継続は力なり。30名以上の講師と楽しく受講!

継続は力なり。30名以上の講師と楽しく受講!

2021-02-02 09:00:02

今回の体験談は、福利厚生サービスを利用し、毎日の受講に励まれていたダイス様に伺いました。
お仕事や日常生活で英語が必要になったとき、必要とわかっていても、学習を始めたり、それを継続するということはなかなか難しいものです。
どのようなレッスンスタイルで毎日の受講を成し遂げられたのか、ダイス様にお話しいただきました。

産経オンライン英会話Plusでは、福利厚生サービスを通してお申込み可能なお得なプランをご用意しております 。
『福利厚生倶楽部』、『 ベネフィットステーション』、『welbox』、『えらべる倶楽部』の会員様であれば、産経オンライン英会話Plusのプランをお申込みいただけますので、ご利用中の方はぜひご検討ください。


写真はイメージです。

ニックネーム: ダイス 様
年代: 50代
お勤め先の業種・職種: 音響メーカー、開発(メカエンジニア)
ご受講プラン:福利厚生プラン
受講歴:3ヶ月


Q .英会話を始めようと思ったきっかけを教えてください

ダイスさん:
職場が外資系のため、社内社外問わず英語が必要な状況です。受講前から英語を使っていましたが、上達をしたいと思っていました。
コロナでほぼ在宅勤務となり、時間に余裕ができ、レッスン予約の自由度が高いこと、費用が安価なことから受講を決めました。 

Q.お仕事ではどのような状況下で英語を使いますか?

ダイスさん:
社内では、担当開発新規部品についてのデザインレビューをビデオ会議にて行ったり、担当部品について、Team(国内外含め)にシェアする際に英語を使います。
社外では、生産場所が国内とは限りませんので、海外の場合は、コミュニケーションとして、英語を使います。
現地工場にいくこともあります。
特に、ビデオ会議の中で、これは言っておきたい、言わないといけない、シーンがありますので、会話の最中に自分の言いたいことを、その瞬間に言えるようにすることを目標にしていました。

Q.お気に入りのレッスンスタイルを教えてください

ダイスさん:
フリートークが多いです。話題としては、コロナの話、音楽の話、仕事の話、が多かったように思います。
極力口数を多くすることを心掛けました。1レッスン25分という時間は、ちょうど良かったように思います。
いろいろな講師(おそらく30名以上)と話をしましたが、フィリピン人は明るく、楽しい人が多くて良かったです。
アジア人の英語、ということで、低く見る人もいるとは思いますが、彼らの英語は素晴らしいです。

Q.フリートークレッスンは、ご自身の状況により近い話ができるという点がご希望に合っていたのでしょうか?

ダイスさん:
テキストも悪くないと思いますよ。
知らなかった単語を知ることができる、知らなかった言い回しを知ることができる、 というメリットがあると思います。
フリートークを選んでいる理由は、確かに自分のことを言えばいい、というメリットもありますが、講師からふっと出てくる問いに対して、すぐに返答することができるか?というところに、面白みというか、鍛えているというか、そんなものを感じることができるのだと思います。

Q.実際に受講を3ヶ月継続してみて、上達実感はありましたか?

ダイスさん:
口数は増えましたかねぇ。ひとつの目標であったので、良かったです。
毎日受講していましたので、慣れて行くのが分かります。継続は力なり。

Q.毎日受講を継続するなかでモチベーションとなっていたことを教えてください。

ダイスさん:
多くの講師と話したことだと思います。もともと人が好きなので、英語上達が目的ではありましたが、
このコロナの状態で、人と話す機会も減っていることから、レッスンの時間を息抜きにしていたところは確かにありますね。なので、この3ヶ月の間で、継続がきついなと思ったことはありません。楽しくやらせて頂きましたよ。
ありがとうございます。


なかなか継続した受講が難しい、モチベーションを保つのが難しい、そう思っていませんか?
テキストレッスンとフリートークレッスンを交互に受講したり、 いろいろな講師のレッスンを受講することで 、英語が楽しい!と前向きに継続できるようになるかもしれません。
あなたに合ったレッスンスタイルで英語学習を継続していきましょう!