ネイティブスピーカーによる発音自習教材

ネイティブスピーカーによる発音自習教材

産経オンライン英会話Plusでは、有料プランご受講中の方(※)に、ネイティブスピーカーによる発音自習教材を無料でダウンロードできる 「音声ファイルダウンロード」サービスを提供しています。

日本人の英語が通じない最大の理由・・・それは「発音」!

社会人世代の多くの方が学んできた学校英語は読み書きが中心、正しい発音にならって声に出して発音する練習を積んできませんでした。
中学校で習うような簡単な単語であっても、いざ口に出してみると相手に理解してもらえない、自分の意図が伝わらない、といった経験を された方もいらっしゃることでしょう。また、間違った発音を覚えてしまうと、いざその単語が話された時に聞き取ることができません!

そのため、産経オンライン英会話Plusでは、受講生の皆様に「通じる発音」を身に着け、学んだ英語をレッスンの外でもご活用いただくため、有料会員様にはレベル別・目的別のカリキュラムテキスト(全750レッスン分)の音声を無料でダウンロードいただけるサービスを提供しています。

アメリカ・カナダ・イギリス出身の複数のネイティブスピーカーによる音声は、 TOEIC® TESTの耳慣らしにもご活用いただけます。

発音を習得するには、繰り返しの練習が一番!
自分のレベルに合ったところから何度も練習し、レッスンの時に通じるかどうか講師に試してみる この繰り返しがレベルアップの近道です。
産経オンライン英会話Plusなら、テキストだけでなく自習教材も完備で通じる英語がしっかり身につく!ぜひご活用ください。

※2014年3月9日以前からの有料プランを継続中の方については、プラン変更手続きを行い現在の月額料金体系を適用することによって、
  音声ファイルダウンロードをお使いいただくことができます。詳しくはこちら

発音自習教材をご活用中のお客様の声

体験者の声01

40代女性 自営業

海外旅行に行った時に相手の言っていることが分かったり、英語での注文が通じたのが嬉しかったです。何度も繰り返して練習して、先生にもたくさん励ましてもらった成果が出たんだと思いました!

体験者の声02

40代男性 会社員

単語は丸暗記するだけではなかなか使えるようにならないが、テキストを何度も読み込み、音声にならって声に出して読むとしっかり定着するように感じます。仕事で定期的に海外拠点とのやりとりがありますが、最近明らかに仕事がスムーズに回るようになり、学習を続けてよかったと感じています。

体験者の声03

30代男性 会社員

産経オンライン英会話のいいところは、教材と先生の指導の相乗効果で通じる発音がしっかり認識できることだと思います。たとえ予習して臨んだレッスンでも、発音を間違えて先生に指摘されることが何度もあります。自分の発音がちゃんと通じるかどうか確認し、だめだったら教材の音声を使いながら復習して→再チャレンジできるのがいいと思います。

発音自習教材を使ったオススメ学習方法

■まずは聞き流すことからスタート!
「英語の音に慣れる」ため、まずはレッスン以外の場で日5分以上を目標に音声を聞くところから取り組みましょう。通勤・通学の時間を活用してもいいですね!

■テキストの英文を見ながら、音声に合わせて音読してみましょう!
ここでいかにネイティブスピーカーの発音に近づけるかがポイントです。
恥ずかしがらずに大きな声でチャレンジ!

■レッスンで講師に披露してみましょう
練習して身に着けたはずの発音、きちんと通じるか講師にチェックしてもらいましょう。指摘を受けた部分はレッスン後に忘れずに復習しましょう。

■聞き取りチェック!
テキストを見ずに、聞こえた英文を声に出してみましょう。
これがしっかりできたら、単元の英文が聞き取れるようになった証拠!

■書き取りチェック!
最後の仕上げとして、テキストを見ずに聞こえた英文を書き取ってみましょう。単元全体がミスなく書き取れたら、読み・書き・聞く・話す 全部マスターです!

音声ファイルダウンロードのご利用について

サンプル音声ダウンロード

各カリキュラム・レベル別に、こちらでサンプル音声をダウンロードすることができます。(各レベル、Lesson55の内容です)