コロナの時期だからこそ!超初心者向けオンライン英会話の選び方

コロナの時期だからこそ!超初心者向けオンライン英会話の選び方

コロナの時期だからこそ!超初心者向けオンライン英会話の選び方

コロナ自粛で映画もテレビも見飽きて暇…。それならこの機会に英語を学んでみませんか?まとまった時間を取れるのは、なかなかないことです。この時期ならではとも言えるでしょう。ただ、英語を学ぶにしても「何から勉強を始めたらいいのか」、「どうやって勉強しようか」など、慣れないことに戸惑う方もいるでしょう。もしかしたら英文法から学び始めて挫折しかけている方もいるかもしれません。それならオンライン英会話を始めてみてはいかがでしょうか。

コロナの時期だからこそ英会話を学ぼう

自粛で余っている時間を英会話学習に使おう

休校や在宅ワークが始まり、最初のころは嬉しかった自粛も、今では退屈に感じ始めている方も多いのではないでしょうか。映画やテレビも見飽きて、手持ち無沙汰な日々。それなら英語を始めてみませんか?

英語の学習なら、就職・転職でのアピールにもなりますし、アフターコロナ(コロナ自粛が明けたとき)には海外旅行を楽しむのにも役立ちます。さらに、会社によっては昇進にTOEIC®のスコアが必要になることもあります。今のうちに英語を学んでおいて損はないでしょう。

オンライン英会話はソーシャルディスタンスを保って英会話を学べる

コロナの感染を防ぐにはソーシャルディスタンスを保つことが必要だと報道されています。人が話したときや、咳・くしゃみをしたときに空中に飛び散るコロナウイルスが体内に入る、あるいはコロナウイルスが付いた個所を触り、その手で自分の顔を触ったときなどに感染しやすくなるために、不特定多数の人と触れ合わないように自粛が始まったわけです。そのため、物理的に膝と膝を突き合わせて英語を学ぶことは避ける必要があります。

とは言え、現実的な問題として「独学で英語を学ぶのは自分にはできないのではないか」、「机に向かって勉強するのは得意でない」と考える方もいるでしょう。そこで、オンライン英会話の出番です。パソコン越しで外国人講師から英語を学ぶことができます。机に向かって勉強するのが得意でないという方も、勉強なんて久しぶりという方も気軽に始められます。

無料で2回分の体験レッスンが受けられますので、試しに一度オンライン英会話を受けてみてはいかがでしょうか。

無料で産経オンライン英会話のレッスンを体験してみる

初心者・超初心者とはどれくらいの英語レベルのこと?

そもそも初心者・超初心者とは、どれくらいの英語レベルの方を指すのかについて、この記事での定義をしておきましょう。まず、初心者・超初心者とお伝えしているように、ここでは初心者と超初心者は区別しておりません。そのため、ある程度英語に自信がない方は該当すると考えて良いでしょう。具体的には、以下のような方を初心者・超初心者と考えています。

  • YesとNoくらいしか答えられない
  • 外国の方とはあまり話したことがない
  • 英単語をあまり覚えていない
  • 社会人になってから英語を勉強していない(社会人の場合)
  • 映画・ドラマを英語で見るとたまに知っている単語が聞こえるが字幕なしでは理解できない
  • 発音でLとRを使い分けられない

初心者・超初心者にもオンライン英会話は役立つ

インターネットで検索すると、「初心者がオンライン英会話を受けても意味がない」という趣旨の情報を見かけることがあります。たしかに英単語がまったく分からない状態ではコミュニケーションもままならず、レッスンを受けても楽しくないばかりか、英語の勉強になっている実感が湧かないかもしれません。

しかし、初心者の英語学習においてもオンライン英会話は役立ちます。特にスピーキング力やリスニング力に影響があります。スピーキング力やリスニング力を向上させる方法はいくつもありますが、その中でも継続的に英語圏の方と話す機会を持つことは重要です。最初のうちは分からないことが多くなるかもしれませんが、次第に耳が英語に慣れ、講師の話す英語が聞こえるようになります。

もちろんオンライン英会話以外で、英語の学習をすることは必要です。経験的にオンライン英会話で講師と話す機会は重要ですが、それと並行して語彙や知識を増やしていく必要があります。また、オンライン英会話のレッスンに対しての予習・復習もすることで、1回1回のレッスンの質を高めていくことができるでしょう。

