Miki 先生

Miki 先生

Japan

先生からのメッセージ

 Practice makes perfect.-継続は力なり-
私の好きな言葉です。

 高校で英文法や長文読解が苦手だった理系の私が、TOEIC 925点、英語唯一の国家資格である全国通訳案内士を取得するキッカケは、国際学会において、会社の研究成果を発表をした事です。The Best Paper Award と High Quality Presentation Award を受賞し、その後の自信に繋がったのは勿論ですが、寧ろその勉強の過程で英語を話すことの楽しさ、世界が広がる事の面白さに気づきました。そして、素晴らしい日本を世界に紹介したいと夢を抱き、叶えました。

 ご存知かもしれませんが、英語が話せるようになるには 1,000 時間必要だと言われています。貴方は今まで何時間スピーキングに費やしましたか。話せる人との違いは、能力ではなくどれだけ時間を費やしたか。
ひょっとして文法や文章読解にばかり、英語の勉強時間を費やしてきたのかも...。
さあ、今まで培ってきた文法力を駆使してどんどん発話してみましょう!
私達も最初から日本語を流暢に話せた訳ではありませんよね。練習あるのみです。

 英語が自由に話せるようになったら、貴方は何がしたいですか。その夢のお手伝いができるなら、とても嬉しいです。

 レッスンでお会いしましょう〜♫

おすすめポイント

<<スタッフからのおすすめ>>

もともとは理系出身のMiki先生。
TOEICで925点を取るまでの地道な努力の経験は、皆さんの英語学習にヒントを与えてくれることでしょう!
先生も皆さんと同じ英語学習経験者です。コツコツ努力の積み重ねによって、苦手を克服してきました。英会話だけでなく、英語学習のノウハウもぜひ聞いてみてください。丁寧に教えてくれますよ。

主に火・水・木曜、昼間の時間帯で、ご受講を受け付けています。

<<講師インタビュー>>

●講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

これまでの英語学習の経験が、他の方のお役に立つのでしたら嬉しいと思ったからです。

●講師をしていて嬉しかったことは何ですか?

最初は、嫌イヤやっている様子が明らかだったのが、自信がついたように見えたなと思ったら「こんなの余裕だよ、楽しくなってきた」と言ってくれた時。

●これからオンライン英会話を始める人へアドバイスやメッセージをお願いします。

さあ、まず一歩踏み出しましょう。世界が動き出すでしょう。
何がしたいか(すべきか)、見えてくると思います。
英語を話せるようになりたいなら、話す練習をする事が一番の近道。

インプット(自主学習/復習)
  ⇅
アウトプット(オンライン英会話ー話す楽しさを実感・上手く言えなかった表現方法などを教わる)

このルーチンで、どんどんレベルアップするとは思いますが、なかなか分かっていても出来ないものです。
そこで、英語で話すことを日常生活に組み入れることから始めてみましょう。

最初の頃は、25分が長くてドキドキするかもしれません。
その内楽しくなって、あっという間の25分になることでしょう!

プロフィール

Nickname
Miki 先生
Gender
Female
Age
40s
Educational Background
High School:岐阜県立岐阜高等学校
University:名古屋工業大学
Graduate School:名古屋工業大学大学院
Work Experience 1
2000〜2003
Industry:National Public Servant
Occupation:Research and Development
Work Experience 2
2006〜2013
Industry:Manufacturing Industry
Occupation:Research and Development
Work Experience 3
2016〜
Industry:Service Industry
Occupation:Self Employed
Length of Teaching
2 years
Expert Areas
Pronunciation
Vocabulary
Grammar
Daily Conversation
Expert Levels
Beginner Level
Pre-Intermediate
Major
Engineering
Japanese Ability
Business Conversation
GCAT
No
Hobby
Movie
Music
Books/Comics
Sports
Cooking/Gourmet
Leisure/Outdoor
Pets/Animals
Other
Tutor Type
Japanese
Voice Introduction

LESSON SCHEDULE