GCATの認定基準

採点ポイントは5つ

いつもレッスンを担当している講師が、「情報のやり取り」「感情のやり取り」の観点から意思疎通ができたかどうかを判定します。判定のためのポイントは次の5つです。

  1. Comprehension理解力
    受験者は、話された内容のうち70%以上は理解していること。
  2. Communicative Attitudeコミュニケーション態度
    受験者は、言いたいことを伝えるをする努力をしており、また分からないときには質問する姿勢があること。
  3. Content(内容
    受験者は、受験レベルに応じた範囲で、できるだけ詳細、かつ適切な応答ができること。
  4. Accuracy(正確さ)
    受験者は、受験レベルに応じた範囲で、的確な語彙や表現構成を用いることができること。
  5. Reading Skill音読技能 ※
    受験者は、与えられた文章を、発音、イントネーションなど聞き手の理解を妨げずに音読することができること。
    ※音読技能は、B1、B2のテストでリーディングのセクションがある場合のみ実施します。

受験レベル別の目安能力

日常英会話 初級 CEFR A1目安

日常英会話初級のGCATでは、身の周りの具体的な物の名前や色、数字、日常動作などのごく基本的な表現をほぼ理解でき、限られた語彙数でゆっくりであれば、限定的ながら意思疎通ができる英会話力が求められます。

レベル目標対応レッスンレベル認定基準
Level 1近況、過去、将来のことについて話す。Lesson 1 – 26・最近の状況について話す。・過去の行動や習慣について話す。・将来の行動について話す。・意見を表明し、アドバイスをする。
Level 2人や物について詳細に描写する。情報を分類する。Lesson 27 – 47・人や物について詳細に描写することができる。・情報について尋ねたり、分類することができる。・(日本の)観光についてアドバイスすることができる。
Level 3意思決定する。意見交換する。Lesson 48 – 70・明白な表現や意思決定をすることができる。・詳細な意見交換ができる。・明確な同意をしたり、説得したりすることができる。
Level 4ニュースや記事について議論する。Lesson 71 – 100・スモールトークから会話を発展させることができる。・ニュースや記事などについて議論することができる。・任意ダイアログを聞き手が理解できるレベルで音読し、限定的な質疑応答ができる。

日常英会話 初中級 CEFR A2目安

日常英会話初中級のGCATでは、家族や近所、買い物など身近な対象に関する日常会話はほぼ理解でき、簡単な表現で事実や感情を述べたり、趣味趣向などに関する説明など基本的な意思疎通ができる英会話力が求められます。

レベル目標対応レッスンレベル認定基準
Level 1カジュアルトークをする。未来のことを話す。Lesson 1 – 22・挨拶時に日常でよくあるスモールトークができる。・日課や趣味趣向などについて具体的な質疑応答ができる。・2人の人物が今後の予定を話し合っている内容をインプットし、
同内容について質疑応答ができる。
Level 2提案や忠告や依頼をする。意見を共有する。Lesson 23 – 50・定型表現を用いて誘ったり、勧めたりすることができる。・定型表現を用いて、許可を求めたり、依頼することができる。・2人の人物が意見交換をしている内容をインプットし、
同内容について質疑応答ができる。
Level 3人や物についてに描写する。Lesson 51 – 80・過去の出来事について具体的な質疑応答ができる。・現在も継続している事柄について質疑応答ができる。・何かを詳しく説明している内容をインプットし、
同内容について質疑応答ができる。
Level 4海外旅行でよくある会話をする。Lesson 81 – 100・ホテルや観光地で具体的な会話ができる。・空港・機内や入国審査で必要な会話ができる。・レストランでメニューを見ながら好きなものが注文ができる。

日常英会話 中級 CEFR B1目安

日常英会話中級のGCATでは、仕事・学校・旅行などの通常遭遇するような日常会話の大部分を理解でき、意思表示、理由説明、自身の経験や将来計画などについて簡単な表現を繋ぎ合わせながら意思疎通ができる英会話力が求められます。

レベル目標対応レッスンレベル認定基準
Level 1近況、過去、将来のことについて話す。Lesson 1 – 26・最近の状況について話す。
・過去の行動や習慣について話す。
・将来の行動について話す。
・意見を表明し、アドバイスをする。
Level 2人や物について詳細に描写する。情報を分類する。Lesson 27 – 47・人や物について詳細に描写することができる。
・情報について尋ねたり、分類することができる。
・(日本の)観光についてアドバイスすることができる。
Level 3意思決定する。意見交換する。Lesson 48 – 70・明白な表現や意思決定をすることができる。
・詳細な意見交換ができる。
・明確な同意をしたり、説得したりすることができる。
Level 4ニュースや記事について議論する。Lesson 71 – 100・スモールトークから会話を発展させることができる。
・ニュースや記事などについて議論することができる。
・任意ダイアログを聞き手が理解できるレベルで音読し、限定的な質疑応答ができる。

日常英会話 中上級 CEFR B2目安

日常英会話中上級のGCATでは、日常会話についてはまず問題なく理解し応答でき、自分の興味関心のある分野や一般的な時事問題について、自分の意見を述べることができる英会話能力が求められます。

レベル目標対応レッスンレベル認定基準
Level 1任意トピックについて議論する。
(Level 1)
Lesson 1 – 26Level 1 ~ Level 3で共通です。
※レベルが上がる程難易度がアップします。
・スモールトークを始めて、会話を継続発展させることができる。
・自分の意見を共有してトピックについて議論することができる。
・記事を読んでトピックについて議論することができる。
・任意ダイアログを聞き手が理解できるレベルで音読し、
より深いレベルで質疑応答できる。
Level 2任意トピックについて議論する。
(Level 2)
Lesson 27 – 51
Level 3任意トピックについて議論する。
(Level 3)
Lesson 52 – 75