「オンライン英会話は失敗だ」と感じてしまう方がいる原因

英語を学ぶに当たって、自分に合った方法を活用するのは非常に重要なことです。それはモチベーションの維持につながったり、学ぶことに対しての吸収率が上がったりするからです。いろいろな勉強方法を試してみて、自分に合うものを見つけていくべきです。ただし、残念なことに、本当はオンライン英会話に合う方でも「自分には合わない」と感じてしまう方もいます。それって少し勿体ないと感じませんか?どうしてこのように「自分には合わない」と勘違いしてしまうのでしょうか。その原因、初心者が陥りがちなシチュエーションを2つお伝えします。

シチュエーション1:フリートークで凍りつくような沈黙が起こってしまう

これは特に初心者が陥りがちな失敗例です。オンライン英会話を初めて行うときには、フリートーク形式でレッスンを受講する方がいます。フリートークはレッスンの課題やテーマを決めずに、講師と自由に英会話を楽しむものですが、フリートークには要注意です。自由に話して良いというものですが、

話したい内容を英語にできない方もいれば、そもそも話す内容も浮かばない方もいます。そうして凍りつくような沈黙が起こってしまうのです。レッスン中にはこんなことが起こるでしょう。「講師に話しかけられてもどう答えて良いか分からない」、「Yes / Noで答えても話が広がらない」、…待ち受けるは沈黙。たった25分が、苦しく長いと感じてしまうかもしれません。苦い経験をした後では、オンライン英会話を受けたいと思わなくなってしまうでしょう。

最初のうちは特に、フリートークではなく、テキストを使ったレッスン・カリキュラムに沿ったレッスンがおすすめです。これなら話す内容に困ることはありません。25分のレッスンはあっという間に終わってしまうでしょう。

なお、オンライン英会話のレッスンを受ける方はこちらの、レッスンで使える「困った時のフレーズ集」もご参照ください。音声や動画の調子が悪いときなど、困ったときのフレーズをご紹介しております。

シチュエーション2:簡単すぎる質問が多い場合がある

講師によっては、簡単すぎる質問が多い場合があります。例えば、数字を英語でどう表現するかと聞かれることがあります。人によっては簡単すぎると感じるかもしれません。しかし、この簡単なやり取りも大切な学習となります。と言うのも、初心者・超初心者のうちは質問されても答えられないことが多いでしょう。単純に質問に対しての回答が浮かばない場合や、どう答えて良いか分からない場合があるものの、いずれにしても分からない場合にはI don’t know.などと答えるでしょう。質問が難しくなってくると、Yes. / No. / I don’t know.しか言葉を発さないことにもなりかねません。その状態をなくすために、講師があえて簡単な質問をしていることがあるのです。

答えるのに余裕がある方は、どういう表現方法で質問がされているのか、講師はどのように相槌を打っているのかなどに注目してください。そうすることによって、自分が質問するときにどう表現して、どのように対応すれば良いのかを知ることができます。それでも余裕があれば講師に、もう少し難しい質問をして欲しい旨を伝えたり、少し難易度の高いテキストをしたりしてみても良いでしょう。簡単な質問をするのには、意図があることを知っておくだけでも気持ちの持ちようが変わってくるかもしれませんので、この内容はぜひ覚えておいてください。

頭では理解できるものの、本当に自分に合うのかどうか、まだ迷うかもいらっしゃるでしょう。それならプラン契約する前にまずは体験レッスン。産経オンライン英会話Plusなら2回分のレッスンを無料でお試しいただけます。ぜひご活用ください。

無料会員登録バナー

オンライン英会話の選び方

オンライン英会話にも様々なサービスがありますから、どのサービスを使えば良いか迷ってしまうかもしれません。そこで、初心者・超初心者の方が、オンライン英会話を選ぶときに注目すべきポイントを4点ご紹介します。

ポイント1:正しい発音を教えてもらえるか

これはオンライン英会話を選ぶうえで、最も大切と言っても過言ではないです。オンライン英会話の多くは、発音が間違っていても指摘してくれる方はそう多くはありません。講師としては、受講生に満足してもらうレッスンを行う必要があります。英語力を向上させる他にも、受講生の英語学習のモチベーションを維持・向上させることも大切なのです。そういう状況下ですから、正しい文法・正しい発音よりもコミュニケーションが大切と考える講師もいます。もちろんそれが間違っているとまでは言いません。しかし、英会話を学ぶに当たって発音は非常に重要です。文法が正しくても発音が違うために、コミュニケーションが取れないことさえもあります。そこで、オンライン英会話を選ぶ際には正しい発音を教えてもらえるかどうかが大切なポイントとなるのです。

