語力が測定されます。

CASECの受験者数の推移は?知名度が高くなりつつある英語試験

CASECは2001年に本格展開し、そこから受験者数は右肩上がりとなっています。毎年20万人近くもの方がCASECを受験しています。

■CASECの受験者数の推移

国内企業でも採用しているところは多く、人事担当者の中でも名の知れた英語検定試験となっています。そのため、就職や転職のときなどにはCASECのスコアがあれば(あるいは受験してスコアを取得し)、履歴書に記載しましょう。また、就職や転職などの採用以外にも、社内英語研修の効果測定ツールとして、あるいは人事考課の基準の1つとして、社内留学・研修対象者の選抜試験として活用されています。

はCASECのスコアがあれば(あるいは受験してスコアを取得し)、履歴書に記載しましょう。また、就職や転職などの採用以外にも、社内英語研修の効果測定ツールとして、あるいは人事考課の基準の1つとして、社内留学・研修対象者の選抜試験として活用されています。

スコアの有効期限について

CASECを受験して取得したスコアには他の英語検定試験と同様に有効期限があり、2年間がスコアの有効期限となります。例えば、2020年4月1日に受験した場合には、そのスコアを使えるのは2022年の3月31日までとなります。スコアレポートに、スコアの有効期限が掲載されますので、履歴書などに使う際には良く確認しておきましょう。なお、CASECのホームページからマイページにログインすると過去のスコアや受験履歴などを見ることができますが、そのマイページにて無料でスコア履歴ができるのは4年間です。つまり、有効期限を超えていても、マイページにログインすればスコアの履歴は4年間分までなら確認することは可能です。

試験会場や実施スケジュールについて

CASECは個人でインターネットを通じて受験する試験となっており、CASECには決められた試験会場や実施スケジュールはありません。そのため、インターネットとCASECの受験に必要な環境(パソコンの動作環境)さえあれば、いつでもどこでも受験ができるのです。また、時間に関しても決まりはありません。24時間365日いつでもオンラインで受験できるのがCASECのメリットです。

試験の申込み方法について

試験の申込み方法は2種類あり、支払い方法をクレジットカード支払いにするかコンビニ支払いにするかによって変わります。

クレジットカード支払いの場合

■クレジットカード支払いの場合の申込み手順

  1. CASECに登録する(初回利用の方)
  2. マイページにログインする
  3. チケット購入ページで必要な情報を入力
  4. 決済が完了するとCASECチケット(受験資格)を得られます

クレジットカードの場合には、CASECのマイページから手軽に素早く手続きが行えます。上記に紹介した手順でCASECチケットを手に入れたら、その後すぐに受験ができるようになります。なお、使用できるクレジットカードはVISA / Master / JCBです。
今すぐ申し込む場合にはこちらの「CASECの申込み(クレジットカード支払いの場合)」</a>をご確認ください。

コンビニ支払いの場合

■コンビニ支払いの場合の申込み手順

  1. インターネットでコンビニ支払い用の申込みページにアクセス
  2. 必要情報を入力して番号を入手
  3. コンビニにあるマルチメディア情報端末(ローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポート、セブンイレブンのマルチコピー機等)を操作して番号を入力
  4. マルチメディア情報端末から払込用紙を印刷
  5. 払込用紙をレジで出して代金を支払う
  6. 支払い後1日以内に登録したメールアドレスにCASECチケットキーが届く
  7. マイページでCASECチケットキーを入力してチケットを追加する

上記の手順でチケットを追加できたら、いつでもCASECの受験が可能になります。
今すぐ申し込む場合にはこちらの「CASECの申込み(コンビニ支払いの場合)」からご確認ください。

受験に必要な準備について

CASECの受験ではインターネットを使いますので、快適な通信環境が必要となる他、パソコンに関しても一定の環境が必要となります。タブレット端末には対応していませんので、必ずデスクトップパソコン、もしくはノートパソコンを準備してください。具体的な条件としては以下があります。なお、ブラウザの動作に影響を与えるアドオンを組み込んだ場合の動作は保証していませんのでご注意ください。

OS ブラウザ その他の機能
Windows 8.1 / 10 Internet Explorer 11 JavaScript オン
cookie オン
Google Chrome
Microsoft Edge20以降(Windows 10)
Macintosh OS 10.9以降 Safari 7.0以降
Google Chrome

これを見て自分のパソコンが適しているか分からない方はこちらの「CASECの受験環境チェック」からご確認ください。

また、受験する場所に関しても注意が必要です。リスニングセクションがありますので、周囲の音が気にならない静かな場所で行いましょう。解答に支障がないようならイヤフォンやヘッドフォンなどを使用しても構いません。

CASECはテスト形式や操作方法に慣れるため、体験版のCASECガイドツアーがあります。まだ試していない方はこちらの「CASECガイドツアー」から行ってみてください。

受験費用について

気になる受験費用ですが、消費税(10%)込みで3,667円です。TOEICや英検と比較すると、受験費用は安価に設定されていることが分かります(以下の表をご参照ください)。費用面や受験の手軽さを考えると、他の試験と比べてCASECは受けやすい英語試験と言えるでしょう。

試験の種類 CASEC TOEIC 英検
リスニング+リーディング スピーキング+ライティング 1級 準1級 2級 準2級
受験費用(10%税込) 3,667円 6,490円 10,450円 9,500円 7,600円 6,500円 5,900円

試験時間について

試験時間は各セクションにつき、1問につき60秒などと上限時間が決められています。セクション1(リーディング)では1問60秒、セクション2(リーディング)は1問90秒、セクション3(リスニング)は1問60秒、セクション4(リスニング)は1問120秒となっています。

ただし、受験する際には個人のペースで進めていくことになりますので、試験にかかる時間は受験者ごとに異なります。目安としては約40~50分を目安にしておくと良いでしょう。

出題される問題について

CASECの問題はセクション1~4に分かれ、リーディングとリスニングが行われます。問題内容や問題数などに関しては表にまとめましたのでご覧ください。

カテゴリ 問題内容 問題数 解答時間/問 解答形式 配点
セクション1
(リーディング)
語彙の知識 16問 60秒 4肢択一 250点
セクション2
(リーディング)
表現の知識 16問 90秒 4肢択一 250点
セクション3
(リスニング)
大意把握力 17問 60秒 4肢択一 250点
セクション4
(リスニング)
聞き取り能力 11問 120秒 ディクテーション(書き取り) 250点

無料会員登録バナー