ポイント2:日本語を話せる講師がいるかどうか

オンライン英会話のレッスン中には、英語が分からずにコミュニケーションを取れなくなってしまうかもしれません。一度焦り始めると、簡単な英語でも浮かばなくなってしまうこともあります。そうしたときに講師は助け船を出してくれると思いますが、英語で話しかけられてさらにパニックになってしまうこともあるでしょう。英会話のレッスンですから、基本的にはレッスン時間に日本語を話さないようにしたほうが、英語力の向上につながりやすくなりますが、万が一の際には日本語が話せる講師なら安心でしょう。

ポイント3:フリートーク以外のレッスンがあるかどうか

初心者・超初心者の方がフリートーク形式のレッスンを受けると、沈黙となってしまう可能性があることは先にお伝えした通りです。もちろんフリートーク形式のレッスンには長所もありますが、初心者・超初心者の方には少し難易度が高いと言えるでしょう。英語に自信がないのであれば、テキストを使うレッスンがおすすめです。そして、カリキュラム・テキストの種類が豊富にあるかもチェックポイントしてみてください。

ポイント4:続けやすい環境が整っているかどうか

オンライン英会話を始めたからといって、英語力はすぐには上達しません。そのため、継続して勉強することが大切になります。継続できるかどうかは人それぞれのモチベーションにも左右されますが、継続しやすくするためにもオンライン英会話を選ぶ際には、「続けやすい環境が整っているかどうか」を必ずチェックしましょう。さて、続けやすい環境が何を指すのかということですが、料金とプランが挙げられます。継続するうえで、料金が大切になるのは言うまでもないと思いますので割愛し、プランについてお伝えしていきます。プランが大切と言うのは、プランによってレッスンを受けられるタイミングが異なるからです。例えば毎日レッスンできるプランや、集中できる日にまとめてレッスンを受けられるよう自由にカスタマイズできるプランもあります。仕事や学校が忙しくて平日はレッスンを受ける時間がないようであれば、週末にまとめて受けられるプランが良いですし、毎日のプランでもコマ数が異なるプランもあります。ご自身のスケジュールに合わせてプランを選んでいきましょう。

なお、産経オンライン英会話Plusでは主に3つのプランがあります。

■プラン620
毎日25分フィリピン人講師とのマンツーマンレッスン25分(1コマ)を受けられるプランです。月額費用は6,380円(10%税込)となっており、これは1レッスン当たり205円(10%税込)となります。

■プラン1240
毎日25分フィリピン人講師とのマンツーマンレッスン25分(1コマ)を 受けられるプランです。月額費用は12,100円(10%税込)となっており、これは1レッスン当たり195円(10%税込)となります。

■カスタマイズプラン
1日当たりの予約・受講回数、1ヶ月に付与されるコイン枚数など、あなたのペースに合わせた自由なプランを作成することができます。
カスタマイズプランについて

産経オンライン英会話Plusの料金とプランに関する詳細は「料金」ページをご参照ください。

産経オンライン英会話Plusでは日本語にも対応し、正しい発音を教えます!

産経オンライン英会話Plusには、日本語を話せる講師が多数います。少しの会話なら可能というレベルから、日常会話レベルまで日本語を話せる講師もいます。レッスンを受ける際に講師を選択することになりますが、その際に日本語が話せるかどうかもチェックしてみても良いでしょう。

また、産経オンライン英会話Plusでは特に正しい発音ができるよう、レッスンを進めます。例えば、LとRの発音矯正があります。初心者・超初心者の方で、LとRの発音を使い分けられる方はほとんどいません。日本人の話す英語に慣れているオンライン英会話の講師ですから、LとRの発音が正しくなくても理解してもらいやすいです。発音が違っていても講師が汲み取って会話が成立するというわけです。産経オンライン英会話Plusでは、言いたい内容は理解できたとしても、発音の違いを指摘し、どうすれば正しい発音になるのかアドバイスをします。そうしてレッスンを進めていくことで、実践で役立つ正しい発音を身につけていくことができます。

発音の違いも学習できる産経オンライン英会話Plus。少し興味が湧いてきませんか?毎日25分フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンを受けられるプランで月額6,380円(10%税込)です。これは1レッスン当たり税込みで205円となります。費用は安いけれど、いきなりオンライン英会話に申し込むのは抵抗がある…。そんな方のために無料で2回分の体験レッスンをご用意しております。これを機にぜひお試しください。

無料会員登録バナー